チェリーテール/さくらんぼの茎 オーガニック Prunus avium 茎 カット ポルトガル産 有効成分含有一定

ハーブ&スパイス原材料 

利尿

チェリーテール/さくらんぼの茎 オーガニック Prunus avium 茎 カット ポルトガル産 有効成分含有一定

¥600¥3,000

オーガニック

さくらんぼの茎 の 特徴

さくらんぼの茎 Prunus avium L. バラ科 茎
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ポルトガル
原材料: 有効成分含有一定、EU オーガニック

特に、東ヨーロッパでは、長い間薬草として使用されているこの さくらんぼの茎 は、尿路と腎臓の状態をきれいにするために、毎日飲むお茶として、このさくらんぼの茎のハーブティーを食後に飲むことが好まれています。フランス薬局方では、メディカルハーブとしてリストAで認定しています。

さくらんぼ の 茎のハーブティーは、有害な副作用なしに迅速かつ持続的な減量を助ける代謝をするのに役立ち、脂肪を溶かすのを助け、セルライトを取り除き、肌がその形状と弾力を取り戻すのを助けます。

さくらんぼ の 茎は、蕁麻疹や喘息などのあらゆる種類のアレルギーにも効果的。
ほかには、血圧を下げ心臓を強化することが知られています。

代謝をうながすお茶は、体内の炎症を軽減し抑制するのに役立つことから、関節痛やリウマチの方にもオススメしたいハーブティー。

チェリーテールの健康上のメリット

1:抗酸化物質の濃縮

チェリーの茎から作られたお茶は、抗酸化物質を持っています。
抗酸化物質は、体内の有害なフリーラジカルを除去することによって、あなたの体を疾病や癌から守ります。早すぎる老化を防ぎ、細胞の損傷からあなたを守ります。抗酸化物質は、若い体のために必要です。

2:抗生物質効果

抗生物質効果があります。体に入る有害な微生物を殺し、一方、唯一の害虫抗生物質などの有益な微生物を破壊することなく、病気になるリスクを減らします。

3:腎臓へのプラス効果

水分バランスを保護するために健康を維持するためにお勧めします。血をきれいにするのに役立ちます。

4:利尿作用効果

チェリーの茎は、特に、尿を介して余分な水を排出するため、腫れを和らげるのにも役立ちます。

5:穏やかな影響

寝る前に、より快適に寝るのを助けます。同時に、このお茶で筋肉を緩め、リラックスして落ち着かせます。

6:コレステロールを下げる

コレステロールを低下させ、血管が閉塞するのを防ぎます。動脈中のコレステロールの蓄積を防止することによって、チェリーの茎は、動脈硬化症や心臓発作のリスクを減らします。

7:代謝を促進する

新陳代謝をスピードアップすることによって体重を減らし、体内の余分な脂肪の燃焼を助けます。

モノグラフ

薬用部位

Prunus avium 茎

主成分

サリチル酸誘導体

薬理作用

利尿薬、熱便薬、鎮痛

適応症/推奨事項

尿路感染症、高尿酸血症、痛風、高血圧、浮腫、インフルエンザ、風邪の治療の補助剤。

投与量/使用方法

煎じたハーブティー:30〜50 g / L、10分間煮沸します。一日に半リットル飲んでください。

チェリーテールに関するコラム

 

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
✗ 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
✗ 明るい場所
✗ 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
✗ 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ