1年の基本ハーブティー

セントジョーンズワート:

セントジョンズワートの高さは30〜70 cm。それは典型的な真夏の植物で花には5枚の花弁があり、明るい黄色の花を咲かせます。何千年も前に気分向上剤として使用されてきました。

セントジョーンズワートには、神経系にまったく異なる影響を与える多くの有効成分が含まれています。ドーパミン、セロトニン、ノルエピネフリンという物質で特によく知られています。これらのメッセンジャーは、セントジョンズワートに気分を高める抗不安薬および抗うつ薬の効果を提供します。

セントジョーンズワートの他の物質は、バクテリアに対して成長阻害効果があります。セントジョーンズワートは、急速な創傷治癒でも知られています。

セントジョンズワートは気分に良い影響を与えます。

セントジョーンズワート セントジョーンズワート
 

セントジョンズワート
フランスメディカル認定無農薬
フランスメディカルとは、有効成分が必ず一定以上含まれている種類

セントジョンズワート
EUオーガニック

 

セージ:

セージは、毛皮のような非常に柔らかい緑の葉を持って多くの繁殖します。セージが足りないようにしてください。細かく裁断されたセージは、スパイス用で、せっかくの毛皮のような感触もなければ、セージの有効成分も飛んでしまっていますので、なるべく葉がカットされていないセージを選びましょう。

セージは、主にその消毒効果のためにお茶で評価されています。風邪やのどの痛みの典型的なハーブです。セージは、膨満感や胃の不快感にも効果があります。

セージ
 
セージ
バイオダイナミック有機

 


ラベンダー:

ラベンダーはお茶に色をもたらします。花は乾燥するとわずかに紫色です。ラベンダーは心を落ち着かせる効果があると言われています。それは恐怖、心配、あなたが動揺しているときを落ち着かせます。

ラベンダーは私と一緒にバルコニーで育ちます。それは素晴らしいにおいがし、ミツバチを惹きつけ、見るのもいいです。

バイオダイナミック有機ラベンダー ラベンダー
 

ラベンダー
バイオダイナミック有機 無農薬

ラベンダー
EUオーガニック

 


レモンバーム:

レモンバームは心身を落ち着かせます。ハーブは一見アップルミントとペパーミントを少し思い出させます。

レモンバームには心を落ち着かせる鎮痙効果があります。緊張、不眠症、胃の不調を防ぎます。 

 

レモンバーム オーガニック
 
レモンバームバイオダイナミック有機 無農薬
レモンバームEUオーガニック

 


リンデン:

このハーブは私の絶対的なハイライトであり、冬に見逃してはなりません。リンデンとは提樹の花です。6月中旬から下旬に咲きます。ハート型の葉で、天国の香りと言われています。このリンデンの花は、発熱あり気分が悪いときに使用されます。リンデンの花は、汗をかき、あなたを暖かく保ちます。

私も発熱の時には、リンデンティーを飲みます。大きな汗をかいたことがありません。

 

リンデンフラワー オーガニック リンデン
 
リンデンフラワーバイオダイナミック有機無農薬
リンデンフラワーEUオーガニック

エルダーフラワー:

ニワトコの花は低木で育ちます。ほとんどが森の端にあり、7メートルまで成長します。

すでに何千年も前に、ニワトコの花茶の効果が知られていた当時、長老茶は風邪や発熱を抑える働きがあることが認識されていました  。

さらに、ニワトコの花のお茶は不安や抑うつに役立ちます。また、小さな花はとてもおいしい味がします。エルダーベリーティーは一般に、体の免疫システムを構築します。お茶は体から毒素や老廃物を洗い流します。

5月から6月にかけて、ビタミンCで満たされた小さな花が香りを広げます。

エルダーフラワー エルダーフラワー/ニワトコ
 

エルダーフラワー
フランスメディカル認定無農薬
フランスメディカルとは、有効成分が必ず一定以上含まれている種類

エルダーフラワーEUオーガニック

カモミール:

植物は15〜50 cmの高さに成長します。カモミールは5月中旬から6月までにかわいらしい花を咲かせます。

カモミールはおそらく最も有名なお茶のハーブです。ヨーロッパで最も人気のあるハーブです。カモミールは抗炎症作用があり、を落ち着かせ、不安障害を助けます。鼓腸、咽喉感染症、風邪もカモミールで治療されます。

残念ながら、カモミールは野生ではほとんど見られません。カモミールの野生種は世の中に存在しません。だれかが枯れたと思った植木鉢を、放置あるいは、放棄した場所から、なぜここに、というイメージで咲かせることはあります。

カモミールの花は白く、驚くほど黄色です。カモミールティーの味がわかれば、その典型的な香りでカモミールをすぐに認識できます。

- 最近の人気ハーブ - 

 
オーガニックハーブ ハーブティーを蒸らす時間

ハーブティーは、農薬、人工肥料、または遺伝子工学を使用せずにのみ栽培できます。

具体的には、これは有機肥料または無機肥料のみが使用されることを意味します。さらに、遺伝子組み換え茶植物を使用したり、植物に放射線を照射したりすることはできません。

全体として、オーガニックハーブの栽培は人々、気候、環境に優しいものでなければならないため、栽培と収穫では持続可能性が最優先事項です。

あなたがお茶のために、ハーブをどのくらい蒸らさなければならないか、最適な時間を求めているとすれば、それは多くの異なる時間があります。

ハーブティーの注入時間についての質問に対する正確な答えはほとんど見つかりません。

最適な時間は常に個人の好みに依存します。お茶の鮮度も重要な役割を果たします。情熱的で経験豊富なこのおいしいお茶の愛好家でさえ、3〜10分程度のガイドラインを示すことができるだけです。

*メディカルハーブを除きます。

ハーブティーの準備 ハーブの保存

抽出:お茶の抽出時間が長くなり、茶葉の量が多いほど、お茶の味が強くなります。

お茶は硬水を好まない:硬度、つまり水道水の石灰含有量は、お茶の味に直接影響します。水が硬いほど、お茶の味は少なくなります。

収穫時期に依存:ハーブから新鮮に収穫されたお茶は、すでに古いお茶よりも味が良いです。したがって、購入する際は、「再入荷しました」のニュースを漏らさずに注意してください。

温度は違いを生みます:ハーブから作られたお茶は、沸騰したお湯で満たされるべきです。これは、香りがよく出るための最良の方法です。

ルーズハーブティーを購入し、天然の香りができるだけ長く保存されるように保存する場合は、正しく保存することが重要です。

ルーズハーブティーを購入すると、適切に保管しないと新鮮な葉の風味と香りがすぐに失われることがあります。

ハーブは、水分、光、異臭などの直接的な外部の影響にさらされるとすぐに品質が低下するためです。したがって、お気に入りのハーブティーを保管するには、気密性のある不透明な容器に入れることをお勧めします。

お茶の種類には常に同じ保管容器を使用してください。さもなければ、デリケートなハーブは、以前に瓶に保存されていた食べ物の香りをすぐに引き継いでしまいます。

 
×

カート

パネルを閉じる