ブラックコホシュ オーガニック Actaea racemosa 根 カット アメリカ産

ハーブ&スパイス原材料 

更年期障害・PMS・月経痛

ブラックコホシュ オーガニック Actaea racemosa 根 カット アメリカ産

¥500¥2,200

オーガニック

ブラックコホシュ

ブラックコホシュ Actaea racemosa キンポウゲ科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: アメリカ
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

※ こちらでご紹介のブラックコホシュは、「Actaea racemosa」で、「Actaea spicata」ブルーコホシュやホワイトコホシュではありません。

ポイント1.欧州医薬品庁は、「更年期障害の軽微な障害:ほてりと過度の発汗」を「十分に確立された」ものとして使用することをブラックコホシュと見なしています。最大3ヶ月の治療を勧めています。
2.WHOは、ブラックコホシュの使用は「更年期の厄介な症状の治療:ほてり、過度の発汗、睡眠障害および過敏症」と「月経前症候群および不規則または痛みを伴う期間」において「臨床的に証明」されたと認めています。
3.ドイツ保健省の委員会Eは、「PMS、不規則または痛みを伴う期間、および更年期障害」でのブラックコホシュの使用を認めています。彼女は最大6ヶ月の治療を勧めています。
4.ヨーロッパメディカルハーブ協会は、「更年期の厄介な症状:ほてり、過度の発汗、睡眠障害および過敏症」におけるブラックコホシュの使用を認めています。

ブラックコホシュの特性と効果

コホート研究の統合、または優れた方法論を備えた少なくとも3つのコホート研究、または優れた方法論を備えた少なくとも2つのランダム化比較臨床研究があり、合計で少なくともマイナス200人の被験者が関与した、とする「更年期障害の症状を軽減」の認証された結果を持っています。

効果を感じるまでに4-6週間かかります。

1970年以前、ヨーロッパでは、ブラックコホシュの1,465の臨床観察が14の記事で発表されていました。報告された主な効果は、のぼせ、過度の発汗、睡眠障害、うつ病および不安の減少でした。

米国の研究の結果、2002年の出版以来、大幅に増加しました。この試験では、エストロゲンとプロゲスチンによるプラセボまたはホルモン療法のいずれかを行っていた16,608人の女性が追跡されました。このホルモン療法により乳がんと冠状動脈性心臓病のリスクが高まったため、5年後に研究は中止されました。

そのため、ブラックコホシュは、最近までエストロゲン作用があると信じられていたため、乳がんの女性による使用が懸念されていました。最近のいくつかの実験的研究は、植物がそのような効果を持っているかどうかについて疑問を投げかけています。

2004年11月に国立補完代替医療センターが主催した会議で、ブラックコホシュにはエストロゲン作用がないと結論付けられました。むしろ、それはセロトニン受容体に作用します。さらに、400人の女性を対象に1年間実施された最近の研究で、参加者の子宮内膜に対するブラックコホシュ抽出物の効果を測定しました。ホルモン効果は観察されませんでした。これは、著者によると、ブラックコホシュが更年期障害の症状に対する効果的かつ安全な治療とみなされました。2007年に、統合と観察研究の著者は、乳がんを患った女性に危険をもたらさないと結論付けました。

結論は、ブラックコホシュは、ほてりや気分障害などの更年期の症状を、軽減するのに役立つことがあり、その有効性が残るの証拠を立証します。これらの同じ合成は、これらの研究の方法論的な弱点、特に使用される製剤の標準化の欠如を浮き彫りにします。ブラックコホシュは、いくつかの植物の混合物の成分にすぎない場合があります。一方、心理的症状など、測定された特定のパラメーターの主観性は、結果にかなりの程度の不確実性をもたらします。

ブラックコホシュを単独で使用した場合、観察された効果は研究間で異なります。それは効果がありません。

従来の治療法と比較して、ブラックコホシュはチボロン(ヨーロッパでは使用されているが北米では使用されていない治療法)または他のホルモン治療と同じくらい効果的であることが示されています。また、フルオキセチン(抗うつ薬)よりも効果的であることが示されました。

ブラックコホシュは、うつ病や不安神経症などの更年期障害に関連する気分障害を助けるために、セントジョンズワートと組み合わされることがあります。そのような混合物の有効性に関する三つの独立した研究は、それが可能に心理的なレベルではなく、物理的なレベルで更年期の症状の有意な減少を測定するために作られています。

当店では、ウーマン’sライフハーブティーが、ブラックコホシュとセントジョーンズワートをベースにした商品です。

ブラックコホシュのWHOモノグラフ

植物学

ブラックコホシュの根茎 。欧州薬局方によると、Actaea racemosa L. の乾燥した根と根茎全体または断片で構成され、含有量: グリチルリチン酸モノアンモニウムとして最低 1% のトリテルペングリコシド

主成分

シクロアルタン由来のトリテルペン ヘテロシド (サポノシド): アクテイン、27-デオキシアクテイン、シミシフゴシド、シミラセモシド AH; ヒドロキシケイ皮酸誘導体:カフェイン酸、フェルラ酸、イソフェルラ酸、フキノール酸、シミシフギン酸 A、B、E、F、少量の N-メチルセロトニン、微量のホルモノネチン。

薬理作用

1.更年期症状への効果:

ブラックコホシュの根茎は、伝統的に更年期症状の緩和など、さまざまな婦人科疾患の治療に使用されてきました. それは植物性エストロゲンの供給源と考えられていましたが、更年期症状へのその影響がエストロゲン受容体の活性化に関連していることは現在除外されています. 入手可能なデータによると、血管運動反応(のぼせ)に対するこのプラスの効果は、さまざまな神経伝達系(ドーパミン作動性、セロトニン作動性、およびノルアドレナリン作動性)に対する作用によって正当化でき、そのすべてがのぼせの発症に関与しています。 μオピオイド受容体と同様。

利用可能な臨床試験は、27-デオキシアクテイン含有量 (2 mg) に関して標準化された、薬物のイソプロパノール抽出物の血管運動反応に対するプラスの効果を示しています。

C. ラセモサのイソプロパノール抽出物の骨に対する骨吸収抑制能力、および骨芽細胞に対する刺激効果のin vitro証拠がいくつかあります。

2. その他の効果

アクテインは、単離されたラット大動脈におけるカルシウム侵入およびノルエピネフリン誘発性収縮に拮抗することが示されています。また、ウサギやイヌの降圧薬の効果を増強することも報告されています。

C. ラセモサのトリテルペン誘導体の一部は、LPS (リポ多糖) によって誘導される炎症誘発性サイトカインの形成を阻害します。

根と根茎に存在するさまざまなフェノール酸 には、降圧作用があります。

多数の in vitro研究により、さまざまながん細胞に対するアクテインの作用が明らかになりました。

適応症/推奨事項

のぼせ、多量の発汗、睡眠障害、神経過敏などの更年期症状の治療にブラック コホシュの根茎を使用することを承認しています。

欧州医薬品庁は、ブラック コホッシュ根茎の乾燥抽出物の「十分に確立された用途」として、ほてりや多量の発汗など、更年期に関連する軽度の自律神経障害の軽減を考慮しています。

コミッション E は、月経前症候群、月経困難症、および月経困難症と更年期障害に関連する神経栄養障害の治療にシミシフガ・ラセモサを使用することを承認しています。

閉経に伴う症状の治療におけるブラックコホシュ根茎製剤の有効性と安全性は、約 12,000 人の患者が参加した 30 以上の臨床研究で検証されています。この効果は、黄体形成ホルモン放出ホルモン (LHRH-α) 類似体によって誘発された更年期乳がんの閉経前および閉経周辺期の患者を対象とした無作為対照試験でも観察されています。チボロンと同様の有効性は、子宮筋腫のサイズの縮小および子宮内膜症の治療においても示されています。一部の著者は、例えば、乳がん再発の予防。

用法・用量

標準化されたアルコール抽出物 (40% イソプロパノールまたは 40-60% エタノール) または同等の製剤の 40-140 mg/日の薬物に相当する投与量。

禁忌

薬物過敏症
C. ラセモサは、黄体形成ホルモン (LH) に影響を与える可能性があるため、18 歳までの子供および青年には禁忌です。
妊娠中および授乳中の安全性に関するデータは不十分です.
エストロゲン療法を受けている患者、またはホルモン依存性腫瘍を患っている患者は、医師の監督下でのみブラックコホシュ製剤を服用する必要があります.

副作用

患者の 93% に副作用がなく、良好な忍容性が観察され、無制限の治療期間が可能です。

一部の患者では、治療開始時に胃腸の問題が報告されています(消化不良、吐き気、嘔吐)。時折、特に高用量の抽出物を使用すると、多量の発汗、めまい、頭痛、高血圧または低血圧、月経量の増加、心拍数の変化 (動悸、洞性徐脈、洞性頻脈、または心拍数の減少) が観察されることがあります。 、落ち着きのなさおよび視覚障害(かすみ目)。発疹のようなアレルギー反応はごくまれに発生します。

予防

実験的研究では、毒性、変異原性、発がん性、または催奇形性の影響がないことが示されています。

降圧効果の可能性があるため、降圧治療を受けている患者には注意して使用し、手術の2〜3週間前に投与を中止する必要があります.

乳がん患者にブラックコホシュを使用することについてはコンセンサスが得られていないため、医師の監督下での使用が推奨されています.

ラセモサ製剤の摂取と肝障害の出現との間に因果関係はないことが最新のデータで示されていますが、肝機能が変化している患者への投与は推奨されず、相談する必要があります。肝疾患を示唆する症状が現れた場合(疲労、食欲不振、黄疸、または嘔吐と下痢または血尿を伴う心窩部痛)。

妊娠中および授乳中の使用の安全性は確立されていません。

ブラックコホシュに関するコラム

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
? 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
? 明るい場所
? 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
? 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ