有効成分含有:基準以上認定ハーブとは

WHOと欧州薬局庁が、各ハーブにつき、有効成分の含有量基準が決められていて、その数値以上である、と承認されたハーブ

認定とは:

欧州薬局庁は、30年以上科学的に証拠がある約300種のハーブを有用である、と認めています。

その作業は、竹内めありも所属しているEUの各学会や代表団体で行われています。

そのハーブデータには、厳しい条件があり、有効成分が一定以上あること、定められた日数以上、決められた摂取方法である場合にのみ、有効である、という内容です。

このデータを基に、WHOは承認しています。

単にあるハーブが有効である、ということではありません。

ハーブ原料としては、有効成分が一定以上あること、が第一条件です。

そして、そのハーブを決められた方法で摂取することで、人は治癒される、と確証されているのです。

この、認定を受けたハーブを当店では『有効成分含有:基準以上認定ハーブ』として扱っています。

最近、有効成分量が一定以上含まれている、と承認された有機栽培のハーブも取り扱うようになりました。

品質管理とコンプライアンス分析

国内および国際的な薬局方(ヨーロッパ薬局方、フランス薬局方、USP、インド薬局方など)、MA(Marketing Authorization)ファイルまたは顧客に準拠した植物ベースの医薬品モノグラフに準拠した物理化学的試験および分析モノグラフ。

監視対象のマーカーと物質の分析

薬用植物中の1つまたは複数の化合物のレベルを決定して、製品の有効性と安全性をチェックするために、有効成分および/または規制物質や望ましくない物質の量を検証するために使用される手法です。薬用植物に基づいています。

研究所によって開発された特定の内部メソッド、
公式の方法(国内および/または国際薬局方)。
成分、食品、栄養補助食品、植物性医薬品(ポリフェノール、レスベラトロール、アルカロイド、ポリコサノール、エピガロカテキンガレート、タンニンなど)に含まれる生理活性化合物の分析
特定の分子の分析(ステビオシド、バレレン酸、ジンセノサイド、モナコリンKなど)、
in vitro試験による抗酸化力の測定(FRAP法、FRAP値)。

植物の同定

薬用および芳香性植物の標準化には、品種の純度を決定するために、何よりもまず、植物の正確な植物識別が必要です。植物のアイデンティティは、薬用および/または芳香性植物の学名です。これは、リンネの規則に従って、植物学名によって正確に定義する必要があります。ラテン語で表される植物の国際名は、属名に続いて種の名前と、問題の植物を最初に説明した植物学者の頭文字または略語で構成されます。必要に応じて、それは亜種または品種のそれによって補完されます。植物ファミリーは一般的に説明されています。この名前の正確さは重要であり、化学組成の違いは、植物の起源によって異なります。ローカル名とフランス語での一般名、それらが存在する場合は、記録されます。場合によっては、品種、エコタイプ、ケモタイプ、表現型など、その他の関連情報も記載されます。

植物の識別または品種の純度分析は、国内および/または国際薬局方の基準に従って、官能検査、肉眼的および顕微鏡的観察、化学的試験、およびクロマトグラフィー技術(TLC、HPTLC、HPLC、およびGPC)によって行われます。このサービスは、植物由来の薬物の特徴的な要素を破壊するおそれのある処理の前に、原材料のサンプルに対して実行できます。

改ざん、置換、および偽装の検出

薬用植物と芳香植物の分野における品質保証の要件は、正しい植物品種です。この本質的なルールは、マーケティングの改ざん、偽物、代替品、または収集または栽培中の不十分な知識によって破られる可能性があります。文献は、これらの2つの原因が深刻な中毒を引き起こし、しばしば回復不可能な結果を​​もたらすことを確認しています。自然健康製品の改ざん、偽物、汚染の例は世界中で記録されています。

薬用植物と天然物質を含む最終製品の安全性と品質は、固有の(遺伝)要因または外部要因(環境、収集、栽培、収穫、収穫後の処理、輸送、保管)に依存します。野生で栽培または栽培されている薬用または芳香性の植物は、製品の安全性に影響を与える可能性のある、測定の誤り、偶発的な汚染または混和により、他の種または植物の一部によって汚染される可能性があります。植物由来医薬品の植物起源の保証は、植物由来医薬品と栄養補助食品の品質を一定に保つために必要です。

改ざん、置換、および偽装の検出は、官能検査、肉眼的および顕微鏡的観察、およびクロマトグラフィー技術(メタボローム「フィンガープリンティング」)によって行われます:TLC、HPTLC、HPLCなど。国内および/または国際規格に準拠薬局方。このサービスは、植物由来の薬物の特徴的な要素を破壊するおそれのある処理の前に、原材料のサンプルに対して実行できます。

異物および異物の測定

純度テストでは、たとえば、植物由来の薬物のバッチまたはサンプルに異物や異物がないかどうかを判断します。外来成分の決定は、国内および/または国際薬局方に記載されています。

外国の機関 同じ植物源からのものであるが、植物ベースの薬物に対応していない(たとえば、植物ベースの薬物が花である場合の果実の存在、ブランチングされた葉に伴う茎の断片など)。
ミネラルおよび/または有機の外国材料 同じ起源に由来しない鉱物由来の材料(石、繊維、カタツムリの殻、砂、土など)
アニマルフォーリンマテリアルズ 昆虫のさまざまな断片、動物の毛、鳥の羽、排泄物などの異物
野菜の外国材料 同じ供給源ではない植物由来の材料(例:雑草の種子、改ざん、危険な植物など)

雑草や侵入植物種(地上部、根、種子など)の検出、
汚染および/または薬用植物のバリューチェーンのいくつかのステップでの不適切な実践から生じる可能性がある薬用および芳香性植物の異物および異物の検出、
「哺乳類の排泄物」の検出(スパイス、種子、ハーブに関するASTAの清浄度仕様、1999年、内部メソッド)。

汚染物質の検出

汚染物質の分析により、医薬品、栄養補助食品、食品チェーンのさまざまな企業が、製品の汚染が発生した場合に可能な限り迅速に反応することができます。