パニック症のためのハーブ

ベンゾジアゼピンは不安神経症の治療に役立つように処方されている薬です。
ベンゾジアゼピンは、中枢神経系を抑制してユーザーがリラックスできる強力な薬の一種であり、人々がこれらの問題に対処するのを助けるために処方されることがよくあります。

不安や不眠症に加えて、鎮静剤、精神安定剤として知られるこれらの薬は、発作や重度のアルコール離脱にも役立ちます。

ベンゾジアゼピンは、中枢神経系の活動を低下させる原因となるガンマアミノ酪酸(GABA)と呼ばれる、脳内で自然に発生する神経伝達物質の機能を強化します。ベンゾジアゼピンはまた、短時間作用型、中型、または長時間作用型である可能性があり、さまざまな状態に対応する柔軟なタイプの薬剤になります。

B202108173

不安を管理するために使用できる天然サプリメント

それらの治療上の利点にもかかわらず、ベンゾジアゼピンは中毒性の高い薬物であり、注意して取り扱う必要があります。長期間使用すると、指示どおりに薬を使用している場合でも、身体的および精神的依存につながる可能性があります。

これらの習慣性の薬は通常、2週間以内の短期治療のために処方されます。しかし、それでも誰かが依存症やおそらく中毒を発症するのに十分な時間です。人が夢中になったら、自分でベンゾの使用をやめるのはかなり難しいかもしれません。多くの人がこれを達成するために専門家の助けを求めています。

この理由やその他の理由で、ベンゾジアゼピンに天然薬を使用することに興味を持っている人もいるかもしれません。

不安神経症とパニック障害のためのハーブ

次の薬用植物は、神経質、動悸、落ち着きのなさ、集中力の欠如、不安、眠りにつくことの困難、および眠り続けることの困難、および神経質な胃の問題に使用できます。

バレリアン

バレリアンValeriana officinalis)は、不眠症や不安神経症のハーブ療法として最もよく知られています。残念ながら、軽度の不安神経症に対するバレリアンの使用を支持する研究は限られています。

たとえば、コクラン共同計画の研究者は、不安神経症のバレリアンに関するいくつかの研究をレビューしました。そのうちの1つだけが品質基準を満たしていました。全般性不安障害の36人を対象に、バレリアン、ジアゼパム(バリウム)、プラセボの効果を比較した4週間の研究でした。おそらくケーススタディのサイズが小さいため、グループ間に統計的に有意な差は見つかりませんでした。

バレリアンは通常就寝時間の1時間前に服用します。治療は約2〜3週間続き一度に3か月以上使用しないでください。バレリアンの考えられる副作用には、軽度の消化不良、頭痛、動悸、めまいなどがあります。

バレリアンは、他の多くの薬、特に鎮静剤や抗ヒスタミン薬などの中枢神経系を抑制する薬と組み合わせて服用しないでください。バレリアンは、手術の前後、または肝疾患のある人がアルコールと一緒に服用しないでください。飲み込んだ後は、機械を運転したり操作したりしないでください。バレリアンはまた、鮮やかな夢を引き起こす可能性があります。この場合、資格のある医師にアドバイスを求めることをお勧めします。

バレリアン

ホップ

ホップは通常単独使用はしません。パッションフラワーとブレンドすることで効果が出ます。ホップの花序は神経の落ち着きのなさの穏やかな鎮静剤であると考えられており、ハーブの鎮静剤や胃液の形成を刺激するための準備で他の植物と一緒に自然医学でよく見られます。民間療法はまた、潰瘍や皮膚の損傷の外部治療のためのホップについても言及しています。

ホップ

パッションフラワー

パッションフラワー(Passiflora incarnata)は、不安、パニック発作、神経の落ち着きのなさに対する民間療法として長い間使用されてきました。それはしばしば不眠症に使用されます。いくつかの研究は、それが処方薬と同じくらい不安症状を軽減するのに効果的である可能性があることを示しています。

合計198人を対象とした2つの研究で、パッションフラワーの有効性が不安神経症で調べられました。ある研究では、パッションフラワーはベンゾジアゼピン薬に匹敵することがわかりました。薬物メキサゾラムと比較して眠気が少ないことも認められましたが、研究結果は統計的に有意ではありませんでした。

パッションフラワーの考えられる副作用には、吐き気、嘔吐、眠気、および急速な心拍が含まれます。妊娠中または授乳中の女性、子供、または腎臓病や肝臓病のある人にパッションフラワーを安全に使用することは証明されていません。ノルウェーでは、パッションフラワーとの併用製品を使用した後に一時的に精神障害を起こした人々の5つの症例報告がありました。栄養補助食品の他の成分が考慮されたかどうかは不明です。

栄養補助食品としての通常の投与量は、1日約500mgまたは2回250mgです。パッションフラワー1ヶ月以上服用しないでください。パッションフラワーは眠気を引き起こす可能性があるため、医師の監督下で他の鎮静剤と​​一緒に服用する必要があります。たとえば、睡眠薬ペントバルビタールの効果を高めることができます。

パッションフラワー

ロディオラ

ロディオラは、スカンジナビアと高山​​地域に自生する植物です。それは何百年もの間神経質と落ち着きのなさの治療薬として使用されてきました。ロディオラの抽出物には、抗うつ作用と抗不安作用があります。通常の投与量は1日約500mgです。それを取るのに理想的な時間は朝です。

ロディオラ

レモンバーム

ラベンダーの近縁種であるレモンバームメリッサオフィシナリス)も鎮静作用があると言われています。「ミツバチ」のギリシャ語にちなんで名付けられたレモンバームは、少なくとも中世からストレスや不安を和らげ、睡眠を助けるために使用されてきました。健康なボランティアを対象とした研究では、標準化されたレモンバーム抽出物(600 mg)を服用した人は、プラセボを服用した人よりも落ち着いていて注意深いものでした。成人の平均投与量は約500mgです。

レモンバームは一般的に栄養補助食品として安全に使用できますが、いくつかの研究では、レモンバームを過剰摂取するとさらに落ち着きがなくなることがわかっています。したがって、指示に従い、最小用量から始めてください。レモンバームは、お茶、カプセル、チンキ剤として販売されています。多くの場合、ホップカモミールバレリアンなどの他の心地よいハーブと組み合わされます。

レモンバーム

ラベンダー

ラベンダー(Lavandula officinalis)は、ストレスを和らげる治療法として長い間知られています。中枢神経系に微妙な鎮静効果があり、不安やうつ病にも役立ちます。ラベンダーは通常、他のハーブと組み合わされます。単独で使用した場合、平均1日量は約400mgです。また、食欲を増進させ、他の薬やサプリメントの鎮静効果を高め、低血圧を引き起こす可能性があります。

ラベンダー

セントジョンズワート

うつ病の古典的なハーブであるセントジョンズワートセイヨウオトギリソウ)は、不安やパニックに対しても使用されます。最近の研究では、うつ病に関連する不安に適していることが示唆されています。セントジョンズワートが他の形態の不安をどのように助けることができるかについては、より多くの研究が必要です。

通常の投与量は1日約300mgです。抗不安薬やパニック発作薬と一緒にハーブを服用しないでください。したがって、これを治療計画に追加する方法または追加する必要があるかどうかについて、医師に相談してください。

セントジョンズワート

スカルキャップ

ヒステリー、パニック発作、神経衰弱、落ち着きのなさ、睡眠障害、頭痛、片頭痛、神経痛、倦怠感、うつ病など、不安、緊張、ストレスによる神経障害の管理には、ベンゾジアゼピン離脱の補助として、経験や伝統に基づいた使用が推奨されます。

スカルキャップ

カモミール

カモミール(Matricaria recutita)は、不安やパニックの自然療法として広く認識されています。あなたがストレスの多い瞬間を過ごしているとき、カモミールティーのカップはあなたを落ち着かせるのを助けることができます。カモミールのいくつかの化合物は、バリウムなどの薬と同じ脳受容体に結合します。フィラデルフィアのペンシルベニア大学医療センターでの研究では、カモミールを8週間服用した全般性不安障害の患者は、プラセボを服用した患者と比較して不安症状の有意な減少を示しました。カモミールは、通常標準化されており、1.2%のアピゲニン(フラボノイド)を含む栄養補助食品として摂取することもできます。栄養補助食品としてのカモミールの通常の投与量は、1日あたり350〜500mgです。カモミールは抗凝血薬と一緒に使用しないでください。

カモミール

 

入荷待ちリストに登録 商品入荷時にお知らせします。 メールアドレスをご登録ください。
キャンセル待ちリストに参加するには、ログインする必要があります。