カモミールジャーマン | Matricaria chamomilla L

カモミールの紹介

Matricaria chamomilla L カモミールジャーマン

香りのよいリラックスハーブティー。
短い時間、蒸らすだけで十分。

なによりも沸騰させないことが推奨されます。

特に不眠症に最適。

救済策:鎮静、抗嘔吐、抗神経痛、リラクシング、鎮静
障害:不眠症、神経痛、頭痛、月経痛

学名 Matricaria chamomilla
英名 German chamomile
和名 カミツレ
科名 キク科
部位
自生地 ヨーロッパ
収穫 5~10月に、露や雨にぬれていないものを収穫。
含有成分 精油0.4-2%、セスキテルペンラクトン類、フラボノイド、コリン、クマリン類など
作用 消炎、鎮静、鎮痙、駆風
作用する組織 血漿、血液、筋肉、骨髄、神経
作用する系 呼吸器系、消化器系、神経系
適応 胃炎、胃潰瘍、生理痛、皮膚炎、冷え性、不眠。
気分を落ち着かせてくれるため、催眠によい。
肌を滑らかにするため、化粧水利用可。
筋肉痛、肩こりや関節痛、月経痛など痛みを楽にする。
吐き気を軽減する。
副作用
禁忌 妊婦の方は、食事に伴う適量摂取は安全ですが、大量摂取は妊娠合併症の危険があるので飲用しないこと。
菊科アレルギーの方は避けてください。
苦味、辛味
薬力 冷性
消化後の味 辛味
ほか 多量に飲むと、嘔吐をきたすことがある。
冷めたハーブティーを利用した湿布は、眼の周辺には使用しないこと。
皮膚炎には、湿布剤や入浴剤として使用。
皮膚疾患には、カモマイル40gを、グリセリン200mlで熱浸出させた浸出油25mlと蜜蝋5gで調整した軟膏を患部に塗ります。
上気道の炎症には蒸気吸入で使用。
飲み方 ティスプーン1杯強(約3g)に、熱湯150mlを注ぎ、5~10分間浸出し、1日3~4回飲む。
シャンプー 養毛作用があり、頭髪をつやつやさせる。
1リットルのお湯に、カモミールを20gいれて浸出させた液でシャンプーをする。