全商品 疲労 精神的ストレス エネルギー 気分と感情 元気に 

ポジティブエネルギー

疲れ果てた・元気や活力を取り戻したい

ポジティブエネルギー

★ エネルギーを使い果たしたようなとき
★ 鬱々してしまうとき
★ 元気や活力を取り戻したいとき

¥1,280

*

ポジティブエネルギー

明るくポジティブな気分に。

ポジティブな気分と健康的な感情のバランスをサポートするハーブティー

神経系を安定させ、沈んだ心を高めます。

セントジョンズワートは、脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが不調となり、意欲の低下、不安などの症状があらわれる症状に対して、作用します。
セントジョーンズワートは、脳内でセロトニンの再取り込みを阻害しセロトニンの働きを増強することで抗うつ作用などをあらわします。

セントジョンズワートには、気分を高め、落ち着かせ、不安を和らげる効果があります。化学的抗うつ薬のように、それは脳の神経細胞のメッセンジャー物質セロトニンとノルエピネフリンを増加させることができます。

当店のセントジョーンズワートは、フランスのメディカル研究所で、WHO基準の薬効が一定以上含有されているハーブとして認定されています。

シベリアニンジンは、困難な状況でアドレナリンの放出が減少することを確実にするのに役立つはずです。

シベリアニンジンは、カフェインと同様の身体的スタミナと精神的鋭さを改善する能力を示しています。心肺フィットネス、脂肪代謝、および全体的な持久力パフォーマンスを高める能力に向けたいくつかの指摘があります。

イェルバ・マテの主要な特性の1つは、活力を与えて元気を与えるハーブ。
100 ml のマテ茶には約17 mg のカフェインが含まれていることも興味深い点です。この値は、コーヒーよりも低く、緑茶よりも高い値です。

マテ茶は、コーヒーとは異なり、含まれるカフェインの量が少ないためか、一般的に頻脈や興奮などの厄介な副作用を引き起こさないという利点があります。

ペパーミントは、爽快感のある風味ですっきりします。重苦しい頭痛にも効果があります。
ペパーミントは中枢神経系を刺激する能力のおかげで、注意力を向上させながら倦怠感や不安を軽減するのに効果的であることが示されました。

シクロスポリン、HIVプロテアーゼ阻害剤、デジタル薬、クマリン(抗凝固剤)、または抗てんかん薬を服用しなければならない人は、セントジョンズワートを服用する前に医師に通知する必要があります。

ブレンド原材料

セントジョーンズワート、シベリアニンジン、イェルバ・マテ、ペパーミント

・ バイオダイナミック有機農法ハーブ園(ペパーミント)
・ 有効成分含有一定(セントジョーンズワート)
・ EUオーガニック(シベリアニンジン、イェルバ・マテ)

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
・高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
・明るい場所
・光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
・冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。
Don`t copy text!