ソレルの春のハーブスープ

  • めあり 竹内
  • 2018-03-19
  • ソレルの春のハーブスープ はコメントを受け付けていません。
  • コラム, 毎日のハーブ

ソレルは、最も人気のある野生のハーブの1つ。
その酸味のおかげで、それは緑色のソースが人気で、多くの料理に新鮮なリズムを与えます。

民間療法では、このソレルは消化器と血液の浄化剤とも呼ばれ、その使用は特に花粉や風邪などの季節に利用します。

ソレルは、日本では、ギシギシと呼ばれるもの、です。

スープのレシピ

2〜4人用のおいしいスープの材料

100〜150gのソレルの若葉、約2〜3匹の一握り
バター20g
玉ねぎ 1
野菜ストック1リットル
ホイップクリーム250 ml

 

スパイシーなニンニクのクルトンの材料

トースト(パン)3枚
バター20g
ニンニク2つ

 

ソレルのスープを調理する

1. タマネギをダイス切りにする。
2.ソレルの葉を数枚細かく切り刻み、いくつかの葉を完全なまま残す。
3.タマネギをバターで炒め、スライスしたばかりのソレルの葉を加える。
4.野菜スープ半分を加え、ホイップクリームを加えて10分煮る。
5.その間、残りのバターを鍋に溶かし、細かくしたニンニクと立方体のトーストを加える。
6.中火以上で、パンを少し茶色にする。
7.調理時間の終わりに、残りのスープを混ぜる。
8.ハンドブレンダーでスープをかき混ぜる。

あなたのクリーミーな野生のハーブスープができあがり!

クルトンを振りかけ、葉全体を飾りましょう。

ヒント:暑い日には、このスープは氷のような冷たい料理のように味がよくなります。

注:淡黄色の酸味は含まれているシュウ酸から来るので、あまりにも多量に消費すべきではありません。