シスル / ミルクシスル シード
EUオーガニック

* - NEW - *

Silybum marianum キク科 種子
収穫地 イタリア
EU オーガニック

¥1,500 税別

解除

ミルクシスルの主な働き

ミルクシスルは、日本では、種子だけの販売が多く見受けられますね。

このハーブの種子は、血圧を上昇させ、手術後や降圧時に最適な部位。

フランスなどヨーロッパでは、シスルは種子を含む全草タイプも使います。

それは、ヨーロッパとWHOは、シスルに消化不良に対する効果を認めていて、古くから利用されていますが、アメリカのほうでは、いまだ、胃腸に関するその認識はありません。

次のような作用があります。

1.食欲を刺激、強化する。

2.肝臓と脾臓の障害を和らげ、痛みを和らげ、小胞の腸内輸送麻痺を促進する。

3.太陽神経叢のバランス調整を行う。そのことにより胃が活性化する。

4.様々な出血、血尿、繊維性出血性痔、胆石を伴う閉経障害と戦ってくれます。

シスルの様々な研究

欧州委員会Eは、1989年に肝臓中毒を治療するために70%のシリマリンに標準化された抽出物の使用と、補助的な肝炎および肝硬変の使用を承認しました。

2002年、WHOは実質的に同じ用途を認めました。

いくつかの予備試験、ミルクシスルは免疫調節効果を有します。このタイプのさらなる研究は、シリマリンが様々なタイプの癌の予防または闘いを助ける可能性があることを示唆しています。

ヨーロッパでのシスル事情

ヨーロッパに住む人々は、ミルクシスルにシリマリンが含まれていることは、最も強力な肝保護物質の1つであると一般的に考えています。

従来の医薬でさえ、肝臓に関連する様々な障害(肝炎、肝硬変、胆石、黄疸(黄疸)および肝毒性障害)の予防および治療に使用されているのです。

シリマリンは、実際にそれを使用する臨床医の意見では、天然毒素(キノコ、ヘビ咬傷、虫刺され、アルコールなど)または合成(洗剤)などの影響から臓器を保護します。