カモミールジャーマン 
Matricaria chamomilla L. 
バイオダイナミック有機

カモミールジャーマン
Matricaria recutita – Flos Chamomillae キク科 花
用途:食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: フランス フランスバイオダイナミック有機農法ハーブ園

WHO認定、欧州医薬品庁認定
ダイナミック有機ハーブとは
土壌作りから種まき、栽培、収穫まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法。
カモミールのミニ知識 – ハーブの香り 薬草事典 より
カモミールジャーマンと暮らし・料理レシピ・ブレンドレシピなど – ハーブの香り 薬草事典 より
カモミールジャーマンのメディカル詳細 – ハーブの香り 薬草事典 より

オススメの用途

¥650¥3,100 税別

解除

ジャーマンカモミール (バイオダイナミック農法) 

甘い蜜のりんごのような香りがする ジャーマンカモミール 。
この香りだけでもとっても癒されます。
かわいらしいきれいな小花を見ているだけでも和みますよ。
とってもきれいなカモミールなので、透明のカップやポットで楽しみたいものです。

カモミールジャーマンは、
鎮静作用と消化促進作用にすぐれているため、
食べ過ぎ、腹痛、そして風邪の症状に対して古くから親しまれてきました。

ほかには、リラックス作用もあり、不妊症や神経性からくる症状にも効果的。

さらに、ホルモンバランスを整えますので、冷え性や貧血の改善にも役立ちます。

 

カモミールの花は、私たちの薬草の中で最も人気があります。胃と腸を和らげ、肝臓と胆汁を強化し、内外で炎症を緩和することを目的としています。呼吸器系疾患のためには、カモミール吸入が有用。カモミールは、ほぼどこでも栽培されている植物で、道端に沿って、丘陵斜面に沿って成長します。一年生の植物は開花植物に属し、高さ40cmまで生長する。カモミールの開花収穫は5月から7月までです。

成分

カモミールの花には、エッセンシャルオイル、フラボノイド、クマリンが含まれています。中でも、含有される精油は、抗炎症性を有します。

 

カモミールの使用

カモミールの花は、さまざまな方法で使用できます。最も一般的な適用形態は、吸入、スチームバスまたは茶です。特に皮膚の場合、カモミールは天然ヘルパーで、不純物および炎症の皮膚清浄剤として有用です。皮膚は魂の鏡です – 彼らは言う。休暇から帰ってきたときや、新鮮な海の空気がたくさんあるときは本当に輝きます。しかし、回復だけではあなたが皮膚のためにできることではありません。自然にはたくさんの花やハーブがあり、優しく自然に肌をバランスさせます。

汚れた肌に対するカモミールの花を持つスチームバス

水 2.5L
塩 小さじ3
カモミール花 大さじ3
水を沸かせる。その間、素材を大きなボウルに入れます。お湯をその上に注ぐ。大きなタオルで頭を覆い、ボウルの上で曲げる。スチームバスで10分間。

ハーブ事典

カモミール

カモミールジャーマンを含むハーブティー