デージーオイルの作り方

誰もが小さな花を知っていますが、デージーの可能性のある多くの利用方法についてあまり知られてません。ビタミンAとC、多くのタンニン、苦みとぬるぬる物質やミネラル、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウムが、小さな怪我だけでなく、発疹やシミに内部と外部から助けることができる重要な要素を提供しています。北部のアルニカと呼ばれています。
アルニカは、ハーブですが、医薬品原料認定されているため、どのような用途であれ一般販売ができません。扱いは製薬会社のみとなります。

デージーは牧草地ではほとんどどこでもそれを見つけることができ、春から晩秋にかけて使うことができます。多くの用途の1つに、フラワーヘッドのオイルエキスがあります。これは簡単に自分で作ることができます。

デージーオイルの塗布

デージーオイル抽出物は特に外部から適用される奇跡の働きをします。例えば、小さな創傷や切れ目の場合、皮膚に少しつけるだけで、すぐに痛みが緩和され、創傷が薄くなることがあります。油に浸された布で、患部を一日に数回拭くだけです。

デージーに含まれるタンニンや苦い物質は、皮膚をより滑らかにし、傷つきやすい部分の通常のオイルマッサージは、皮膚のひび割れに対処するのに役立ちます。

また、皮膚洗浄のためのオイルとして使用することができます。乾燥した肌に油を慎重にこすります。そして湿った布で拭き取る。スキンケアの場合、オイルは濡れた皮膚に塗布され、穏やかに吸い取られます。含まれているタンニンと苦味物質は、細菌や真菌への感受性を減らし、不純物や乾燥を防ぐのに役立ちます。したがって、デージーからのオイルは、にきび、湿疹を助けることさえできます。

デージーオイルを作る

癒しのデージーオイルに必要なのは、新しく集めたデージーの花と適切なベースオイルです。このレシピでは、特にビタミンが豊富なシスルオイルを使用しています。

1.デージー・フラワーを集めてしばらくの間、花の中に隠れている虫が逃げるようにする。

2.デージーを密閉容器にいれ、油を注ぎ、すべての植物部分を覆う。

3.鍋に水と2の容器に入れ、穏やかに加熱する。活性成分は、約40℃の温度で溶解される。

4.約90〜120分寝かせる。(60〜80℃で60分で十分)

5.その後、熱を取り除き、さらに1〜3日間放置し、室温で放置する。

6.フィルタで濾過し、遮光性のビンにつめかえてできあがり。

自家製のデージーオイルの耐久性は、ベースオイルの元の有効期限に基づいています。

あなたはデージー軟膏 やクリームのために油を使用し続けたい場合は、軟膏に使用される蜜蝋がこの温度でのみ溶けるので、オイルは後でそれに応じて加熱する必要がありますので、自信を持って60℃まで加熱することができます。

 

アレンジ

ベースオイルを選択する際には、最終製品のどの特性が重要かを検討する必要があります。例えば、ヒマワリ油は、オリーブ油ほどの有効期間はなく、比較的強いにおいのために、場合によっては避けた方がよいでしょう。

特に、健康食品店、健康食品店またはオンラインで見つけることができるホホバ油は、特に芳香に中立で、皮膚に優しいです。アーモンド油およびアルガン油はまた、特に皮膚に優しいことが知られています。あなたのお肌に最適なオイルを試してみるのに最適な方法です。

 ベースオイルに加えて、エッセンシャルオイルを数滴、あなたのデージーオイルに追加することができます。