エルダーフラワー*EUオーガニック

風邪、発汗、利尿

¥1,000¥1,500 税込

解除

エルダーフラワー

エルダーフラワー Sambucus nigra スイカズラ科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: アルバニア
原材料: EU オーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

エルダーとは

風邪にプラスの効果を持つ神秘的な低木

「エルダーに帽子を脱いで!」は植物についての古いことわざです。昔からの信念によれば、家の善意である「エルダーの木」は家の庭に住んでいました。それは家族を火事や疫病から守りました。そのため、この植物は長い間人々の間で大きな尊敬を集めていました。

エルダーの癒しの力

低木は栽培植物として長い歴史があり、一般の信念に深く根ざしています。長老はまた、常に漢方薬の役割を果たしてきました。今日、私たちはエルダーフラワーが風邪、熱、悪寒に有益な効果があることを知っています。汗をかき、免疫システムを強化することができ、不快な副作用がありません。

エルダーの植物学

エルダーは、ハニーサックル科(カプリフォリア科)に属する高さ10mまでの低木または小さな木です。その古い幹には、灰色がかった茶色の、縦方向に深く裂けた樹皮があります。若い小枝は白いピスを持っており、弧を描いて下向きに湾曲しています。葉は茎があり、対になっていない羽状で、3〜7枚のリーフレットがあります。羽は濃い緑色で、卵形で、尖っていて、端が鋸歯状になっています。小さな黄白色の花は、幅20cmまでの末端の傘の中に立っています。果物は球形で、秋に熟すとほとんど黒くなります。未熟な果実を含む、エルダーのすべての緑色の部分は消費されるべきではありません。それらは食べられません。

エルダーフラワーの成分

ほとんどのハーブの有効成分と同様に、エルダーフラワーには効果に単独で関与する成分はありません。ただし、フラボノイド(特にルチン)は特に高い割合で含まれており、一般に抗炎症効果がありますが、ヒドロキシフェニルカルボン酸、エッセンシャルオイル、その他の興味深い成分も含まれています。寒さに対する効果を引き起こすのは、おそらく花の中の物質の相互作用だけです。

さらに、エルダーフラワーにおけるグリコシドの効果についても説明します。汗まみれの効果があると言われています。

風邪症状に

エルダーの花は5月下旬から6月まで収穫できます。花序は完全にカットされ、日陰の場所で乾かすために吊るされます。乾燥後、茎を切り取り、花を濃いガラスに保存します。それらは汗を誘発し、呼吸管に有益な効果をもたらし、免疫系を強化することが示されています。したがって、これらは、熱や寒気に関連している場合でも、たとえば風邪のためのエルダーフラワーティーとしての使用に理想的です。

風邪への影響

エルダーフラワーに含まれるグリコシドのいくつかは、汗を誘発する効果を引き起こすと考えられています。

科学者たちは、たとえば、エルダーフラワーが気管支分泌物の生成を増加させる可能性があること、抽出物が抗酸化作用を持つ可能性があること、つまり、動物の病原体の成長を阻害することによって細胞の損傷から保護し、免疫系を強化できることを発見しました。

WHOモノグラフ

薬用部位

ambucus nigra L.の乾燥した花と果実。イソケルシトロシドとして表されるフラボノイドの最小含有量は0.8%です。

主成分

フラボノイドの花(3%)、主にケンフェロール、アストラガリン、ケルセチン、ルチン、イソケルシトリン、ハイパーオシド。

薬理作用

利尿作用、発汗作用、粘液分泌作用、静脈刺激作用、抗リウマチ作用、およびガラクトゲン作用が考えられます。

適応症/推奨事項

一般的な風邪の症状の治療にエルダーフラワーを伝統的に使用することを承認しています。
一部の著者は、その発汗および利尿作用は主にハーブティーのお湯によるものであると考えています。

投与量/使用方法

-ハーブティー:1カップあたり2〜10 g、1日数回温かい飲み物。
-シロップ(液体抽出物):15 mL、1日4回。

エルダーに関するコラム

 

エルダーフラワーがメインのハーブティー

春らんまん