タイム モロッコ * 自然栽培 無農薬

咳・気管支炎・風邪・鼻水 * 在庫限り *

タイム モロッコ * 自然栽培 無農薬

¥750¥1,000

タイム

タイム Thymus vulgaris – Herba Thymi シソ科 葉
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: モロッコ
原材料: 自然農法、WHO認定、欧州医薬品庁認定

 

ポイント・ 気管支炎および百日咳および上気道のカタルの症状
・ 風邪の症状を和らげる

 

タイムの成分
タイムハーブには、エキスの効果を生み出すことが示されている貴重なエッセンシャルオイルが含まれています。噛み物中のこれらの揮発性油の割合は1.0〜2.5%を占め、2つの主要成分がいわゆるチモールとカルバクロールを構成します。

チモールは、その特性のために特に重要です。エッセンシャルオイルの中でバクテリアやウイルスに対する最も強力な成分の一つです。

咳、気管支炎、炎症を起こした気道に効果的
風邪をひいているとき、迷惑な咳や粘液の気道が痛くなることがあります。タイムハーブからの抽出物は、気管支炎、百日咳、炎症を起こした気道の症状に役立つことが示されています。それらは去咳薬と去痰薬の効果があり、同時に殺菌と鎮痙薬です。

肺全体(気管支樹)には、繊毛上皮と呼ばれる組織の層が並んでいます。この繊毛上皮は、粘液などの望ましくない物質だけでなく細菌を一方向にのみ運ぶ微細な毛で作られたカーペットとしてよく想像できます:口と鼻の外側を通して。

特にチモールとカルバクロールの2つのエッセンシャルオイルの2番目の重要な効果は、炎症と細菌に対する実証済みの効果に関係しています。炎症が体内で引き起こされる前に、さまざまな化学プロセスが行われなければなりません。このプロセスには、例えば、酵素シクロオキシゲナーゼと脂肪酸の組み合わせが含まれ、これはさらなる過程で炎症を引き起こす可能性があります。しかし、エッセンシャルオイルはシクロオキシゲナーゼの形成を阻害します。このため、痛みを伴う炎症の発生を減らすか、予防することさえできます。フェノールは、病原体に対して強い効果がある物質と考えられています。ただし、タイムハーブエキスのエッセンシャルオイルであるチモールは、フェノールよりも20倍(!)強力です。

モノグラフ(WHO認定)

薬用部位

Thymus vulgarisの葉

主成分

エッセンシャルオイルとポリフェノール

薬理作用

気道のレベルで鎮痙作用があり、鎮咳薬としての使用を正当化します。鎮痙作用、去痰作用

適応症/推奨事項

気道のカタル性プロセス、気管支炎、刺激性咳。風邪に伴う咳の去痰薬

投与量/使用方法

-注入(1歳以上の大人と子供):1カップあたり1〜2 gの乾燥植物、1日に数回。1歳未満の子供:1カップあたり0.5〜1g。局所使用:5%注入。

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
✗ 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
✗ 明るい場所
✗ 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
✗ 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ