免疫機能を活性化し強化+抗菌活性や抗ウィルス活性を高める機能のエキナコシドが主成分で0.2%以上・エキナセアアングスティフォリアの近い品種で若干香りが弱い・風邪の症状を緩和

エキナセア パリダ 根
EU オーガニック

¥1,500¥2,500 税別

  • 50g
  • 100g
クリア

  

エキナセア パリダ 根

エキナセア根 Echinacea Pallida キク科 根
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ドイツ
原材料: EU オーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

WHO承認ハーブデータより

エキナセア パリダ 根は、カフェ酸の誘導体とエキナコシドが主成分。
カフェ酸の誘導体はリラックス効果や動脈硬化を抑制する効果があります。エキナコシドは、免疫機能を活性化し強化する働きがあります。また、抗菌活性や抗ウィルス活性を高める機能があります。

エキナセアパリダ根の特徴

エキナセアパリダは、アングスティフォリアに近い品種のため、特徴は同じです。

・ 円筒状または徐々に先細り、時には枝分かれ、時にはらせん状にねじれている。
・ 根の直径は4〜10 mm、最上部(根茎)部分は15 mm
・ 新鮮なときは多かれ少なかれ円筒形。乾燥すると深い縦方向のしわを伴う
・ 淡い茶色、赤味がかった灰色または黄色がかった色
・ 乾燥すると、短くて繊維状。乾燥した根が空気にさらされると、硬くなりやや柔軟になる
・ 断面では、薄い茶色がかったコルクを示しています。薄い皮質(厚さ約1 mm); 形成層; 放射状に縞模様の大きな木部領域、幅の広い暗い実質線によって分離された淡黄色の木部の細いストランド(切断された湿った表面の高倍率では、黒みがかった色素を含む細胞の離散クラスターが細長い繊維状に見える場合があります)
・ 根茎の断面は似ており、中央に円形の淡黄色から白っぽい髄がある
・ 芳香はあるが、匂いは弱い。
・ 弱い味、最初は甘い味、そして苦い味

参考記事

・ 免疫システムを強化するハーブ

 

WHO・欧州薬局庁データ

主成分: カフェ酸の誘導体とエキナコシド

薬理作用 : 食作用の刺激、サイトカイン産生の誘導、リンパ球増殖の刺激、阻害を引き起こします。風邪やインフルエンザの症状を軽減するため。創傷治癒、抗酸化、抗菌および抗真菌活性。

適応: 上部呼吸器の再発性感染症のアジュバント療法と予防尿路(風邪)

使用方法:
a)チンキ
-成人の1日用量:薬900 mgに相当するハイドロタノール抽出物。または同等の準備。
-子供:年齢と体重に応じて、成人の用量に比例した用量。

b)煎じたハーブティー:1日3回、150 mLの水に1 gの薬。

c)粉末:250-500 mg、1日3回まで。

投与期間: 治療期間は8週間を超えてはなりません。チンキは、10日を超えてはなりません。

禁忌: キク科(キク科)の植物に対する既知の過敏症。すべての免疫刺激剤と同様に、進行性の場合には推奨されません結核、白血球系の疾患などの全身障害、膠原病、多発性硬化症およびその他の自己免疫疾患、AIDSまたはHIV感染

使用に関する特別な警告と特別な注意事項: 薬の使用中に症状が悪化したり、高熱が発生した場合製品、医療アドバイスを求める必要があります。アトピー患者にはアレルギー反応のリスクがあります。

 

EU オーガニック

フランス政府が制定。オーガニック材料を95%以上含み、EU圏内で生産あるいは、加工されたものに限られています。
EU共通の基準を満たすオーガニック食品には、各国独自のロゴの替わりに共通のEUロゴが使われるようになりました。