ハイビスカス

  • めあり 竹内
  • 2018-05-06
  • ハイビスカス はコメントを受け付けていません。
  • コラム, ハーブ事典


ハーブティーのハイビスカスは、私たちが南国や園芸店で見かける真っ赤なハイビスカスの花びらではありません。こんな真っ赤なガクをしています。


アップにすると、かなり、グロテスクですよね。


収穫したばかり。


乾燥させたハイビスカスのガクの部位を、私たちは、ハーブティーとして楽しみます。

ハイビスカスは、オクラフラワー、 アフリカオクラ、ブラックオクラとしても知られ ていますが、言葉に”オクラ”が含まれていても、実際には同じ家系から来るという点を除いて、類似点はありません。
もともと西アフリカの国、ニジェール原産の植物ですが、同じ気候を提供できる国でも生育しています。

ハイビスカスには、弱いフルーツ酸による穏やかな下剤効果があり、食欲を促進し、胃と腸での吸収を高めます。
風邪やインフルエンザなどのつらい症状を和らげますし、痰を取り除きやすくなります。
また、高血圧を軽減し、心臓発作を防ぎ、循環を調節します。

関連記事

・ ハイビスカス(バイオダイナミック有機ハーブ)