レディースのための薬草 | 月経関連

  • めあり 竹内
  • 2018-04-14
  • レディースのための薬草 | 月経関連 はコメントを受け付けていません。
  • コラム, ハーブと健康

苦しい月経周期のための薬草

月経の痙攣性の腹痛は最も一般的な憂鬱な気分になる原因の1つです。
それらは出血の程度に関係なく発生し、期間の始めに最も強いものです。

レディースマントル
マイルドな痙攣を和らげ、抗炎症性であり、月経障害で証明されています。

カモミール
消化器官の抗けいれん剤だけでなく、子宮にも作用します。
さらに、鎮静作用があります。

ヤロウ
ヤロウの成分は、特に月経周期を調節することができます。

強いまたは長い月経期間の薬草

月経の出血はいつもより多いですか?
ナズナセントジョーンズワートスギナレディースマントルがおススメです。

ナズナ
月経周期が長すぎる、強すぎる、痛い場合、ハーブは効果があることが証明されています。
子宮の止血効果があります。

不規則な月経または弱い月経の場合の薬草

ホルモン障害により、不規則な出血や弱い出血が引き起こされることがあります。
サイクルを標準化するために、調節効果を有するハーブティーを使用することができます。
セージ、周期の前半にはラズベリーの葉、後半にはレディースマントルまたはセントジョーンズワート

PMSの薬草

過敏性、胸の優しさ、不眠、水分保持または渇望など、多くの女性は、月経の開始の数日前に起こるこれらの症状が出やすいです。
リラクゼーションテクニックに加えて、スポーツやマッサージは、セラピーのヒーリングハーブを助けます。
これには、レディースマントルハーブなどがあります。
薬用植物による治療は数サイクルにわたって行うべきです。
不眠症、落ち着きのなさや抑うつ気分には、レモンバームラベンダーセントジョーンズが役立ちます。

 

睡眠障害、緊張

レモンバームまたはバレリアンが安らぎをもたらします。

気分のむら

セントジョンズワートのハーブティーは、気分を高め、増強する作用を有します。

ほてり

閉経中の熱いフラッシュや過度の発汗に対しては、セージが有効であることが証明されています。