全商品 

トゥルシー クリシュナ バイオダイナミック有機 Ocimum Tenuiflorum 葉 カット インド産

呼吸器系・脳内ドーパミン・活力

トゥルシー クリシュナ バイオダイナミック有機 Ocimum Tenuiflorum 葉 カット インド産

バイオダイナミック有機農法  オーガニック

トゥルシー(トゥルシー クリシュナ) Ocimum Tenuiflorum シソ科 葉茎
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: インド
原材料: バイオダイナミック有機
主な成分: オイゲノール 4.90% ロスマリン酸 10.47%

・ 脳内ドーパミン活性化
・ 喉の感染症、呼吸器疾患
・ 強力な抗酸化作用

バイオダイナミック有機のトゥルシーは、本年在庫がなくなりますと、翌年収穫まで販売はございません。

¥1,320

*

トゥルシー クリシュナ

トゥルシー(トゥルシー クリシュナ) Ocimum Tenuiflorum シソ科 葉茎
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: インド
原材料: バイオダイナミック有機
主な成分: オイゲノール 4.90% ロスマリン酸 10.47%

アーユルヴェーダ医学の普遍的な治療法であるこの「聖なるバジル」は、インド原産。呼吸器系に対する有益な効果により、季節の変わり目を穏やかに案内する植物として選ばれています。

紫葉バジルとしても知られるクリシュナ トゥルシーは、クリシュナ神の肌の色が濃いため、紫の葉からその名前が付けられました。 クリシュナ トゥルシーは、ほのかにスパイシーでコショウのような味、そしてバジル、ミント、シナモンを思わせる土のような香りでも知られています。

トゥルシー クリシュナは、脳内ドーパミン活性化、喉の感染症、呼吸器疾患、鼻の病変、耳の感染症、皮膚疾患の治療にも使用されます。

クリシュナは伝統的なアーユルヴェーダ医学で使用され、健康に錬金術をもたらす「不老不死の万能薬」と考えられています。

葉で作られたお茶は味が良く、体、心、精神に穏やかな刺激を与えます。肉体的および精神的な持久力を強化し、血流への酸素と栄養素の同化を高めます。

強力な抗酸化作用は老化プロセスを遅らせ、がん、心臓病、関節炎、糖尿病、認知症の予防と治療に役立ちます。

血圧とコレステロール値の両方を正常化し、咳、風邪、インフルエンザ、発熱を克服し、消化を助けます。

トゥルシー クリシュナは体を温め、防腐作用があり、細菌感染を除去し、免疫システムを強化し、強壮作用と適応促進作用があると考えられています。

トゥルシー クリシュナは、コーヒーをやめるための優れたウェルネスドリンクです。

トゥルシーは、ホメオスタシスを維持し、ストレスや副腎疲労/機能不全の影響と戦うのに役立つだけでなく、甲状腺機能低下症、血糖値のバランスの崩れ、座瘡、風邪の症状を軽減するのに役立つことでよく知られています。

トゥルシーはまた、放射線治療によるダメージを最小限に抑えながらホルモンレベルのバランスを自然に保ち、不安症状の管理に役立つだけでなく、産業汚染物質、重金属、物理的ストレス、さらには放射線中毒などの要因によって引き起こされる化学的ストレスから体を守るようです。 ビタミンKが豊富で、ストレスの影響と戦うことで炎症、副鼻腔の圧力、筋肉の緊張を和らげる能力があるため、片頭痛の痛みを和らげるのに役立つ自然な頭痛薬と考えられています。

薬物相互作用

トゥルシーの作用はかなり強いため、薬をすでに飲んでいる人は避けてください。

血圧の薬 : トゥルシーは血圧を下げる効果があることが証明されています。
マイクロジド(ヒドロクロロチアジド)のような抗高血圧薬との相加効果がある可能性があります。血圧が低すぎると、めまいがしたり、気が遠くなったりすることがあります。

血液をサラサラにする薬:動物実験では、トゥルシーは血液凝固時間を遅らせました。
止血に時間がかかるため、出血も長くなる可能性があります。これは、トゥルシーがクマジン(ワルファリン)などの他の血液希釈剤と相互作用する可能性があることを意味します。

コレステロールの薬:トゥルシーにはコレステロール低下作用があります。
リピトール(アトルバスタチン)などのコレステロール低下薬の副作用が増したり、相加的に作用する可能性があります。

糖尿病治療薬:トゥルシーには血糖値を下げる効果があります。
糖尿病治療薬との相加作用がある可能性があります。血糖値が低すぎると、過度の疲労感、錯乱、発汗などの症状が現れることがあります。

免疫サポート薬:トゥルシーは免疫系に作用する可能性があるため、ヒュミラ(アダリムマブ)など他の類似薬との併用には注意が必要です。
ヒュミラは自己免疫疾患の治療薬で、体が誤って体の一部を攻撃してしまうような場合に使用します。

リラックス剤:トゥルシーを飲むと、気持ちが落ち着くかもしれません。
アンビエン(ゾルピデム)のような睡眠導入剤など、同様の作用を持つ他の薬の副作用が強まる可能性がある。

トゥルシーに関するコラム

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
・高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
・明るい場所
・光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
・冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。
Don`t copy text!