消化・デトックス

ウコンパウダー * バイオダイナミック有機 * 無農薬

¥850 税別

クリア

ウコンパウダー

ウコン Curcuma longa ショウガ科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: インド
原材料: バイオダイナミック有機、WHO認定、欧州医薬品庁認定

ウコンに関するコラム

 

詳 細

インドでは、ウコンは5000年以上前から知られていて、すでに古代の文章は体のための食物、癒しと有益な用途を示しました。

酸化防止剤としてのウコン

ウコンは特定の有効成分、クルクミンの存在のおかげで優れた抗酸化剤です。この物質はフリーラジカルを減らすことができるので、細胞の老化を遅らせることができます。これは、腫瘍を含む細胞レベルでの異常の発生を防ぐための最初のステップです。

抗腫瘍剤としてのウコン

ウコンは実際にその抗癌特性のために研究されてきました、そしてこれは口、前立腺、皮膚、腎臓、胸、肝臓、結腸と悪影響を及ぼす8つの異なる腫瘍を消すことがありました。

皮膚の修復剤としてのウコン

ウコンのもう一つの例外的な特性は火傷、皮膚炎、虫刺されおよび傷のための優秀な救急処置としてそれをそれが見る治療能力。 ウコンの原産地であるインドのような暑く湿気の多い国では、パウダーを傷の上におくと、液体や保護を使わずに肌の治癒を助けるので、それは優れた治療になります。

B-20190314

免疫刺激薬としてのウコンと抗インフルエンザ薬

インフルエンザや関節痛に対する基本的な治療薬としてしばらく前から知られていましたが、それは抗炎症性、鎮痛性、そして痛みを和らげるものとしてこれらの効果を見ています。ウコンは、天然の抗生物質(抗菌剤および抗ヒスタミン剤)として使用されて おり、免疫刺激剤、すなわち免疫システムを強化するのに役立ちます。

消化剤としてのウコン

ウコンは胆汁分泌促進作用を持っているので、胆汁の産生と腸内の流れを改善することができます。これは腸と胃の両方がより良い一般的な消化のために機能することを可能にします。 ゆっくりした消化に対する援助にもなります。最後に、ウコンは、循環中の脂肪の消化を改善するように作用するこれらの特性のおかげで、コレステロールを減らすのに有用です。

データ

主成分

クルクミノイドと呼ばれる着色物質(3-5%)で、主なものはクルクミン

 

薬理作用

伝統的に、それは胆汁分泌促進剤および胆汁分泌促進剤としての胆嚢での活動に起因するとされてきました。食欲刺激剤としてもお勧めです。

 

適応症/推奨事項

欧州医薬品庁(EMA)は、消化不良の治療における胆汁分泌を増加させるための従来の使用法を承認しています:膨満感、鼓腸および消化

 

投与量/使用方法

成人および高齢者に経口でEMA(従来の使用)が推奨する投与量:
-粉末:1.5〜3g /日。
-注入:0.5〜1 g、1日3回。

 

禁忌

胆管閉塞、胆管炎、結石およびその他の胆汁障害。

 

副作用

口渇、鼓腸および胃の炎症。
影響を受けやすい人では、腎臓結石のリスクを高める可能性があります。

バイオダイナミック農法

バイオダイナミック有機とは

大量生産ではない、人の手による完全無農薬のバイオダイナミック有機ハーブは、一般的な有機肥料の強い独特な香りとは全く違った風味があります。
バイオダイナミック有機のハーブは、飲む直前に、手で掴み、大きなハーブは揉んだり手でちぎったりしてカップに入れてお湯を注いで飲みます。ご自身のガーデンから収穫するときに、雑草を取り除いたり、少し傷んだ植物の部分を取り除いたりします。そのような手作業で楽しむハーブです。チンキや医療用で使用のハーブは、同定した有効成分含有ハーブをご使用くださいませ。

メーカーの有機についての当店へのプロセス説明
原料洗浄プロセスの簡単な説明:
原料(スパイス、ハーブ)は、その感覚(味、匂い、外観)、雑草または粉砕物の不純物、茎、および微粉について非常に正確にチェックされます。
材料が100%の独自当社品質基準を確認しない場合、原材料が処理されます。製品を梱包する前に、異物を避けるためにさまざまな洗浄プロセスが行われます。
ステム部分は最大3%許可されています。草、雑草、外来ハーブ、最大の種子などの不要な成分の量。品質基準に従って、総重量の2%が許可されています。バイオダイナミック農業では、化学合成農薬が雑草に対して使用されていないため、100%の純度は保証できません。

厳しいチェックを合格した有機農法

1.有機農業の認証を受ける:

EUの「有機農業規則」および「有機農業実施規則」、アメリカの「1990年有機食品生産法」および「全米有機プログラム」(National Organic Program)、オーストラリアの「国定有機農業およびバイオダイナミック生産物規則」のいずれかの認証が必要とされる。

2.シュタイナーの思想による作業日程調整や調合剤を使用する:

シュタイナーの思想に基づき、黄道十二宮を巡る月の周期から播種などの時期を選定が必須である。

3.EUの有機農業基準よりも厳しい家畜飼養密度や、肥料としての家畜ふん尿使用量の上限を守る:

作物輪作にわたって平均して家畜ふん尿によって供給して良い窒素の最大量は、農場が自ら生産した飼料によって維持する動物によって生産される量を超えてはならず、農場の全面積当たり、最大1.4家畜ふん尿単位/haを超えることができないと規定している。ただし例外条件がある。

4.生物多様性のを保護する:

農場は生物多様性維持の誓約を提出し、農場と直接隣接地内の生物多様性の保護地が全農場面積の10%に達していない場合には、その達成プランをチェック機関に提出し、承認を受ける。

持続性可能な農法

金属製の機械をまったく使わない、ということは、手作業が多く必要となります。

現代は、どんなことでも機械化され、合理化され、仕事を失った人が増えてきています。
ところが、手作業の農法であり、バイオダイナミック有機農法を行っている人たちは、暮らしもすべて手作業。
水は雨水を濾して使いますし、家も手作り、もちろん、すべて自給自足です。
ですから、人が解雇されて仕事がない、ということが起こりません。持続性可能な農法なのです。

完全無農薬

哲学者ルドルフ・シュタイナーが提唱する農業で、農薬・化学肥料や殺虫剤を使用しない、天体のリズムに合わせてすべての農作業(種を撒く、収穫するなど)を行う農法です。
栽培では合成・化学肥料の不使用はもちろん、土壌や家畜が食べるものにも特別な規定があります。
また加工、包装や保存などを含め、厳しく管理・監督されています。

収穫

この、バイオダイナミック農法は、収穫も手摘み。
手作業で手間暇をかけるため、 私たち人間の仕事がなくなりません。
自然も動物も人間も、持続可能な生き方をしている方々のハーブです。

自然乾燥で完全手作業

この農法で栽培収穫される量は、ごくごくわずかです。

主に、フランス、オーストリア、スイス、ベルギーからの素材を扱っています。
私どもが取り扱うハーブは、色と香りを保ちながら有効成分を損なわないように、木でできている棚に入れ、低温(25〜27℃)の季節のときに24時間から36時間くらい、ゆっくりと穏やかに除湿されて乾燥させます。
決して温風や熱、つまり、大量生産の乾燥機で乾燥することはしません。

結果、活性成分の有効性が高まり、特に敏感な結晶化の方法によって証明されたハーブティーの強い活力が得られます。
袋詰めにも機械や金属を使いません。
ハーブは荒くゆすったり、乱暴に振ったりすると、それだけで有効成分がどんどんと消滅してしまいます。
手で入れる方法がこの農法です。自然のままのハーブティーをお楽しみいただくためにご用意しています。

入荷待ちリストに登録 商品入荷時にお知らせします。 メールアドレスをご登録ください。
You need to Login for joining waitlist.
Scroll to Top