シナモンセイロン * EU オーガニック

ルースティー 

血糖値・トリグリセリド・コレステロール値・および腰周り・血圧・血糖値の制御が改善

シナモンセイロン * EU オーガニック

¥1,050¥1,800

ご購入量の目安
カップ一杯:お湯 約170ml ハーブ 約2.5-3g
1日1杯30日 = 100g / 1日3杯30日 = 300g


50g
100g
解除

シナモンセイロン

シナモンセイロン Cinnamomum Zeylanicum クスノキ科 樹皮
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: セイロン
原材料: EU オーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

セイロンシナモン、真性シナモン、と言われ、シナモンの種類の中ではA級。
内臓を温める種類のシナモンです。カシアシナモンには比較的大量のクマリンが含まれていますが、敏感な人の肝臓に損傷を与える可能性があります。そのため、セイロンシナモンをぜひお求めください。
・ 内部を暖め、寒さを放散
・ 腎臓の陽を温めます(例:凍結、脚の冷え、膝の弱さ、膀胱の衰弱)
・ 経絡の気と血の循環を促進し、それらを温めます(胃と腰の冷たい痛み、月経痛)

ハーブのシナモンは風邪を体から発散させたいときに。
伝統医学で使われてきたスパイスハーブで、消化促進、血液循環を高め、血糖値を調整する働きもあります。
血糖値を低下させる働きもあり、50歳過ぎにもおススメ。
血液の流れをスムーズに。

欧州医薬品庁は、胃腸痙攣などの軽度の消化器系の問題の治療、腹部膨満および鼓腸。軽度の下痢の対症療法のために使用することを承認しています。

シナモンとは

腹部の健康のためのスパイシーな樹皮

セイロンシナモンの木の薬効成分は、樹皮と、セイロンシナモンオイル(エッセンシャルオイル)です。セイロンシナモン樹皮とも呼ばれるセイロンシナモン樹皮は、木の若い枝の樹皮から得られます。樹皮にはコルクや他の組織(実質)がありません。

セイロンシナモン樹皮の心地よいスパイシーな香りでさえ、食欲を刺激します。さらに、セイロンシナモン樹皮は、鼓腸や満腹感などの消化器系の問題に効果的な漢方薬です。

セイロンシナモン樹皮の成分

セイロンシナモン樹皮の既知の効果は、含まれているエッセンシャルオイルに起因します。主な成分、したがってその有効性を決定する成分は、シンナムアルデヒドです。消化液の形成を刺激し、それにより食欲と消化を刺激することが証明されています。

エッセンシャルオイルオイゲノールの効果も重要です。セイロンシナモン樹皮に含まれるのはごくわずですが、消化器官に定着したバクテリアや真菌の効果的な制御に明らかに貢献しています。

シナモンの健康上のメリット

メタボリックシンドロームの改善★★★

シナモンセイロンは、メタボリックシンドロームのすべての側面を改善することが示されています。
シナモンとシナモン抽出物は、インスリン抵抗性と2型糖尿病の人々に効果を示しているため、メタボリックシンドロームの人々に潜在的な効果があります。メタボリックシンドロームの参加者116人を対象としたプラセボ対照試験では、1日あたり3グラムのシナモンが16週間にわたって改善され、血糖値、トリグリセリド、コレステロール値、および腰周り、血圧、血糖値の制御が改善されました。ランダム化比較試験では、シナモンは2型糖尿病患者の代謝性疾患の兆候を軽減しました。8週間後、1日あたり3グラムのシナモンを投与された研究参加者は、血糖値、トリグリセリドレベル、体重、体脂肪が低下し、改善しました。血糖コントロール。同様に、140人の糖尿病患者を対象としたプラセボ対照試験では、毎日1グラムのシナモンを3か月間摂取すると、ブドウ糖と脂質の代謝が改善され、体脂肪と体重の減少に関連し、より重度の肥満の人に強い効果がありました。2型糖尿病患者を対象としたプラセボ対照試験では、シナモンが代謝性疾患の患者の高血圧を軽減できることが示されています。さらに、対照試験のメタアナリシスは、シナモンが高血圧を軽減することもでき、1日2グラム以下の用量で少なくとも12週間使用すると最大の効果があることを示しました。

血糖値を安定★★

シナモンは血糖値に強力な影響を与えることが示されています。いくつかの研究は、それが血流から組織への糖の往復に関与するホルモンである体内のインスリンのように作用することを示しています。また、体内のインスリンの有効性を高め、インスリン抵抗性から保護する可能性があります。英国のテムズバレー大学が実施したレビューによると、シナモンは2型糖尿病患者の空腹時血糖値を最大29%低下させる可能性があります。

食欲がない場合

消化腺を促進します。

セイロンシナモン樹皮は食欲不振のために使用されます。一方、舌には味に受容体があり、セイロンシナモンの樹皮が唾液に触れると唾液の形成を刺激します。同時に、エッセンシャルオイルは、すでに脳神経(迷走神経)を介して口の中にある胃液の形成も刺激します。胃の中では、消化メッセンジャー(ホルモン)ガストリンの放出が増加しています。このホルモンは、胃酸の形成を促進し、胃腸領域の筋肉の動きを増加させます。これにより、実際のドミノ効果が得られます。空腹になりますが、消化も容易になります。

消化管への消化

胃の粘膜は特に過敏な胃の場合、消化器系の問題や胃のけいれんによって現れます。

セイロンシナモンを使用すると、有効成分のエッセンシャルオイルが粘膜をほぐします。この効果は、エッセンシャルオイルが粘膜への血流を促進するために発生します。さらに、エッセンシャルオイルは、口と胃での消化液の反射形成を促進します。これにより、口の中の糖(炭水化物)と胃の中のタンパク質をより速く「分解」し、身体に吸収させることができます。したがって、胃はより速く空になり、こうして緩和されます。

消化器系の問題は、細菌負荷や真菌感染に起因する場合があります。セイロンシナモン樹皮には消毒用のエッセンシャルオイルオイゲノールが含まれており、クローブに比べて少量しか存在しませんでしたが、軽度の炎症に対抗し、多くの有害な細菌や真菌を排除するには十分です。

ご注意:セイロンシナモン樹皮の意図した用量(2〜4 g)を使用した場合のリスクと副作用は不明です。
ただし、セイロンシナモン樹皮を定期的に使用すると、樹皮に対するアレルギーが発生します。
有効成分の使用は、妊娠中やトルエンやペルーバルサムに対する既知のアレルギーや過敏症にも使用しないでください。

心臓の健康をサポート

シナモンティーを日常生活に加えることは、心臓の健康に関して大きな利益をもたらす可能性があります。実際、シナモンはいくつかの心臓病の危険因子を減らし、心臓の効率的な働きを維持することが示されています。シナモンはまた、ヘルプ、血糖値を下げることに加えていわゆる悪玉LDLコレステロールのレベルだけでなく、トリグリセリドが減少します。また、動脈から過剰なコレステロールを取り除くのに役立つ有益なHDLコレステロールのレベルを上げる可能性があります。

抗ガン特性

いくつかの印象的なinvitro研究と動物モデルは、シナモンが癌の予防に役立つ可能性があることを発見しました。ジャーナルBMCCancerに掲載されたある研究では、シナモン抽出物が特定のタンパク質の活性を変化させることにより、皮膚癌細胞の腫瘍細胞死を誘発できることが示されました。メリーランド州での別のinvitro研究でも同様の発見があり、シナモンから分離されたポリフェノールが肝臓がん細胞の成長と拡散を減らすのに役立ったことが指摘されています。しかし、シナモンのガンと戦う効果が人間にも当てはまるかどうかを理解するには、さらに多くの研究が必要です。

減量を促進する可能性

シナモンティーを飲むと体重を減らすことができるのでしょうか。シナモンティーの減量効果に関する研究は限られていますが、いくつかの研究でいくつかの有望な結果が見つかりました。たとえば、インドのある研究では、16週間毎日3グラムのシナモンを補給すると、対照群と比較して胴囲と肥満度指数が大幅に低下することが示されました。ScientificReportsに 掲載された別のinvitro研究では、シナモン抽出物が脂肪細胞の褐色化を誘発することがわかりました。これは、代謝を高め、肥満から保護すると考えられているプロセスです。

炎症を軽減

研究によると、シナモンには抗酸化物質と強力な抗炎症作用が豊富に含まれています。たとえば、中国医薬大学が実施したある研究では、シナモンに含まれる特定の化合物が、invitroで炎症のマーカーを減らすのに効果的であることが示されました。これは、皮膚の健康、関節痛、病気の予防などのための広範囲にわたるシナモンティーの利点につながる可能性があります。どうやって?研究によると、炎症は癌、糖尿病、自己免疫疾患などの慢性疾患の根源にある可能性があります。

脳機能を維持

就寝前のシナモンティーの最も印象的な利点の1つは、脳機能を保護および維持する能力です。興味深いことに、いくつかの研究は、シナモンティーに含まれる特定の化合物がアルツハイマー病のような神経変性疾患の予防に役立つ可能性があることを示しています。たとえば、ある動物モデルは、シナモンが運動機能を改善し、パーキンソン病のマウスの脳細胞を保護するのに役立つことを示しました。カリフォルニアで行われた別のinvitro研究では、シナモンの特定の化合物が脳内のタンパク質の異常な修飾を防ぐのに役立ち、アルツハイマー病の予防に役立つ可能性があることが示されました。

WHOモノグラフ

薬用部位

柔らかい枝の樹皮

主成分

シネオール

薬理作用

食欲刺激薬、真性尿酸、駆風薬、鎮痙薬、半月経抑制薬、防腐薬、粘液溶解薬、催淫薬、抗生物質として使用。いくつかの研究は、セイロンシナモン樹皮が抗高血糖特性を有し、食後グルコースレベルを低下させることができることを示しました。インスリン(GLUT4)。生体外インスリンと同様の効果が観察され(細胞によるグルコース利用の増加)。インスリンと同様の効果が観察されています(細胞によるグルコースの利用が増加します)。

適応症/推奨事項

胃腸痙攣、鼓腸、鼓腸などの軽度の消化不快感の対症療法。さらに、それは軽度の下痢の対症療法のためのハーブティーを示します。

投与量/使用方法

(成人):-注入:0.5-1 g /用量、1日4回まで。
-液体抽出物(1:1、70%v / vエタノール):0.5-1 mL、1日3回。
-チンキ剤(1:5、70%v / vエタノール):2-4 mL /日。

シナモンに関するコラム

---------------------

注目の人気ハーブ

rosehip

ローズヒップ (南仏) * バイオダイナミック有機

ビタミンCが一番豊富 / 2021年産
ビタミンCが一番豊富なローズヒップのホール(カットされていないまるごとの状態)。ローズヒップの実を高温の90℃で乾燥させているため、ビタミンCは90%以上残っています。当店は、すべて工場での熱風乾燥を ...
エキナセアブレンドハーブティー

エキナセア(葉根)ブレンドハーブティー * 毎年1月2月 人気No.1

ロングセラー 風邪やインフルエンザの流行前からウイルス起源の感染症の救済
エキナセア(葉根)ブレンドハーブティー 免疫力UPでパワフル予防 ■選ばれ続けて15年■ 人気ハーブティー、2002年から常にベスト5位以内 コホンコホンを避けたいとくに冬の時期に。 世界中で根強い人 ...
Blend-warm-whole-body

全身を温めたい

夏でも寒い・トイレが近い
全身を温めたいハーブティー 夏でも寒く、トイレが近い人のためのハーブティー 脾臓腎臓を温め、停滞を解消し、エネルギーを分配するので体内の循環がよくなります。胃にもやさしいスパイス系ハーブです。チャイと ...
Blend-okan

風邪のひきはじめに

風邪の初期症状、寒気、悪寒、発熱、関節痛に
こんな方におすすめです。 ● 寒気、悪寒が強い。 ● 発熱がある。 ● 関節痛がある。 風邪のひきはじめハーブティーが選ばれる理由 腎臓は非常に重要な機能を持っています。それは私たちの受け継いだエネル ...


line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。
teatime

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。