メンタルヘルスをサポートする3つのハーブ

コラム

精神的な苦悩は、個人によって見え方も感じ方も異なります。悲しみ、引きこもり、不安、苛立ち、絶望を感じるかもしれません。不眠、疲労、集中力の低下などの症状が現れることもあります。
メンタルヘルスは、ストレス、不安、体調、社会経済的要因、孤独など、さまざまな要因によって日々変動します。メンタルヘルスの問題は、あなたの考え方、感じ方、世の中の動き方に悪影響を及ぼし、本当に重くのしかかります。

ロディオラRhodiola rosea

Rhodiola
何世紀にもわたり、ロディオラは先住民や、中国医学、チベット医学、ロシア医学、中央アジア医学、スカンジナビア医学など、多くの伝統的な医学体系で利用され続けてきました。ロディオラは、アダプトゲンであり、強壮ハーブと考えられており、肉体的・精神的健康の強化とサポートに親和性があります。

ロディオラは、特別な信号物質(神経伝達物質)の放出を刺激することにより、集中力と記憶力にプラスの効果をもたらす可能性があります。ただし、この効果は短期的な効果にすぎないはずです。長期的には、ロディオラの根の作用機序は、環境の影響など、体の適応を改善するように設計されています。このように、脳内の神経細胞は長期的にはよりよく保護されるべきです。

これらの印象的な効果の理由は、ロディオラの根によってますます形成される可能性のある体自身のメッセンジャー物質(神経伝達物質)の効果に由来する可能性があります。これらには、例えば、神経伝達物質であるノルエピネフリン、ドーパミン、アセチルコリン、およびセロトニンが含まれます。それらはすべて神経細胞に直接影響を及ぼし、情報を処理して脳に保存するために使用されます。それらの最適な相互作用を通じて、神経伝達物質は精神的パフォーマンスを促進し、したがって記憶能力も促進することができます。それらの増加した形成と分布はまた、より良い身体的幸福につながる可能性があり、これはまた、抗ストレス効果または改善されたストレス耐性と呼ばれることもあります。

ロディオラの野生種は乱獲が広がり、さらに成分に不純物が混じっていることも多く世界的な問題となっています。当店ではカナダでロディオラを有機栽培している家族兄弟のコミュニティから直接購入しています。

ロディオラを含むハーブティー

ロディオラなどのアダプトゲンハーブは作用が強いため、単独での飲用は、頭痛や吐き気などの症状が出る場合がございます。そのため、必ず、他のハーブとブレンドして飲みます。

疲労から活力回復してキリッとシャキッと[ロディオラ]
自信もって生きていくためのサポート
心と体をサポート

セントジョーンズワートHypericum perforatum

Stjohnswort
セントジョーンズワートは、うつ病の治療によく使われるハーブとして知られています。この鮮やかな黄色の小さな花を一目見ただけで、明るく輝く太陽に似ていることが思い浮かびます。
気分が暗く憂鬱なとき、セントジョーンズワートを取り入れると、暖かく晴れやかな気持ちを呼び起こし、気分を高揚させ、精神を明るくしてくれます。

セントジョーンズワートの使用には、更年期障害の心理的および植物的症状を緩和するハーブ療法としてテストされることが含まれます。ベルリンで実施された研究では、セントジョーンズワートによる12週間の治療が調査されました。43-65歳の111人の女性が900ミリグラムの錠剤を1日3回服用しました。参加者全員が閉経前および閉経後の状態に特徴的な症状を経験しました。

心理的および心身症の症状の実質的な改善が観察され、閉経期の愁訴は女性の76%で減少または完全に消失しました。これに加えて、治療後の性的幸福も改善され、セントジョーンズワートの使用には自然な更年期障害の緩和が含まれていることが示されています。

セントジョーンズワートとセントジョーンズワートを含むハーブティー

セントジョーンズワート
ポジティブエネルギー
身体のエネルギー循環の滞りに

レモンバームMelissa officinalis

Lemonbalm
伝統的に、レモンバームハーブ製剤は不安神経症や不眠症の治療に使用されてきました。その穏やかな鎮静効果はよく知られている機能です。
ミント科の植物であるレモンバームは、軽度の消化器系の不快感を和らげる効果もあり、ストレスや不安、精神的な闘争に伴う消化器系の問題に対処するために特別な親和性を持っています。
レモンバームは、高鳴る鼓動を鎮め、不安で落ち着かない人をリラックスさせます。

レモンバームとレモンバームを含むハーブティー

レモンバーム バイオダイナミック有機
カモミールリラックス
リラックス ハーブティー
心を落ち着かせる ハーブティー

Don`t copy text!