リンデンの収穫

コラム

リンデンの木は、高さ30メートルに達し、200年も生きる美しい落葉樹。5月から6月にかけて開花すると素晴らしい香りが広範囲に広がり、ミツバチたちの楽しみとなります。リンデンには心地よい甘みと体に役立つ成分がたくさんあります。

Lindenflower

リンデンの花や葉のピッキングには正確さと忍耐力が必要です。集めるための枝を切る人たちと、しばしば輪になって地面から枝を拾う人たちの間の作業の正確な連携。枝上の苞と葉の構成に応じて、収集するさまざまな品種に適応した非常に正確な動作を行う必要があります。
仕事は早朝から始まり、一日中続くため、持久力が必要です。急いで行かなければならないため、休憩はめったにありません。リンデンはすぐに変化してしまいます。特に雨が降ると、花はすぐに果物に変わります。
Lindenflower

花は、光から保護された換気の良い場所で乾燥させる必要があります。カビが生えないように定期的に裏返す必要があります。
Lindenflower

オーガニック派の人は、グレードが下がる危険性があるため、化学処理されていない健康的な素材を使用した乾燥機を選択するように注意する必要があります。有機栽培されたリンデンの木では、収穫者や貿易業者は手段を要求されるだけでなく、結果も要求されます。審査に提出されるリンデンには、農薬や炭化水素の痕跡が認められないものでなければなりません。

春から秋まで、乾燥していないリンデンの葉はサラダに入れたり、ブドウの葉のように巻いて食べたりできます。乾燥した花は、ハーブティーに含まれる鎮静作用でよく知られています。 果実はケッパーのようにピクルスに加工できます。その小さな果実には脂質が豊富な種子が含まれています。たんぱく質を25%含む葉は、細かくして他の粉と混ぜてパンやパンケーキ、さらにはソースを作るのにも使えます。

リンデン 自然農法
リンデン バイオダイナミック有機

Don`t copy text!