ウコンを含むパウダー3品の比較

当店で販売のウコンを含むパウダーは、3種類ございます。

turmeric

何が違うの?

はい、お答えします。

1. ウコンに含まれるクルクミノイドの濃度
2. ブレンドされている原材料

クルクミノイドの濃度が重要なのは、抗炎症作用など、あらゆる症状改善や予防にメリットがある成分量。

クルクミノイドは、単独では吸収されません。黒胡椒とジンジャーをブレンドすることでより吸収されやるくなります。

クルクミノイドの濃度も重要ですが、
これをおいしくチャイとしてお飲みにいただけるように原材料がそれぞれ異なります。

  ウコン&ペッパー&ジンジャーパウダー ウコンチャイパウダー(ココナッツパウダー入り) ウコンチャイパウダー
チャイ? チャイではありません チャイ チャイ
クルクミノイドの含有 約5% 約95% 約5%
原材料

ウコン、黒胡椒、ジンジャー

ウコン、黒胡椒、ジンジャー、ココナッツ、カルダモン ウコン、黒胡椒、ジンジャー、カルダモン、クローブ

クルクミノイドとは

クルクミノイドとは、ウコン(ターメッリック)に色を与えている黄色成分で、抗炎症特性と体内で生成される抗酸化物質の量を増加させる能力を持つポリフェノールです。 1949年に初めて抗菌特性、抗炎症特性、抗酸化特性などが実証されました。

1) 花粉症の緩和

クルクミンを摂取すると、花粉症やその他の季節性アレルギー症状が軽減される可能性があります。これには、くしゃみ、かゆみ、鼻水、鼻づまりが含まれます。

2) 記憶力と気分を改善

2018年3月にScienceDirectで公開された論文では、 90ミリグラムのクルクミンを1日2回、18か月間摂取すると、認知症のない成人の記憶力の向上に役立つことが示されました。 研究者らは、脳の炎症とクルクミンの抗酸化特性の軽減により、思考や推論する能力である神経認知の低下が軽減されると考えました。 American Journal of Geriatric Psychiatry誌のオンライン版で2018年1月に発表されたこの研究では、認知症でない人の記憶能力に対するクルクミンサプリメントの効果と、アルツハイマー病患者の脳内の微細なプラークやもつれに対するクルクミンの潜在的な影響について検討されました。 研究者らは、脳の炎症とクルクミンの抗酸化特性の軽減により、思考や推論する能力である神経認知の低下が軽減されると考えました。

3) 心臓病のリスクを軽減

クルクミンには炎症と酸化を軽減する能力があるため、心臓病のリスクを低下させる可能性があります。 研究では、クルクミンが心臓病のプロセスを逆転させるのに役立つ可能性があることが示されています。クルクミンサプリメントを12週間摂取した健康な中年以上の成人では、高血圧に重要な役割を果たす抵抗性動脈内皮の産生が増加しました。

4) うつ病との闘いに役立つ

うつ病になると、脳由来神経栄養因子(BDNF)として知られるタンパク質が減少し、学習と記憶を助ける海馬が縮小し始めます。研究によると、クルクミンはBDNFレベルを上昇させ、変化を元に戻す可能性があることが示されています。 別の研究では、クルクミンがうつ病の症状を軽減するのにフルオキセチン(プロザック)と同じくらい効果的であることが示されています。クルクミンは、気分やその他の身体機能を調節する脳内化学物質であるセロトニンとドーパミンのレベルも上昇させる可能性があります。

5) 目の健康

クルクミンが炎症性および変性性眼疾患の管理に有益であることが示されています。研究の規模は比較的小さいものの、クルクミンが目の健康を維持し、一部の眼疾患の治療に良い可能性があることを示しています。

6) 関節炎の症状を緩和

クルクミンは、変形性関節症と関節リウマチの両方の痛みを伴う症状を軽減することが示されています。これは主に、その抗炎症特性によるものです。炎症は、影響を受けた関節の発赤、腫れ、熱感、関節痛、関節の硬さとして現れます。いくつかの研究では、クルクミンがこれらの炎症症状を軽減するのに効果的であることが示されています。

7) 腎臓の健康

クルクミンは腎臓に有益である可能性があります。具体的には、クルクミンは急性腎臓損傷の治癒と抗酸化物質の増加に役立つ可能性があります。

8) 炎症を軽減

炎症が体内の組織に影響を及ぼし始める慢性疾患の場合は、ターメリックの摂取が有益である可能性があります。 潰瘍性大腸炎患者を対象としたある研究では、処方薬と一緒に1日2グラムのクルクミンを摂取した患者は、薬のみを服用した患者よりも寛解を維持する可能性が高かったのです。

9) がんの予防

いくつかの研究によると、クルクミンは癌の増殖と発生に影響を与える可能性があります。 結腸直腸がんに焦点を当てたある研究では、男性の結腸の病変数が 40%減少したことがわかりました。

10) フリーラジカルから体を守る

特にクルクミンは、さまざまな種類のフリーラジカル(タバコの煙、工業用化学物質などの環境汚染物質)を除去し、フリーラジカルを中和する酵素を制御し、特定の酵素が特定の種類のフリーラジカルを生成するのを防ぐことができます。

クルクミンはどのように作用するのか

クルクミンの潜在的な有益な効果は、主にその抗炎症作用と抗酸化作用によるものです。これらの特性は、転写因子、酵素、細胞周期タンパク質、受容体、細胞表面接着分子、成長因子、プロテインキナーゼなどのさまざまな分子標的とのクルクミンの直接的または間接的な相互作用およびその調整によって媒介されます。

クルクミンが効率よく吸収される組み合わせ

ウコン(ターメリック)だけでは、ウコンに含まれるクルクミンは吸収されにくいです。そのためこの問題に対処するために考案された方法の中で、最も一般的な接種は、ブラックペッパーとジンジャーを組み合わせる方法です。

ウコンチャイパウダー(ココナッツパウダー入り) バイオダイナミック有機 無農薬

ウコン&ペッパー&ジンジャーパウダー * バイオダイナミック有機 * 無農薬

ウコンチャイ * バイオダイナミック有機 * 無農薬

Don`t copy text!