若いたんぽぽの葉サラダ

タンポポは誰もが知っている野生ハーブの1つ。全草まるごと食べることができ、とてもヘルシー。開花する前の若葉は比較的柔らかくて甘めですからサラダに最適。その後は、葉が苦くなりますから食べられなくなります。

葉の少しある苦味は、多くのビタミンCとビタミンAが豊富であるという証拠。肝臓や胆汁などの臓器では、苦味物質が不可欠であり、健康を保ってくれます。

タンポポは多くの癒しの可能性を持っていると言われています。体を内側から浄化し、尿石を助け、酸化作用のブロックを発揮します。タンポポは、関節炎、発疹、痛風およびミント病などの多くの病気に効果があるのですね。

人があまり足を踏み入れていないような場所で摘みましょう。古い葉はその場で直接摘み取ることができ、肥料として土壌に残すことができますね。

 

タンポポサラダ、甘いソース

タンポポの若い葉は、甘めとはいえ、多少苦みがあります。苦みが苦手な方には、甘いソースで。

準備するもの:
若いタンポポの葉
ヒマワリの種子1杯
胡麻1杯
ハーブ酢1大さじ
ヒマワリ油1杯
はちみつ スプーン1杯
アーモンドペースト1杯(アーモンドペーストの代わりにマスタードでもOK)
塩とコショウ

作り方:
1.タンポポの葉を洗う。
2.酢、油、蜂蜜、アーモンドペーストを混ぜ、塩とコショウで味付け。
3.タンポポの上に、胡麻とヒマワリの種を振りかける。
4.2のサラダドレッシングをその上に注ぐ。

 

タンポポとサラダ油

ソースを甘くする代わりに、苦味を中和するために卵を使用します。
準備するもの:
若いタンポポの葉
ゆで卵1個
オリーブオイル1杯
バルサミコ酢1杯
ヨーグルト1杯
タマネギ1/2
塩とコショウ

作り方:
1.タンポポの葉を洗う。
2.卵とタマネギを細かく刻む。
3.油、酢、ヨーグルトを一緒に混ぜる。
4.卵とタマネギを加え、塩と胡椒で味付け。
5.このドレッシングにタンポポの葉を加え、軽く混ぜる。

西洋タンポポ葉
西洋タンポポ根