エキナセア アングスティフォリア オーガニック Echinacea Angustifolia 根 カット ドイツ産

風邪の予防と治療

エキナセア アングスティフォリア オーガニック Echinacea Angustifolia 根 カット ドイツ産

オーガニック

風邪の緩和をサポートする治療に向いているエキナセア。
根には エキナセアパープレア にはないエキナコシドが含まれています。
それは、免疫機能を活性化し強化+抗菌活性や抗ウィルス活性を高め、主成分で0.5%以上含まれています。

・ 免疫機能を活性化し強化+抗菌活性や抗ウィルス活性を高めるエキナコシドが主成分で0.5%以上
・ ウイルス起源の感染症に
・ 鼻および気管支のカタル状態に

エキナセア アングスティフォリアの野生種は、絶滅危惧種に認定されています。
栽培でしか私たちは利用できません。
また、成長も困難であり、さらに2年目以降の根を収穫するため、希少ハーブの1つです。

¥563

*
Ukorganic

エキナセア アングスティフォリア 根

エキナセア アングスティフォリア 根 Echinacea Angustifolia キク科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ドイツ
原材料: EU オーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定
性質: 苦味、辛味、冷却

風邪の緩和をサポートする治療に向いているエキナセア。
根には エキナセアパープレア にはないエキナコシドが含まれています。
それは、免疫機能を活性化し強化+抗菌活性や抗ウィルス活性を高め、主成分で0.5%以上含まれています。

エキナセア・アングスティフォリア根とは
免疫機能を活性化し強化+抗菌活性や抗ウィルス活性を高めるエキナコシドが主成分で0.5%以上。

エキナセア・アングスティフォリアは、北米のトールグラスプレーリーに見られる美しい草本の多年草です。それはデイジーファミリーのメンバーであり(キク科またはキク科、APG III、2009年)、蝶や在来のハチを含む幅広い花粉交配者を引き付ける魅力的な花頭を持っています。個体群は通常、6月から8月までの夏に開花します。

歴史的に、エキナセア・アングスティフォリアは、ネイティブアメリカンによって最も広く使用されている薬用植物であり、今日でも伝統医学で使用されています。風邪、歯痛、ヘビ咬傷、鎮痛剤として使用されます。

抗ウイルス効果があり、白血球の産生を刺激することが示されています。風邪の症状を和らげ、傷の治癒を助ける製品として販売されています。上気道感染症の治療におけるエキナセア製剤の有効性については論争が続いており、この分野での研究が続けられています。

エキナセア・アングスティフォリア根 の 効果

気管支のカタルに

エキナセア・アングスティフォリアは、鼻および気管支のカタル状態、および白帯下で正当に評価されます。これらはすべて、悪臭を放つ分泌物を伴うシステムの荒廃状態があり、特に湿疹性および痒みのあるタイプの皮膚の発疹に関連することがよくあります。慢性カタル性気管支炎および悪臭性気管支炎は、それが有益に使用されてきた障害であり、肺結核の不快なカタル性合併症のいくつかを改善し、特に「グラインダーの消費」として知られるその形態でより容易な喀痰を与えると言われています。 一般的な鼻と気管支のカタルに苦しんでいる患者は、他の障害のために薬を服用しているときにエキナセア・アングスティフォリアによって大幅に改善されています。 その刺激性、支持性、防腐性は、特に衰弱と一般的な組織の堕落がカタルと共存している場合、エキナセア・アングスティフォリアをそのような障害の合理的な治療法にします。

抗不安薬として

アルカミド化合物は中枢神経系にも作用する可能性があります。カンナビノイド受容体に対する特定のアルカミドの効果は以前に確認されており、エキナセアアルカミドの場合、これらが脳血液関門を通過できることが示されています。これらの前臨床所見の治療的関連性は、62人の身体的に健康なボランティアの参加を得て実施された最近発表された臨床試験で研究されました。参加者は、80 mgのエキナセア抽出物(DER = 1:8、アルカミドを1-1.5%含むように標準化)またはプラセボのいずれかを1週間受け取りました。でエキナセアグループでは、状態不安スコアは、プラセボグループのわずか3ポイントと比較して、7日後に約11ポイント減少しました。この効果は、3週間の長いウォッシュアウト期間が終了するまで維持されました。副作用はプラセボ群でのみ観察されました。

WHOモノグラフ
薬用部位

Echinacea angustifolia の地下、全体、または切り刻まれた部分で構成され、乾燥薬に関して、エキナコシドの最小含有量は0.5%。

主成分

カフェイン酸の誘導体、特にエキナコシド(1.0-1.4%)、シナリン(0.12-0.14%)およびクロロゲン酸。アルキルアミド(0.01から0.5パーセント)

薬理作用

経口または非経口投与されたエキナセア製剤は免疫系に作用し、食作用の刺激、サイトカイン産生の誘導、リンパ球増殖の刺激、とりわけ、プロスタグランジンおよびロイコトリエンの合成、およびヒアルロニダーゼの阻害。これらの効果は、いくつかの成分、特に多糖類と糖タンパク質、アルキルアミドとチコール酸の活性の組み合わせの結果です。
これはすべて、ウイルスの増殖と炎症誘発性サイトカインの分泌を阻害することにより、風邪やインフルエンザの症状、そしておそらく他の呼吸器疾患を軽減するためのエキナセア製剤の使用をサポートします。

一部の抽出物は、創傷治癒、抗酸化、抗菌および抗真菌活性を示しています。

適応症/推奨事項

ウイルス起源の感染症(主に一般的な風邪やインフルエンザ)の予防と治療。
再発性呼吸器感染症の治療および予防におけるアジュバントとして。
風邪のための支持療法として、またシミや黒ずみの救済のために起因する軽度のにきびに。

投与量/使用方法

煎じ薬:湯150mL中のハーブ1gを、1日3回。
パウダー:250-500 mg、1日3回まで。
治療は初期の風邪症状から始め、10日以上続くべきではありません。
12歳未満の子供にエキナセア製剤の使用を推奨するには文書が不十分

禁忌

免疫刺激効果のために、自己免疫疾患、免疫不全、免疫抑制治療、または白血球の増加を伴う状態の場合には、エキナセアを含む製品を使用しないことをお勧めします。
アレルギー傾向がある場合、非経口使用は推奨されません。
アトピー性の患者は、アナフィラキシー反応のリスクがあるため、エキナセア製剤による治療を開始する前に医師に相談する必要があります。

副作用

非経口的に、用量に応じて、エキナセア製剤は、短命の熱性反応、吐き気および嘔吐を引き起こす可能性があります。経口的に、副作用は報告されていません。アレルギー反応は、敏感な人に局所的に、ごくまれに現れることがあります。
8週間以上の治療では、白血球減少症が現れる可能性があることが報告されています。

相互作用

慢性疾患の場合および多剤併用患者の場合、医学的監督なしに新しい治療法を含めるべきではありません。

エキナセアの相乗効果

抗炎症作用のある甘い風味のエルダーフラワーと、ビタミンC豊富な酸味のローズヒップのブレンドは、薬効にすぐれたハーブティーです。

Don`t copy text!