ジュニパベリー オーガニック Juniperus conumunis 実 ポルトガル産

ハーブ&スパイス原材料 

尿の排水・消化

ジュニパベリー オーガニック Juniperus conumunis 実 ポルトガル産

¥400¥1,500

オーガニック

ジュニパベリー

ジュニパベリー Juniperus conumunis ヒノキ科 実
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ポルトガル
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

ジュニパーベリーは伝統的に、体を「解毒」し、健康的な消化と皮膚の健康を促進するために使用されてきました。そして、結果は間違いなくすべての逸話ではありません。ジュニパーベリーの信じられないほどの抗酸化作用と抗菌作用を反映した研究は数多くあります。

ジュニパの特性

古いゲルマンの墓で、考古学者は故人の墓に置かれていたジュニパーの枝を発見しました。ジュニパースティックは、ジュニパーを生命と健康の木と見なしたゲルマン部族の儀式的な犠牲の火にも使用されました。植物の周りで育った迷信は、中世後期に特に強かった。オーバーバイエルンの18世紀でも、バターをかき混ぜるために使用されたスプーンは、準備中に悪霊が遠ざかるように、ジュニパーの木から彫られなければなりませんでした。一般的に、ジュニパーは一般的に魔女、悪魔、そして不幸に対する効果的な救済策でした。

しかし、迷信とカルトに加えて、この植物は古くから利尿剤として医師の間で知られています。これは、ヒポクラテス、ディオスクリデス、ガレン、その他のヒーラーの記録から明らかです。後に薬が魔法や迷信と混ざり始めたとき、ジュニパーは究極の治療法と見なされ、とりわけペストに対しても使用されました。19世紀には、ジュニパーが感染症の効果的な治療法であると広く信じられていました。当時、病室はジュニパーウッドとジュニパーベリーで燻製されていました。Reckholder、Kranewett、Stechbaumとしても知られているジュニパーの流通エリア、ドイツでは、低地の荒野や湿原から、低山地帯の乾燥した斜面、高アルプスの不毛の土壌までさまざまです。光に飢えた低木のサイズは、気候と土壌条件によって異なります。

ジュニパーベリーの健康上のメリット

ジュニパーベリーの成分

ジュニパーベリーの薬効は、主に含まれているエッセンシャルオイルによって引き起こされます。特に重要なのは、腎臓組織を刺激する可能性のある精油成分のテルピネン-4-オールです。この刺激効果は、臓器への血液の供給が良くなり、尿がより迅速に排泄されることを意味します(排水効果)。

テルピネン-4-オールは、他のエッセンシャルオイル、特にα-ピネンとβ-ピネン、およびそれに含まれる苦味物質とともに、胃液分泌を増加させ、消化を促進することが示されています。同時に、エッセンシャルオイルは平滑筋に作用し、臓器を「リラックス」させます。

消化管に対する消化器の影響

ジュニパーベリーには、消化管に消化作用があることが示されている精油が豊富に含まれています。それらは局所的に刺激的で血液循環を促進する効果があります。ジュニパーベリーのエッセンシャルオイルが胃に入ると、胃粘膜の刺激が鼓腸放出効果を反射的に引き起こし、胃液がますます生成されます。このプロセスの結果の1つは、食欲の増加です。さらに、腸が動き始め、消化が全体的に増加する理由です。

しかし、ジュニパーベリーはさらに多くのことができます。ジュニパーベリーは、胃腸のけいれんを起こしやすい人のための食品の調味料としても特に適しています。主にエッセンシャルオイルは、器官の筋肉(腸など)に直接影響するため、神経伝達に影響します。その結果、臓器はリラックスし、消化しにくい食物の問題が少なくなります。

尿路疾患での使用

尿の問題に対するジュニパーベリーの使用多くの賛否両論で議論されました。1980年代であっても、排水と灌漑療法にジュニパーベリーを使用することは推奨されませんでした。それに含まれるエッセンシャルオイルは腎臓を損傷する可能性があると考えられていました。1990年代には、ジュニパーベリーの有害な影響について非常に慎重に検査されました。意図した摂取量(1日2-10g)の摂取では、腎障害の影響を確認できませんでした。したがって、ジュニパーベリーは1997年以来、医療用途に公式に推奨されています。作用のメカニズムは、テルピネン-4-オールと呼ばれる含まれているエッセンシャルオイルに基づいています。テルピネン-4-オールは、腎臓組織(腎実質)を損傷することなく刺激します。この刺激作用により、腎臓への血流が改善されます。このプロセスは、尿をより速くろ過して排泄します。したがって、血液の循環を促進することによって、排水(水生)効果が純粋にもたらされます。

酸化ストレスを和らげ、病気の予防

ジュニパーベリーの主な利点の1つは、ジュニパーベリーに含まれる抗酸化物質です。抗酸化物質は、システム内のフリーラジカルが多すぎることによって引き起こされる酸化ストレスを緩和するため、体が病気を予防して戦うのに役立ちます。

ジュニパーベリーには、バイオフラボノイドまたはフラボノイドとして知られるポリフェノール化合物が含まれています。これらの化合物は、果物や野菜(および他のいくつかの食品)に抗酸化物質の負荷を与えるものです。特に、ある化学的評価によると、ジュニパーベリーには87種類の抗酸化化合物が含まれています。これらの化合物は、熟していない品種よりも熟したベリーでより頻繁に発生するようです。

おそらく最も重要なのは、体内の3つの非常に重要な抗酸化物質、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼの活性がジュニパーベリーによって促進されることです。

SODの問題は、ALS、ダウン症、癌、肺の問題に関連しています。カタラーゼとSODはどちらも体内の過酸化物による損傷から保護しますが、グルタチオンペルオキシダーゼは同じことを行い、癌と心臓病の予防と治療に役立ちます。

糖尿病の食事療法計画の一部として

ジュニパーベリーと糖尿病の治療を結びつける研究は、実験室と動物実験に限定されています。しかし、最初の結果は有望なようです。エタノール抽出物とジュニパーベリーのお茶は、糖尿病ラットの高血糖を減らす可能性があるようです。

ジュニパーベリーのエッセンシャルオイルも、動物の体が生成するマロンジアルデヒドの量を制限しているようです。糖尿病におけるマロンジアルデヒドの役割は完全には理解されていませんが、その濃度は糖尿病(および癌)の人々ではるかに高くなっています。

ジュニパーベリーのWHOモノグラフ

薬用部位

JuniperuscommunisLの成熟した乾燥した実

主成分

ガルブロス

薬理作用

利尿薬および尿の消毒薬として最も高い評価を得ている。α-トコフェロールよりも優れた抗酸化効果があります。

適応症/推奨事項

軽度の尿路状態の治療の補助としての尿路の洗浄。消化不良および鼓腸。

投与量/使用方法

-注入:水150 mLに2-3 gの小球、1日3-4回(成人)
4週間を超える治療は医師が管理する必要があります。

禁忌

妊娠、授乳(安全性が確立されていない)、腎臓の状態。重篤な心臓病など。

注意事項

ジュニパー腺の治療的使用に関連する毒性作用は報告されていません。
ジュニパーフルーツ製品は、糖尿病患者の血糖値に影響を与える可能性があります。
アレルギー性皮膚反応が報告されています。
いくつかの植物療法のテキストでは、ジュニパー腺は腎毒性があると述べられています。腎内皮の刺激作用の説明は、テレビン油で混ぜ合わされたジュニパー精油の使用によるものと思われるため、ハーブティーや料理での使用では報告なし。
高血圧の場合には、バスタイムでエッセンシャルオイルを使用することはお勧めできません。

ジュニパーベリーに関するコラム

 

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
? 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
? 明るい場所
? 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
? 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ