カモミールジャーマン
(フランスラボ認定)

アレルギー性のかゆみのときに。
抗アレルギー性+++ 血液をよりよく循環++ 消化+
Matricaria recutita キク科 花
用途:食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: フランス
・フランスメディカルハーブ研究所認定のハーブ素材
当店のメディカルハーブ
カモミールのミニ知識 – ハーブの香り 薬草事典 より
カモミールジャーマンと暮らし・料理レシピ・ブレンドレシピなど – ハーブの香り 薬草事典 より
カモミールジャーマンのメディカル詳細 – ハーブの香り 薬草事典 より

¥650¥3,100 税別

解除

カモミールジャーマン フランス

フランス第一人者メディカルハーブラボが、同定認定した カモミールジャーマン フランス 。

パリのファーマシーからのカモミールです。

甘い蜜のりんごのような香りがするカモミール。
この香りだけでもとっても癒されます。
かわいらしいきれいな小花を見ているだけでも和みますよ。
とってもきれいなカモミールなので、透明のカップやポットで楽しみたいものです。

カモミールジャーマンは、
鎮静作用と消化促進作用にすぐれているため、
食べ過ぎ、腹痛、そして風邪の症状に対して古くから親しまれてきました。

さらに、ホルモンバランスを整えますので、
冷え性や貧血の改善にも役立ちます。

普段の毎日のお茶としてもどうぞ。
お休み前にもおススメ。

当店のほかのカモミールジャーマン

ハーブティーの淹れ方

*ご案内は標準的な淹れ方ですので、美味しいと思われる量や蒸らし時間でお楽しみくださいませ。
*嗜好品のお茶としてのご購入量の目安:カップ一杯分の茶葉は約4g。1日1回、お食事後に。

※一杯分の目安

  • 湯: 200cc
  • ハーブ: 4g 実や根を多く含むハーブは6gほど。 ブレンドはスプーン2杯分

※飲むタイミング(し好品として)

  • お食事後。
  • 就寝前。

※淹れ方

  1. 予め温めたポットか茶漉し付きカップに、一杯分のハーブを入れ、熱湯を注いでください。
  2. ほどよい香りが出るまで、5~15分ほどお待ちください。
    (根や実の場合は長め)

 

ハーブティーの淹れ方

注意事項

・多量摂取すると、嘔吐を起こすので危険性が示唆されている。
・授乳中の安全性については十分なデータがないので使用を避ける。
・アレルギー反応(接触性皮膚炎、重篤な過敏症、アナフィラキシーを含む)を起こすことがある。
・眼に用いると刺激性がある。

有効性

・ジャーマンカモミールの外用は放射線療法、ある種の化学療法による粘膜の炎症の予防および治療に有効性が示唆されている。

フランスハーブラボ認定

有効成分含有が一定以上のハーブには、オーガニックが存在しない理由:

可能であれば、私たちはすべての薬草を薬局の品質、すなわち主に人間のための医薬品に使用されるハーブの最高品質(そして最も高価なもの)のレベルでのみ取扱をします。このために、ハーブは、ヨーロッパの薬局方の要件に従って、栽培、収穫およびチェックされているものです。これにより、特定の有効成分の最低限の含有量が保証され、それがなければハーブが無用になる可能性があります。

薬局方の品質に焦点を当てることで、オーガニックハーブの取扱は不可能になります。なぜなら、両方の質を持つハーブは存在しえないからです。オーガニックハーブは食品品質ですが、薬局方品質ではありません。つまり、オーガニックハーブは、その有効成分含量の点で栽培、収穫および管理されていません。つまり、薬局方品質はない=効果のある成分がどのくらい含まれているのかまったく不明、効果がない成分が多い、あるいはまったくないハーブということになります。

ハーブの鮮度を常に保つために、年以上の販売量を決して仕入れません。ですから私たちは常に新鮮なハーブを手に入れるため、長持ちすることを避けます。さらに、私たちはハーブを特別に空調された部屋に保管しています。これは最低限の水分、紫外線、最高温度16度を保証します。したがって、活性成分は長い間、大量に含有されています。