更年期のフィトテラピー

植物による処理(植物療法)は、特に婦人科の問題で証明されています。
閉経時のホットフラッシュやうつ、睡眠障害または気分変動などに対しては、ハーブで緩和することができます。

特定の物質は、ホルモンバランスに影響を与え、炎症(例えば、尿路感染)に効果をもたらすか、または気分を改善する効果があります。
女性の人口の約80%が、植物のパワーを信頼して適用しています。
約70,000の異なる植物がこの目的のために世界中で使用されています。
ヨーロッパでは、国によって若干異なりますが、約200のハーブが医薬品原材料として承認され、ほかに500種がフィトテラピーに使用されています。

更年期のためのハーブは、主に以下の症状を持つ女性に役立ちます:

ホットフラッシュ、汗
血圧変動
動悸
頭痛
気分の揺れ、うつ状態、恐怖
緊張感、過敏感
睡眠障害
炎症

更年期のための役立つハーブ

アルケミラ(レディースマントル)
ヤロウ
カモミール
セントジョンズワート
バレリアン
パッションフラワー
マリーゴールド
ブラックコホシュ
チェストツリー
レッドクローバー

ハーブティーとして・または外用で利用する(足や坐浴)

レディースマントル
レディースマントルの効果は、ハーブティーで十分得ることができます。閉経のときの辛さを軽減します。
下痢などの胃や腸の病気でさえ、レディースマントルが役立つことがあります。
尿路感染症や胃もたれのときの半身浴は濃いハーブティーを入れたお風呂でリラックスできます。

ヤロウ
ヤロウには植物性エストロゲンが含まれており、片頭痛が交互に起こる場合に使用することができます。
抗炎症効果はまた、創傷治癒を得ることができます。
さらに、ヤロウは消化を促進し、弛緩させ、腸の炎症にも使用することができます。

カモミール
膣の真菌、細菌性膣炎または尿路感染症などの炎症および膣のトラブルは、閉経期に一般的に使われます。
お風呂に濃いカモミールティーをいれてつかると、膣領域の炎症に好都合な効果を示します。

セントジョンズワート
セントジョンズワートハーブティーは、気分を高め、鎮痙効果があります。
このハーブは、うつ病の気分、うつ病、抗炎症があることが証明されています。
セントジョンズワートを摂取する人は、色素沈着徴候の傾向が高まるため、適切な日焼け防止に注意を払うべきです。

バレリアン
バレリアンの治癒効果は、根から抽出された物質に含まれています。
バレリアンは不眠症、神経質な落ち着きや心臓のトラブルで働きます。
しかし、バレリアンは反射能力を低下させる可能性があるので、就寝時にのみ準備をする。

パッションフラワー
パッションフラワーハーブには、フラボノイド、フェルラ酸、精油、少量のクタン誘導体が含まれています。
これらの物質はリラックス効果が大きく、不安、恐怖感を緩和し、睡眠障害を助けます。

マリーゴールド
この植物は大きな癒しの可能性があります。花は創傷治癒軟膏、消化管炎症、ホルモン障害、抑うつ気分、膣の炎症に作用する坐浴の生産に適しています。

サプリを取得することで効果が得られるハーブ

ブラックコホシュ
北米産のブラックコホシュは、乳癌から保護し、特に気分のむら、更年期症状の緩和を促進します。
ブラックコホシュは、ホルモン補充療法のハーブの代替として考え、その効果は、通常は最初の1以下のわずか3ヶ月です。
これはセントジョンズワートと組み合わせて改善することができます。
しかし、肝臓の機能不全を引き起こす可能性があることに注意してください。

チェストツリー
有効成分はテルペンです。
プロラクチン産生を減少させ、エストロゲンおよびプロゲストゲン産生の欠如を補います。
特に閉経の初期段階では、神経質、集中困難、便秘に良い影響を与えます。

イソフラボン(大豆、赤いクローバー)
大豆と赤いクローバーには豊富なイソフラボンが含まれています。
しかし、研究では、すべての女性がこの植物ホルモンを同じ程度に吸収するわけではないので、4人に1人の女性しか罹患していないことが示されている。
植物食品からイソフラボノイド類を添加した場合、副作用は知られていません。
しかし、栄養補助食品などの単離された植物エストロゲンは、特に乳がん患者の場合、腫瘍成長につながる可能性のある植物ホルモン含量が高いです。
この場合、単離された植物性エストロゲンを使用することは推奨されません。

更年期の食事

睡眠障害や痛みの症状が発症すると、バレリアンやホップの組み合わせなどのハーブティーが助けになります。
さらに、ラベンダーを含めた足浴や、十分な夜の睡眠を確保し、緊張や動悸も和らげます。

睡眠障害はまた、腸が適切に機能していないという事実に起因する場合もあります。
しばしば、症状は家族や職場におけるストレスなどの過負荷からも生じます。
したがって、高繊維食、特に有機農業の果物や野菜では重要です。
野生のニンニク、緑色野菜などの野生のハーブは、重要なミネラルサプライヤーです。
良い選択肢は、ハーブとスパイスを使用することです。
例えば、タンポポ、タラゴン、チャイブ、またはパセリは消化を刺激する重要な苦味物質を含みます。
豊富なビタミンは、ヤロウ、ソレルなどのハーブであり、食事に多様性を与えます。

また、スナックとしてのグリーンスムージもおススメです。
ヒント:リンゴピューレ1と水1/8リットル、皮をむいたレモン、大さじ2杯のアーモンドを加えます。
重要な植物性エストロゲンも含まれる高繊維スムージーです。

コラムより(今年2018年3-4月のニュースレターでもご覧いただけます)

 

フィトテラピーで緩和できるのか

植物療法だけでは症状を緩和することはできません。
自分のライフスタイルについて考えることが重要です。
あまりにも多くのストレス、オフにできないという気持ち、運動不足、食事不均衡など。

したがって、フィトセラピーは常に健康的なライフスタイルと一致する必要があります。
そうでなければ、フィトテラピーの効果は失われてしまいます。

植物療法の使用期間

症状によっては、フィトセラピーの時間が異なることがあります。
最低3週間は飲み続けてみないと効果は表れません。
そのあと、レディースマントルヤロウなどを中心に交互に飲んでみましょう。

しかし、いくつかの物質(例えばブラックコホッシュ)の内分泌学的影響は、数ヶ月後にしか使用されない場合がありますが、鎮静物質(例えばバレリアン)は摂取後直ちにその効果を発揮します。
ハーブ療法は永久的に使用することもできますが、いくつかの植物は長期的な望ましくない副作用を有します。

症状が再発したら

ハーブ療法は特定の更年期症状を緩和することができますが、通常完全には治癒しません。
症状が再発した場合、慣れてしまわず、別の形態の植物療法を使用することをおススメします。

フィトテラピーの限界

ファイトセラピーは科学的原理に基づいており、医療の方向性と考えられ、自然に発生する植物による治療と予防が行われています。それにもかかわらず、植物療法はある種の副作用または副作用を有する可能性があります。例えば、他の植物や医薬品との相互作用が起こりえます。したがって、可能な禁忌について、また必要に応じて植物療法を控えることも考えましょう。