ウーマン’s ライフ
(一部フランスラボ認定・
バイオダイナミック有機)

50sブレンドのリニューアル品も人気

不安や緊張を和らげ心の安定と更年期障害の各症状にやさしく作用

原材料: ブラックコホシュ セントジョーンズワート 西洋ニンジンボク レモングラス カモミール リンデン
・フランスメディカルハーブ研究所認定のハーブ素材(レモングラス・カモミール)
・バイオダイナミック有機(セントジョーンズワート)
ダイナミック有機ハーブとは
土壌作りから種まき、栽培、収穫、乾燥まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法
・EUオーガニック(ほか)
当店のメディカルハーブ

ブラックコホシュ
二重盲検法で、ホットフラッシュで顔が赤らんだり、不安や不機嫌になってしまう人に役立つことが判っています。更年期障害で起こるのは、のぼせと発汗だけではなく、精神面でも効果があることがわかりました。セントジョーンズワートと一緒に飲むとさらによく効いたという報告もあります。女性ホルモンのエストロゲンは、エストロゲンの受容体にくっついて働きます。ブラックコホシュの根も、含まれている成分が脳にあるエストロゲンの受容体に働いて作用します。

セントジョーンズワート
うつ病の治療をメインとしたハーブですが、このハーブページにも記載したとおり、更年期障害にも役立つハーブとわかっています。

チェストツリー
更年期障害で現れる、不安、緊張、生理痛、体調の異常などの症状に効果があると言われています。女性ホルモンをすでに使っている人は過剰になりますのでこちらのハーブは控えてください。

ブラックコホシュ、セントジョーンズワート、西洋ニンジンボクが代表的な更年期障害のためのハーブですが、これだけではあまりおいしくありません。リラックス効果をもたらす、レモングラス、カモマイルジャーマン、リンデンをプラスして飲みやすくてやさしい風味に仕上げました。

[お勧めの量]
100gサイズは1ヶ月分。3週間ほど飲み続けることでようやっと効果が出始めるお試し期間となります。
このハーブティーを飲み続けていて、調子がよければ、さらに続けてお飲みいただくことをお勧めします。
特効薬ではございませんので、1回飲んだだけ、あるいは、2,3日飲んだだけでは、有効成分はほとんど作用することができません。

¥1,600¥6,200 税別

解除

50歳過ぎたらおススメのブレンドハーブティー

リラックス効果をもたらす、レモングラス、カモミールジャーマン、リンデンをプラスして飲みやすくてやさしい風味に仕上げました。

最近では、40歳代から徐々に様々な気になることが体が現れるようです。心と体が不安定になってきます。ちょうど子供たちが成長し、独立していき、夫を亡くして少々早めに一人暮らしの女性も多いです。老後の様々な不安なども抱えてどうにもならなくなってきたときに、もう心も体も、今まで精いっぱい生きてきたために、お休みしたいのですね。考えることはたくさんあるかもしれませんが、心だけはゆったりとしていたいものです。決して自分ひとりではない、ということだけは、知っておいてくださいね。

更年期障害 でのぼせや不安が多くなってきたときに。

更年期障害 の 症状なのかな、と思い始めたら

・突然熱くなってほてるとき
・なんでもないときにも感情の起伏が激しくなってきた
・イライラすることが多くなった

優しく作用するハーブティー

不安や緊張を和らげ心の安定と更年期障害の各症状にやさしく作用のあるハーブをブレンドしました。

3つのメリット

■やさしいハーブの香りで癒されます。
■ブラックコホシュや西洋ニンジンボクなどで悪化した症状を軽減する。
■リラックス効果

 

ブレンドに使用しているハーブ

ハーブティーの淹れ方

*ご案内は標準的な淹れ方ですので、美味しいと思われる量や蒸らし時間でお楽しみくださいませ。
*嗜好品のお茶としてのご購入量の目安:カップ一杯分の茶葉は約4g。1日1回、お食事後に。

※一杯分の目安

  • 湯: 200cc
  • ハーブ: 4g 実や根を多く含むハーブは6gほど。 ブレンドはスプーン2杯分

※飲むタイミング(し好品として)

  • お食事後。
  • 就寝前。

※淹れ方

  1. 予め温めたポットか茶漉し付きカップに、一杯分のハーブを入れ、熱湯を注いでください。
  2. ほどよい香りが出るまで、5~15分ほどお待ちください。
    (根や実の場合は長め)

 

ハーブティーの淹れ方

フランスハーブラボ認定

有効成分含有が一定以上のハーブには、オーガニックが存在しない理由:

可能であれば、私たちはすべての薬草を薬局の品質、すなわち主に人間のための医薬品に使用されるハーブの最高品質(そして最も高価なもの)のレベルでのみ取扱をします。このために、ハーブは、ヨーロッパの薬局方の要件に従って、栽培、収穫およびチェックされているものです。これにより、特定の有効成分の最低限の含有量が保証され、それがなければハーブが無用になる可能性があります。

薬局方の品質に焦点を当てることで、オーガニックハーブの取扱は不可能になります。なぜなら、両方の質を持つハーブは存在しえないからです。オーガニックハーブは食品品質ですが、薬局方品質ではありません。つまり、オーガニックハーブは、その有効成分含量の点で栽培、収穫および管理されていません。つまり、薬局方品質はない=効果のある成分がどのくらい含まれているのかまったく不明、効果がない成分が多い、あるいはまったくないハーブということになります。

ハーブの鮮度を常に保つために、年以上の販売量を決して仕入れません。ですから私たちは常に新鮮なハーブを手に入れるため、長持ちすることを避けます。さらに、私たちはハーブを特別に空調された部屋に保管しています。これは最低限の水分、紫外線、最高温度16度を保証します。したがって、活性成分は長い間、大量に含有されています。

バイオダイナミック有機