下記の履歴は、すべてメアリ氏個人がハーブ研究家としてインタヴューを受けたマスコミ、ハーブ情報原稿を書いたメディアなどです。
2015年7月27日 マンション・ラボ ハーブを育ててお料理に使おう!
栽培のコツまとめ
2014年5月発売 ロッテミントガム広告ミント情報
2014年5月 明治安田生命冊子ガーデニング情報提供
2013年7月23日発売 集英社マキア-ハーブブック内ハーブ記事執筆
2012年7月 Chaffey Magazine(USA/SF)
2011年 Overseas Magazines(海外数カ国)
2010年7月 東京ガス関連施設配布広報誌『キレイをつくる10の季節風呂』に執筆、監修
2009年9月12日 日本経済新聞『達人に学べ』代表メアリの取材内容が掲載される
2009年3月発行 工務店・トステム会員配布『HOMEWELL』ガーデニング記事で掲載される
2008年4月22日発売 講談社『ハーブの教え』ハーブにかかわるサイトとして掲載される
2007年12月末 独立行政法人福祉医療機構「明日の福祉と医療を創るWAM」2008年1月号 ハーブティーで体質改善
2007年8月16日 日本経済新聞連動「日経ネットナビ」おすすめサイト
2007年2月28日 徳間書店「月刊アサヒ芸能エンタメ」誌
2007年2月6日 スポニチ新聞西版
2006年12月 NTT関連会社「積和不動産グループ」「MAST-BB BROAD Cafe/ブロード・カフェ」誌
2005年8月~ 手術部の医師・ナースのための情報紙『るみえ~る』に 連載執筆中
2005年3月 毎日新聞購読者に配布・小冊子『毎日夫人4月号』
2003年12月5日 大学構内のフリーペーパー「Dolce」
2003年9月 主婦の友社「絶対美肌!ローズヒップのすべて」
2003年1月15日 「マルチメディア図鑑Navi」
2002年12月1日 世界文化社『スケルトンファン10月号』
2002年8月25日 くーぽんらんど創刊号
2002年7月25日 田崎真珠様のサイトにて、各方面で活躍の女性起業家コーナー
2002年5月28日 大阪のフリーペーパーNasseの『オススメHP』
2002年5月25日 学研ポケット版図鑑8「飼育・栽培」
2002年4月5日 SOFT BANK発行の、月刊誌「暮らしとパソコン」3月号
2002年2月18日 (株)スペック発行の、月刊誌「初歩のパソコン」2月号
2002年1月8日 『村上広域情報誌2001』サイトさまにて連載
2001年9月 (株)アルク発行の月刊誌『セブンシーズ』のホームページの世界中から質の高いサイトのみを集めた厳選リンク集
2001年9月20日 日本経済新聞夕刊紙面とインターネット連動の企画NEW50’S
2001年9月14日~27日 サントリーウォーターサービスウェブショップ「南アルプスの天然水」
2001年9月5日 廣済堂出版占いMook「愛されるための占い」
2001年9月中旬 @カップルズホテルぴあさま
2001年7月下旬 JA(農協)関連カード月刊誌GreenPal
2001年6月号 株式会社学習研究社キッズキャンパス「特集 インターネットを歩こう!」
2001年5月 HomePCのキッズとファミリー向けのポータルサイト「Kids-i.TV(キッズアイTV)」。
2001年4月17日 「使えるホームページ5000」
2001年4月1日~30日 インターネット博覧会でパビリオン参加しているKDDIサイト
2001年3月22日 「まぐまぐマガジン」79ページ
2001年1月 生活彩館様連載
2001年1月 雑誌NetNaviの2001年1月号に掲載され、MVPを授与
2000年12月14日 雑誌『レタスクラブ』の公式サイト
2000年10月 情報誌「デジろぐ」2000年10月号

 

- 最近の人気ハーブ - 

 
オーガニックハーブ ハーブティーを蒸らす時間

ハーブティーは、農薬、人工肥料、または遺伝子工学を使用せずにのみ栽培できます。

具体的には、これは有機肥料または無機肥料のみが使用されることを意味します。さらに、遺伝子組み換え茶植物を使用したり、植物に放射線を照射したりすることはできません。

全体として、オーガニックハーブの栽培は人々、気候、環境に優しいものでなければならないため、栽培と収穫では持続可能性が最優先事項です。

あなたがお茶のために、ハーブをどのくらい蒸らさなければならないか、最適な時間を求めているとすれば、それは多くの異なる時間があります。

ハーブティーの注入時間についての質問に対する正確な答えはほとんど見つかりません。

最適な時間は常に個人の好みに依存します。お茶の鮮度も重要な役割を果たします。情熱的で経験豊富なこのおいしいお茶の愛好家でさえ、3〜10分程度のガイドラインを示すことができるだけです。

*メディカルハーブを除きます。

ハーブティーの準備 ハーブの保存

抽出:お茶の抽出時間が長くなり、茶葉の量が多いほど、お茶の味が強くなります。

お茶は硬水を好まない:硬度、つまり水道水の石灰含有量は、お茶の味に直接影響します。水が硬いほど、お茶の味は少なくなります。

収穫時期に依存:ハーブから新鮮に収穫されたお茶は、すでに古いお茶よりも味が良いです。したがって、購入する際は、「再入荷しました」のニュースを漏らさずに注意してください。

温度は違いを生みます:ハーブから作られたお茶は、沸騰したお湯で満たされるべきです。これは、香りがよく出るための最良の方法です。

ルーズハーブティーを購入し、天然の香りができるだけ長く保存されるように保存する場合は、正しく保存することが重要です。

ルーズハーブティーを購入すると、適切に保管しないと新鮮な葉の風味と香りがすぐに失われることがあります。

ハーブは、水分、光、異臭などの直接的な外部の影響にさらされるとすぐに品質が低下するためです。したがって、お気に入りのハーブティーを保管するには、気密性のある不透明な容器に入れることをお勧めします。

お茶の種類には常に同じ保管容器を使用してください。さもなければ、デリケートなハーブは、以前に瓶に保存されていた食べ物の香りをすぐに引き継いでしまいます。

 
×

カート

パネルを閉じる