身体のエネルギー循環の滞りに

エネルギーサポート 

エネルギーと血の流れが滞った状態

身体のエネルギー循環の滞りに

¥750¥4,700

[メディカルハーブのご購入量の目安]
カップ一杯:お湯 約170ml ハーブ 約2g
小さじ約1杯分


身体のエネルギー循環の滞りに

ストレスや運動不足などでエネルギーと血の流れが滞った状態に

辛味のハーブで溜まっている気分とエネルギーを発散させます。
そのため、気分も状態も落ち着くことができます。

どんなときに:

● 寝つきが悪くなる
● ガスが多い
● イライラしがち
● 情緒が不安定
● 自律神経失調症
● 子宮内膜症

飲むと期待できること:

溜まっている気分やアレルギーを発散させる
自律神経の乱れを整える
胃と脾臓を元気にする
肝臓を落ち着かせるため冷静になり、ガスも正常になる

飲み方:

小さじ1.5のブレンドハーブをカップ200mlのお湯に入れ、10分間蒸らしてから越してお飲み下さい。

身体のエネルギー循環の滞りにハーブティーの成分

原材料:セントジョーンズワート、カモミール、カレンデュラ、ヘラオオバコ、紫蘇
EU オーガニック(カレンデュラ)
バイオダイナミック有機(カモミール、ヘラオオバコ、紫蘇)
有効成分含有一定認定(セントジョーンズワート)

セントジョーンズワート

肝臓の停滞を和らげ、心臓と腎臓を活性化させます。そのため活力を感じ取ることができます。閉経期の気分障害の改善が得られます。

カモミール

カモミールは、香りはりんご様で甘く感じられるかもしれませんが、実は辛味として分類されています。この辛味に発汗作用があります。頭痛を緩和し、血液のうっ滞を除去し、月経を促進します。神経系に落ち着きを与える能力があるため、体内の多くのシステムに穏やかに作用することができます。消化器系の時折の刺激に使用して、落ち着かせることができます。

カレンデュラ

カレンデュラは、肝臓のエネルギーと水分、肝臓と心臓の血液を動かすため、健康な血管系機能を促進します。黄色のハーブは、気力をアップさせる働きもあります。肝臓の停滞を解消するため、ガスが出やすくなります。また、有害な熱を取り除きます。

ヘラオオバコ

ヘラオオバコは、胃保護効果を高め、粘液分泌を増やし、酸分泌を減らします。また、肝臓の硬化も行いますので、薬やサプリや食害などの溜まった不要な成分から守ります。
日本でよくみかけるオオバコは、学名Plantago asiaticaです。ヘラオオバコ(Plantago lanceolata)は、WHOとEUの欧州医薬品庁が認定しているオオバコです。
ヘラオオバコ(WHOとEUの欧州医薬品庁が認定しているオオバコ)
plantain-lancheolata

オオバコ
plantain

紫蘇

溜まっている気分やアレルギーを発散させ、自律神経の乱れを整え、消化を促進します。体表の穴を開き、発汗を開始することで寒さを消去します。また、体内のエネルギーを動かします。胃の機能回路も落ち着かせてくれます。

---------------------


注目の人気ハーブ 8月末~


line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。
teatime

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。