胸焼けのためのハーブティー

消化サポート 

胃酸分泌にやさしい

胸焼けのためのハーブティー

¥750¥4,000

[メディカルハーブのご購入量の目安]
カップ一杯:お湯 約170ml ハーブ 約2g
小さじ約1杯分


胸焼けのためのハーブティー​

胃酸分泌にやさしい

抗酸、プロトンポンプ阻害などを含むハーブで、酸性度を和らげ、胃の分泌を調節するハーブで作られました。
胃食道逆流の不快感を和らげるハーブティーです。

 

酸逆流のためのハーブティー

カモミール、マロー葉花、カレンデュラは、粘膜を過剰な酸から保護するかなりの量の植物性粘液を含んでいます。
カモミールには抗炎症効果もあり、これは過剰な酸によって引き起こされる炎症プロセスにプラスの効果をもたらします。
アニスはハーブティーに甘い味を与えてくれます。

 

コラム

ブレンド原材料

カモミール、マロー葉花、カレンデュラ、アニス

・バイオダイナミック有機(カモミール)
・EU オーガニック(マロー葉花、カレンデュラ、アニス)

カモミール

胃腸領域のけいれんを排除することもできます。炎症に味方はカモミールです。

マロー葉花

炎症の際に口や喉の粘膜の役目をします。

カレンデュラ

花は口やのどの粘膜の炎症に役立つことが証明されています。

アニス

アニスは消化液の生産を刺激することが証明されており、胃腸領域の筋肉にリラックス効果があります。お菓子の香り付けにもするアニスはハーブティーを甘くします。

---------------------


注目の人気ハーブ 8月末~


line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。
teatime

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。