フレンチローズ オーガニック Rosa gallica 花びら フランス産

精神的ストレス 

フレンチローズ オーガニック Rosa gallica 花びら フランス産

繊細なフローラルローズの香り・口やのどの軽度の炎症

¥585

ローズは鎮静剤として作用し、神経系を落ち着かせリラックスさせ、感情的および肉体的緊張を和らげます。
ほか、軽い下剤としてもよく使われます。

ローズの花びらからジャムを作ることができます。

フレンチローズ

フレンチローズ Rosa gallica バラ科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: フランス
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

ローズは、神経系を落ち着かせてリラックスさせる神経の働きをし、感情的および肉体的な緊張を和らげる器官としての心臓に特に影響を与えます。

ローズには特に収斂作用があり、これがこのハーブが体内で作用する主な仕組みの1つです。組織や粘膜を引き締めて収斂させるため、過剰な体液の産生や発汗に関連する症状に特に役立ちます。ローズには、内外に使用すると自然に冷却効果と抗炎症効果があり、暑くて炎症を起こした状態に適しています。

タイトル
コンテンツ
薔薇の健康上のメリット

神経系

ローズは、心を落ち着かせる効果があるため、特に興奮、動悸、緊張性頭痛を特徴とする神経性うつ病や不安症に役立ちます。

バラについて瞑想すると、その健全な境界がはっきりとわかります。それは、オープンでありながら守られた、柔らかくも強い心です。バラと悲しみとのつながりは、葬儀や死者への敬意を表す象徴として使われていた古代にまで遡ることができます。今日、バラは元気な心を落ち着かせて開くために、また自己愛の欠如、脆弱性、失恋、悲しみ、感情的なショック、うつ病によく使われています。これらの特性は、バラの芳香性揮発性オイルによるところが大きいと考えられます。

アーユルヴェーダでは、ローズは知性を高める力があると考えられており、心と精神を落ち着かせる効果があることが知られています。神経を養うために使用され、うつ病や不安を管理するために長期的に使用できることに注意してください。

婦人系

ローズは過剰な月経出血、膣感染症、炎症に適応​​されます。子宮と血液から熱を取り除き、月経困難症、子宮出血、子宮内膜症、子宮筋腫に使用されます。また、イライラ、感情的過敏症、熱に関連するPMS症状を軽減し、性欲と生殖能力を高めるのにも役立ちます。

ローズは、特に中国医学とアーユルヴェーダにおいて、生殖機能の回復剤としての働きが評価されています。どちらの伝統でも、ローズは精液の生成、性欲、生殖能力を高め、月経周期の不調に対処するために使用されています。

月経周期の調整に関するこの適応症は、少なくともルネッサンス期まで遡り、おそらくはそれよりずっと前から西洋の伝統にも見られます。パーキンソンとカルペパーは、乾燥して粉末にしたバラを水やワインに浸したものが「女性の月経周期維持」に役立ったと述べています。アーユルヴェーダでは、バラは生殖強壮剤としてシャタバリと組み合わせられることが多く、月経周期の調整にはベニバナやハイビスカスと組み合わせられます。

西洋の薬草学では、ローズは子宮収斂剤として一般的に使用され、月経過多、産後の出血、子宮脱に効果があります。また、産後や膣の刺激や炎症の際の座浴処方にもよく加えられています。これらの特性は、ローズに含まれるタンニンによるものと考えられます。

皮膚

バラは炎症性および化膿性の皮膚疾患に使用されます。湿疹、乾癬、蕁麻疹、かゆみ、刺激。

収斂性

ローズの収斂性と冷却効果により、潰瘍、炎症、胃酸過多、腸炎、胸やけの治療に優れています。渋みがあるので下痢にも効果があります。バラは脂肪の代謝を助け、コレステロールのバランスが崩れている場合などに血中脂質レベルを下げるのに役立ちます。

成分
揮発性油(例:シトロネロール、ゲラニオール、オイゲノール、ミルセン)、タンニン、フェノール化合物(例:ケルセチン、ケンフェロール、フラボノイド)、β-シトステロール、多糖類、有機酸(例:リンゴ酸、酒石酸)、サポニン、樹脂
作用
収斂剤、抗炎症剤、鎮静剤、抗うつ剤、媚薬、駆風剤、冷却剤
安全性
バラは一般的に安全だと考えられています。バラの花びらにはタンニンが含まれているため、鉄分やアルカロイドの腸管吸収を低下させる可能性があります。鉄分欠乏症の方やアルカロイドを含む医薬品を服用している方は注意が必要です。
Don`t copy text!