乾いた咳のためのヒーリングハーブティー

秋と冬には、多くの人が風邪に悩まされています。特に厄介な症状は、全身に影響を及ぼす、咳。慢性にならず、二次的な病気を引き起こさないように、咳を治療することをお勧めします。

咳を和らげるための重要な手段は、豊富な水分補給。選択されたハーブは、気管支からの緊密な分泌物を放出するか、または咳を和らげることによって回復を助けることができます。咳のタイプに応じて、異なるハーブが使用されます。この記事では、2種類の実績のあるレシピを紹介します。

 

喉にまったりするハーブティー

寒さの始まりには、上気道は通常激しくブロックされ、呼吸を著しく妨げる可能性があります。特定のハーブティーを作ると、ハーブの有効成分が分泌され、気管支粘膜の繊毛の働かいで容易に除去することができます。私のアドバイスは、昼間に飲むことですが、夕方には使用しないようにしてください。そうしないと、横になっている間に分泌が蓄積し、咳のために睡眠が妨げられます。

レシピ

タイム 1、バイオダイナミック有機ハーブのカモミールジャーマン 1、フェンネル 1をポット、あるいは茶漉し付きカップに入れ、お湯を注ぎます。

10分ほど蒸らしてからお飲みください。

 

乾燥した咳のためのハーブティー

気管支感染症の第2段階は、通常、乾いた咳が特徴付けられます。これは、特に夜の睡眠を妨げるので、非常に悲惨なことがあります。粘膜は乾燥しており、炎症から回復しなければなりません。定期的な水分補給を行うことが必要です。以下のハーブは、保護粘液が豊富のため、上部気道を滑らかにしてくれます。

レシピ

オート カップ1、マーシュマロー根 カップ1を用意します。

250ミリリットルの水を注ぎます。2時間放置すればできあがり。

1日に一口で飲んで、粘膜が何度も湿っているようにします。茶は少し温めてもいいですが、マシュマロ根の強度は失われ、ゲル状の塊が生成されてしまいますのでお気をつけて。

 

喉をすっきり爽快にさせたいときのハーブティー

痰や咳などで痛めている喉を、スーッとさせたいとき。

ペパーミントの香りで癒されます。

喉と咳のための、セージ、カモミール、タイム、エルダーフラワー、ライムフラワー、オオバコがブレンドされているので、

そのまま、お飲みいただけます。

ティースプーン1杯にお湯を注ぎ、10分ほど蒸らしてからお飲みください。

咳と喉のために香りで癒すハーブティー