痰を解消する自然療法

痰は、呼吸器粘膜から分泌される病理学的な物質です。通常気道の内側には粘液と呼ばれる粘性物質があり、これは呼吸器系の壁を加湿するために、そして外部の粒子を捕獲するために有用であり、一日当たり20-100mlが生成されます。

いくつかの病状に対応して、痰の生産が多くなり(1日当たり400〜500ml)、異常な呼吸活動ならびに脂肪咳の誘発要素における障害となっています。ただし、いくつかの自然療法のおかげで痰を解消することは可能です。痰の蓄積の原因とそれを自然で効果的な方法で流動化する方法がいくつかあります。

痰の種類

粘液生産の増加に関与する病状に応じて、異なる組成のカタル物質が観察されます。以下の場合には、アレルギー、喘息の病原体のL ‘によって非持続的な痰は、白っぽい液体及び泡です。

病原性作用から生じる痰の形態は、より濃くそして粘性であり、黄色がかった/緑色がかった色で、風邪や最も重症の慢性気管支炎までの範囲の疾患の発現を伴います。それは通常咳をすることで駆逐しますが、場合によってはそのより迅速な解散のために外部の援助が必要でしょう。

痰の色が緑色であれば、それは化膿性粘液と関連している可能性があり、その発生源は膿瘍または肺壊疽を含むことがあります。それが赤みを帯びた外観または縞を帯びる場合、それは呼吸器粘膜の微小亀裂からの痕跡の血液を含んでいる可能性があります。

自然療法によって分解する方法

痰を溶かすための最も効果的で推奨される自然療法の1つは蒸気です。

カタルの場合に有用で、タイムリンデンおよびミントなどから放出された蒸気が特に有用です。ホットティーのカップから立ち上る蒸気を吸い込むことや、一握りのハーブで作ったティーを、お湯を入れた洗面器に加え、バスタオルを覆った顔を蒸気に当てて吸い込む方法があります。

粘性カタルの場合、ビタミンCをたっぷりふくむローズヒップティーを飲むことで体内に取り込むことで、免疫系を強化することができ、感染症および原因となる病原体に対する反応を促進します。

痰のわずかな流動化効果は、他の2つの自然療法、アニスリコリスがあります。しかしながら、後者は高血圧に苦しんでいる人々のために禁止されています。いずれにせよ、推奨される天然物に含まれる物質の中にはアレルギーの原因となる可能性があるもの、または薬理学的治療を妨げるものであることを排除するためにハーバリストに問い合わせすることをお勧めします。