ハイビスカス
(バイオダイナミック有機)

* - NEW - *

Hibiscus sabdariffa アオイ科 花(ガク)
用途:食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ナイジェリア(ハイビスカスの原産地でこの国から広まりました)
バイオダイナミック有機農法認定
ダイナミック有機ハーブとは
土壌作りから種まき、栽培、収穫まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法

¥1,050¥1,750 税別

解除

ハイビスカス バイオダイナミック有機


ハーブティーの  ハイビスカス バイオダイナミック有機 は、私たちが南国や園芸店で見かける真っ赤なハイビスカスの花びらではありません。こんな真っ赤なガクをしています。


収穫したばかり。


乾燥させたハイビスカスのガクの部位を、私たちは、ハーブティーとして楽しみます。

ハイビスカスは、オクラフラワー、 アフリカオクラ、ブラックオクラとしても知られ ていますが、言葉に”オクラ”が含まれていても、実際には同じ家系から来るという点を除いて、類似点はありません。
もともと西アフリカの国、ニジェール原産の植物ですが、同じ気候を提供できる国でも生育しています。

. . . . . . . . . .  

ハイビスカス ハーブティー

ハイビスカスは、ヘビーなスポーツを行った後などに飲むと体がさっと冷えておいしいですね。
ローゼル、という種類の赤い果実の部分を私たちは、ハイビスカスハーブティーといって飲んでいます。
酸味があり、赤いお茶の色になりますので味と色でお楽しみいただけるハーブティーです。
疲労回復や食後にすっきりしたいときにもどうぞ。
青色色素のアントシアニンは、眼精疲労を回復する働きがあります。
ほか、疲れを回復するクエン酸を多く含むため、疲労回復の効果から天然のスポーツドリンクです。

むくみにも最適なハーブ。
ハイビスカスには利尿特性があり、スリミング効果と体のバランスをとります。

ハーブティーの淹れ方

*ご案内は標準的な淹れ方ですので、美味しいと思われる量や蒸らし時間でお楽しみくださいませ。
*嗜好品のお茶としてのご購入量の目安:カップ一杯分の茶葉は約4g。1日1回、お食事後に。

※一杯分の目安

  • 湯: 200cc
  • ハーブ: 4g 実や根を多く含むハーブは6gほど。 ブレンドはスプーン2杯分

※飲むタイミング(し好品として)

  • お食事後。
  • 就寝前。

※淹れ方

  1. 予め温めたポットか茶漉し付きカップに、一杯分のハーブを入れ、熱湯を注いでください。
  2. ほどよい香りが出るまで、5~15分ほどお待ちください。
    (根や実の場合は長め)

 

ハーブティーの淹れ方

注意事項

・妊娠中の摂取は危険性が示唆されている。
・授乳中は避ける。

バイオダイナミック有機