全商品 

バードック オーガニック Arctium Lappa 根 カット スペイン産

利尿・食欲促進・解毒抗菌

バードック オーガニック Arctium Lappa 根 カット スペイン産

オーガニック

Ukorganic

バードック Arctium Lappa キク科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: スペイン
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定
性質: 苦味、甘味、冷却、粘液質
・ 体液のうっ血を軽減し、排尿時の不快感を和らげる利尿剤
・ 苦い消化剤
・ 湿疹やその他の皮膚疾患がある場合の解毒療法

¥640

*

バードック

バードック Arctium Lappa キク科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: スペイン
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定
性質: 苦味、甘味、冷却、粘液質

  • 体液のうっ血を軽減し、排尿時の不快感を和らげる利尿剤
  • 苦い消化剤
  • 湿疹やその他の皮膚疾患がある場合の解毒療法
バードックの植物学
バードックは、北アジアとヨーロッパに自生するキク科(デイジー)科の二年生植物の属です。日本ではごぼうと呼ばれ、野菜として栽培されています。

バードックには大きなハート型の葉と鮮やかなピンクレッドからパープルのアザミのような花があります。また、衣類や動物の毛皮に付着する可能性のあるバリもあります。ごぼうの深い根は、外側が茶色がかった緑色またはほぼ黒色です。

バードックは細くて茶色の肌の根菜で、通常は60cnほどの長さに成長します。それは主に炭水化物、揮発性油、植物ステロール、タンニン、脂肪油で構成されています。

ごぼうは、アジアとヨーロッパ、そして最近では北米で何千年もの間使用されてきました。日本では、それは主に消費される野菜であり、通常は新鮮に食べられるか、調理されます。若い葉は他の野菜と同じように調理することもできます。

では伝統的な中国医学、ゴボウの果実は何千年もの間、継続的に使用されてきました。これは通常、肺と胃の経絡に関連しており、内部の熱を冷やすことが知られており、皮膚の健康をサポートするために一般的に使用されます。ヨーロッパの民間療法では、種子の注入が利尿剤としてしばしば採用され、消化と排泄のプロセスをサポートすることによって健康を高めました。

バードックの健康上のメリット

天然利尿

利尿剤は腎臓を刺激し、体が余分な水分、主に水とナトリウムを取り除くのを助けます。バードックは天然の利尿剤であるため、バードックを摂取することで、尿量を増やして体が余分な水分を取り除くのを自然かつ簡単に助けることができます。バードックは排尿率を上げることで、血液や体から老廃物を取り除くのに役立ちます。

体液貯留に問題がある場合は、処方薬に頼る前にバードックを試すことについて医師に相談する必要があります。

食欲不振

苦味が、食欲を刺激し、腸の機能をサポートします。
バードックは、神経性食欲不振症に対する食欲増進剤として適応されています。

発汗作用

リンパ系の動きをサポートする穏やかな発汗剤(発汗誘発剤)で、クレンザーまたは浄化剤としての効果を説明するのに役立ち、有害な毒素を体から除去する可能性があります。バードックは、リンパ系の動きを刺激するために薬草医によってよく使用されます。

代謝と炎症

バードックは、健康的な血糖値を維持するために他のハーブをサポートするという評判があります。

スキンケア

バードックを含む局所用製品は、長年にわたって厄介な皮膚の問題からの救済を提供してきました。 にきび湿疹と乾癬に、バードックは、これらの一般的な皮膚の問題を落ち着かと癒すことが知られています。バードックの消費はまた、その血液浄化と内部冷却能力を通じて、皮膚の問題を抱えている多くの人々を助けてきました。

科学的研究は、バードック抽出物が老化した皮膚の臨床的兆候を改善することさえできることを示しました。2008年のある研究では、バードック抽出物による局所治療が真皮の細胞外マトリックスの代謝を大幅に改善し、目に見えるしわの減少につながることが示されました。

当然のことながら、バードックはスキンケア製品、特に成熟した乾燥肌にますます使用される可能性があります。

禁忌
キク科(デイジー)科の植物に対するアレルギーが知られている場所では使用しないでください。
妊婦または妊娠を計画している女性は、ごぼうを避けた方がよいでしょう。
インスリンが必要な糖尿病の患者。

妊婦授乳中の女性赤ちゃん6歳以下

バードックのWHOモノグラフ

薬用部位

Arctium Lappa地下部

主成分

約70%の炭水化物、主にイヌリン(30-50%)と粘液

苦いセスキテルペンラクトン(アルクチオピクリンを含む)
リグナン(例:アルクチゲニンおよびその配糖体アークチイン、ネオアルクチン A および B、アルクチグナン D および E、ラパオール A、C、および H)
イヌリンとペクチン多糖類
フィトステロール(ダウコステロールおよびB-シトステロールを含む)
アルクチノン、アルクチノール、アルクチナール、北極酸を含むアセチレン
カフェオイルキナ酸、クロロゲン酸、ヒドロキシ桂皮酸
トリテルペノイド
さまざまな揮発性物質

薬理作用

利尿作用 食欲促進作用 抗真菌作用

適応症/推奨事項

内部使用:脂漏性皮膚炎、湿疹、沸騰、にきび、乾癬; 尿路の洗浄。

投与量/使用方法

注入:2-6 g、1日3回。
-5%でのデコクション:500 mL /日、1日3回

相互作用

キク科の植物に対する既知の過敏症

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
・高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
・明るい場所
・光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
・冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。
Don`t copy text!