免疫力強化

ジンセン * EU オーガニック

¥3,300 税別

クリア

ジンセン Panax ginseng CA Meyer ウコギ科 根
用途: 食品 (ハーブティーなど)
収穫地: フランス
原材料: EUオーガニック

 

フランスで種子から栽培し収穫されたジンセンを使用

ジンセン自身の保護のために、発芽から6年目になると根のジンゲソシドの含有量が2倍になり最も豊かになったときのものです。さらに、ジンセノサイドが集中しているのは、レッドジンセン。
ジンセンの根の成分ジンセノシドは、環境の影響や刺激に対する耐性を高め、病気への感受性を低下させる可能性があります。また、免疫システムを刺激して強化することもできます。それらはフリーラジカルに対して働き、脳のパフォーマンスを刺激し、抗菌および肝臓保護効果さえも持つことができます。

 

ジンセンに関するコラム

詳 細

ジンセンとは

ジンセンの根からの抽出物は、持続的な消耗、疲労、衰弱、集中力とパフォーマンスの低下、および 長い病気の後に弱った身体的パフォーマンスを回復するのに特に適しています。
さらに、抽出物は、心臓や肺などの一部の臓器機能にプラスの影響を与え、免疫系を強化するのにも役立ちます。

自然療法の実践では、ジンセンは呼吸器感染症、糖尿病、神経皮膚炎にも使用されます。

ジンセンについての興味深い事実

中国と韓国の山林に自生するジンセンは、そこで「生命の根」とも呼ばれ、最も古い薬用植物の1つであり、4,000年以上にわたってアジアの自然療法で使用されてきました。ドイツでは、17世紀にヨーロッパで導入されたジンセンは、オールヒーリングハーブ、ギルゲン、パワールート、サムルートとも呼ばれています。

一方、中国と韓国では、薬用植物の専門家が何千年もの間、ジンセンの根の影響を評価してきました。これが、ジンセンが伝統的な中国医学(TCM)の不可欠な部分となった理由の1つであると考えられます。TCMの実践者は、実際の臓器機能に加えて、臓器にエネルギー機能を発揮する目に見えない「微妙な体」への相互接続もあると信じています。これらの機能は、ストレスや環境の影響によって妨げられ、病気につながる可能性があります。ジンセンの根はバランスを取り戻す力があると言われています。

もちろん、植物が実際にエネルギー調節効果を持っているかどうかはほとんど証明できません。ただし、確かなことが1つあります。それは、根が脳のパフォーマンスを改善し、特定の身体機能と免疫系を刺激する可能性があるということです。

ジンセンは体と心を強化

ジンセンの根は脳のさまざまな領域に作用します。それらが特定のメッセンジャー物質を放出させ、それが身体的および精神的パフォーマンスの向上につながることが証明されています。これらには、例えば、ホルモンのドーパミンおよびセロトニンが含まれる。これがドーパミンが報酬システムに与える影響です。ドーパミンが放出されると、幸福感が生まれ、疲労を克服してパフォーマンスを向上させることがよくあります。セロトニンは体内のさまざまな場所で作用し、たとえば、心血管機能、胃腸管、または血液凝固に影響を与える可能性があります。

これらのメッセンジャー物質が酸素の利用を増加させ、例えば、運動選手の心拍数を改善することができるといういくつかの兆候があります。これらの影響は、高濃度のジンセン根抽出物を使用することで減少することが示されています。

病気にかかりやすくなる免疫を増強

医学が回復について話すとき、それは病気の発症前の健康状態を回復することについてです。ここでも、ホルモンが重要な役割を果たすことができます。特定の物質は、ストレスが発生した場合に適応を低下させると考えられています。その結果、病気による消耗は回復プロセスに影響を与える可能性があります。ジンセンなどの薬用植物の成分は、2つの方法で長い病気の後の回復をサポートすることができます。

一方では、有用なホルモンの放出を増加させ、無気力と悲しみを克服するのを助けることができるので、体と心に強化効果があります。

さらに、効果的なジンセノシドは、体自身のインターフェロン産生を活性化することにより、免疫系を活性化および強化することができます。インターフェロンは免疫系を刺激することができるタンパク質です。

さらに、免疫系にとって重要なヘルパーT細胞とBリンパ球がますます形成されています。Tヘルパー細胞の主なタスクは、免疫系の他の血液細胞に情報を渡して、不要な侵入者に対して的を絞った行動を取ることができるようにすることです。同時に、それらはBリンパ球に結合し、それらを増殖させます。Bリンパ球は抗体産生血漿細胞に変換され、病原体に対して体系的に作用することができるため、このプロセスは非常に重要です。

これらの作用メカニズムのおかげで、ジンセンの根は長い病気の後の回復時間を短縮し、消耗したパフォーマンス能力をより迅速に回復することができます。

データ

薬用部位

Panax ginseng CA Meyerの根

主成分

パナクソシドとも呼ばれる2〜3%のトリテルペンサポニン(ジンセノシド)

薬理作用

一般的な強壮剤(それらは一般的な幸福感と作業能力を高める)、抗酸化剤、抗癌剤、免疫調節性、脂質低下および血糖降下作用。
ストレスに対する身体の抵抗力。
血圧と心機能の改善、および血小板凝集の抑制。

適応症/推奨事項

疲労や脱力感などの無力症。
糖尿病、閉経に関連する症状、男性の不妊症、慢性肝炎、高血圧などの有用性を減らすには、より高度な証拠が必要です。関節炎、妊娠中の嘔吐、食欲不振、うつ病、活動亢進、認知障害、ドライアイ、緑内障、インフルエンザや風邪の予防、アレルギー性鼻炎など。

投与量/使用方法

粉末:600 mg、1日3回。
-乾燥抽出物(2-4.5:1、60%エタノール):180 mgを1日2回、または500 mgを1日1回(360-500 mg /日)。

禁忌

心不整脈、高血圧、不安、神経質、妊娠(その可能性のあるエストロゲン効果による)および授乳中。

副作用

皮膚過敏反応(蕁麻疹、そう痒症)、不眠症、胃腸障害(胃の不調、吐き気、嘔吐、下痢または便秘)。

注意事項

高用量のジンセンは、不安、刺激性、神経質、不眠症、高血圧、胸痛、エストロゲン作用、月経の変化、性欲の増加を引き起こす可能性があります。これらの影響は、用量を減らすか治療を中止すると治まります。
ジンセンを3か月以上、または2 g /日を超える用量で使用することは、コルチコステロイドによって引き起こされるものと同様の障害(高血圧、神経質、不眠症)を引き起こす可能性があるため、お勧めできません。エストロゲン作用(婦人科疾患)も観察できます。
妊娠中、授乳中、または子供に、医学的監督なしに使用しないでください。

EU オーガニック

土の寿命

可溶性肥料の使用は厳密に制限されているため、特に鉱物窒素肥料は許可されていないので、植物に栄養を移すことができる細菌、真菌などの土壌生物の活性によって土壌の自然な肥沃度を高めること。

多年にわたる作物

豆類や他の緑肥作物を含む多年生作物の回転を利用し、土壌の肥沃度や生物活性を高めるために家畜ふん尿や有機物を使用。土壌有機物を維持または増加させ、土壌の安定性と土壌の生物多様性を高めるために、耕作のような適切な栽培方法。バイオダイナミック作成の製剤使用は許可。

害虫の発生の防止

有害生物、病気、雑草の発生を防ぐため、有機農家は合成農薬や除草剤を使用することはできません。多年にわたる作物の転回および適切な栽培技術は、害虫、病気および雑草に対する植物の保護において役割を果たします。

再入荷待ち 商品入荷時にお知らせします。 有効なメールアドレスを下に残してください。
You need to Login for joining waitlist.
Scroll to Top