食欲刺激剤・軽度の下剤・利尿剤・上気道の風邪や風邪・循環器障害

ハイビスカス * バイオダイナミック有機 * 無農薬

¥1,600¥2,400 税込

現在のバイオダイナミック有機のハイビスカスは、大ぶりのカットサイズです。

解除

ハイビスカス

ハイビスカス Hibiscus sabdariffa アオイ科 花(ガク)
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ナイジェリア(ハイビスカスの原産地でこの国から広まりました)
原材料: バイオダイナミック有機農法認定、フランス医薬品庁承認

 

ハイビスカスティーの赤い香りのよい美しいハイビスカスは、主にアフリカとカリブ海地域で育ち、暖かく砂質の土壌が必要です。花は秋に収穫され、数日間乾燥されてから、花びらを残りの花から分離して詰めます。植民地時代を経て到着したヨーロッパでも普及しているこの飲み物は、アフリカでも非常に人気があり、赤いハイビスカスに加えて、緑のハイビスカスも消費されています。しかし、この点滴は味の理由だけでなく、体に利益をもたらすという理由からも非常に人気があります。

抗酸化物質

実際、ハイビスカスにはカフェインが含まれていないことに加えて、エキサイティングではなく、夕方に飲むこともできる理由は次のとおりです。

アントシアニン、フラボノイド、タンニンは、実際、果物や野菜に含まれる物質であり、たとえばベリーの典型的な色を与え、強力な抗酸化特性を持っているため、細胞の老化の自然な遅延剤として機能します。これらの物質は、毛細血管の脆弱性と水分保持に対して、循環に役立ちます。アスコルビン酸自体などの抗酸化物質、またはハイビスカスが豊富なビタミンCも、高コレステロールから保護し、抗炎症作用があります。ビタミンCだけでも免疫系に有益な特性があり、神経系の機能と鉄の生物学的利用能が向上します。抗酸化作用に加えて、ハイビスカスはその特性に優れています。

天然で浄化性の下剤としてのハイビスカスの作用は、特に気道の便秘や炎症と戦うためにハーブ医学で使用される植物や花に存在する物質である粘液の存在に起因します。最後に、ハイビスカスの特性について言えば、The Journal of Nutritionに掲載された、ハイビスカスの毎日の摂取が高血圧を低下させるという研究に言及することは間違いありません。

血圧とコレステロールを下げます

高血圧に対抗するために使用される化合物カプトプリルと比較して、高血圧に対するその有効性を分析することを目的とした2004年の研究を含むいくつかの研究によって実証されました。

拡張期および収縮期の圧力で検査されたすべての被験者に対して、ハイビスカスの抽出物は、長期的には薬剤よりも効果的であることが証明されました。これは、その血管拡張作用とカルシウムイオンの吸収を阻害する能力によるものです。

高血圧に苦しむ人々は、毒素や有害物質を排除することに加えて、利尿を促進し、同時に血液を薄くする多くのポリフェノールを含んでいるため、ハイビスカスの特性から恩恵を受けることができます。

メドフォードのタフツ大学が高血圧に対するハイビスカス注入の効果について行っ た研究によると、平均して、1日3杯の240mlを6週間でかなり下げるのに十分であり、したがって、脳卒中、心不全、早死、冠状動脈性心臓病などの関連疾患に最適です。

研究中に実証されたように、収縮期血圧と拡張期血圧に苦しんでいる両方の被験者は恩恵を受け、両方の患者で有意な減少を示しました。その特性がそれだけではないことは言うまでもありません。ハイビスカスは防腐剤、利尿剤、消化器、抗炎症剤でもあり、ビタミンが豊富で肝臓に役立ちます。

消化器

ハイビスカスハーブティーは適切な消化を促進し、私たちの体が毒素を浄化するのを助けます。胃の働きを助けるためにそれを使用したい場合は、食後に服用する必要があります。

腎臓と泌尿器系に有益

ハイビスカスは尿路の消毒力があり、腎臓の正しい活動を助け、上記の降圧効果に基づいて、良好な利尿効果を保証します。

下剤

ハイビスカスには粘液が含まれているため、便秘防止効果があります。したがって、便秘の場合は、腸の規則性を促進するために、ハイビスカスを一杯飲むことができます。

再石灰化

ハイビスカスハーブティーを飲むが、とりわけこの植物に基づく抽出物は、体に良い再石灰化効果を提供します。

さわやかで喉の渇きを癒す

特に夏の室温での摂取で、ハイビスカスの注入は私たちに良いさわやかで喉の渇きを癒す効果を提供し、体の正しい水分補給に優れた貢献をします。

皮膚への影響

ハイビスカスは、たとえば敏感肌、炎症を起こした肌、または赤い肌の湿布を作るために、外部で使用することもできます。この植物の特性の中には、実際には表皮の鎮静作用と鎮静作用もあります。

モノグラフ

薬用部位

Hibiscus sabdariffa L.の結実期に収集された、全体

主成分

植物酸(15-30%)、アントシアニン色素、粘膜質、ペクチン、ミネラル(鉄、カリウム)

薬理作用

代謝促進、消化機能促進、緩下、利尿

適応症/推奨事項

肉体疲労、眼精疲労、食欲不振、風邪、上気道カタル、便秘、循環不良、美容効果

投与量/使用方法

-注入(1カップあたり1.5 g)、1日3カップ以上。
-粉末:0.5〜1g /日。

ハイビスカスに関するコラム