わたしたちのこと3つのこだわりバイオダイナミック農法メディア掲載履歴
お客様の声ローズヒップ感想エキナセア感想

[toc]

バイオダイナミック有機農法ハーブ

この農法は、
世界で一番厳しい条件をクリアした有機栽培。

金属や機械をなるべく避けますので、
大量生産のように乾燥機で焦がして
茶色になるようなこともありません。

通常、緑の葉が茶色のときは、
乾燥をどんどんと続けるため熱で焼けてしまったもの。
有効成分はすでに破壊されています。

この、バイオダイナミック農法は、
収穫も手摘み。

手作業で手間暇をかけるため、
私たち人間の仕事がなくなりません。

 

自然も動物も人間も、
持続可能な生き方をしている方々のハーブです。

 

 

 

 

バイオダイナミック農法とは

ルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法・自然農法の一種で、循環型農業。
ドイツやスイスで普及しており
通常の有機農業と異なり、生産物が有機的であることだけでなく、
外部から肥料を施すことを良しとせず、
理想的には農場が生態系として地元循環型であることを目指します。

 

名称

バイオダイナミック農法は、
ビオダイナミック、ビオディナミ、バイオロジカルダイナミック農業、BD農法、生命力動農法、シュタイナー農法とも呼ばれています。

提唱したシュタイナー自身は、バイオダイナミック農法を実践はしていません。

バイオダイナミック農法の名付け親の一人エルンスト・シュテーゲマンが、
1922年から化学肥料を用いない農法を試していることから、

シュタイナーが農法を発明したと言うより、
シュテーゲマンらが行なっていた農法に対して理論を構築したのではないかと考察されています。

 

デメター

バイオダイナミック農法を実践する、1924年設立の生産者団体デメターは、
1946年に品質認証のための自主基準を作りました。

それが、Demeterという品質認証名称になりました。

 

基準

1.有機農業の認証を受ける:
EUの「有機農業規則」および「有機農業実施規則」、アメリカの「1990年有機食品生産法」および「全米有機プログラム」(National Organic Program)、オーストラリアの「国定有機農業およびバイオダイナミック生産物規則」のいずれかの認証が必要とされる。

2.占星術による作業日程調整や調合剤を使用する:
シュタイナーの思想に基づき、黄道十二宮を巡る月の周期から播種などの時期を選定する占星術や、地球フォース(力)や宇宙フォースといったフォースを集める調合剤の使用が必須である。

3.EUの有機農業基準よりも厳しい家畜飼養密度や、肥料としての家畜ふん尿使用量の上限を守る:
作物輪作にわたって平均して家畜ふん尿によって供給して良い窒素の最大量は、農場が自ら生産した飼料によって維持する動物によって生産される量を超えてはならず、農場の全面積当たり、最大1.4家畜ふん尿単位/haを超えることができないと規定している。ただし例外条件がある。

4.生物多様性のを保護する:
農場は生物多様性維持の誓約を提出し、農場と直接隣接地内の生物多様性の保護地が全農場面積の10%に達していない場合には、その達成プランをチェック機関に提出し、承認を受ける。

 


ハーブの乾燥

ハーブの乾燥は、
木でできた棚に重ならな

いように広げられて、
25-27度で数日かけて自然乾燥。

ですから、色も香りも自然のままが多く残ります。
結果、活性成分の有効性が高まり、
ハーブティーの強い活力が得られます。

 

 

 

*大量生産のハーブは洗濯乾燥機の大型の機械で高温で次々と

スピーディーに乾燥させます。

 

 

 

 


袋詰め作業

 

 


ハーブティーの飲み方

バイオダイナミック有機農法は、カットもなるべくしません。

飲むときも、手で今日はどの葉や花にしようかな、と
ゆっくり1つ2つと選びながら、
温めておいたカップに手で直接入れます。

一度沸騰させたお湯も、
一休みさせて90度くらいになったら、カップに注ぎます。

そして、花や葉がゆっくりとカップの中で広がり、

 

香りが漂い始めるのを、私たちは感じ取ることができます。

選んだハーブが
お湯の中でゆっくりと香りや色を出している間、
私たちは、
ゆったりとしたくつろぎの時間を持つことができます。

お湯がほんのり色づいたころ、一口飲んでみましょう。

茶葉を濾すこともありません。

カップ一杯は、ほんの2,3枚ですみますから、飲むときにも邪魔にはなりません。

 

<<ハーブティーとして飲むときの量>>

カップ一杯分のバイオダイナミック有機農法のハーブは、
大きな花は1、
小さな花は3,4、
大きな葉は3、
小さな葉は3,4で済みます。

0.5g程度です。
目安は10gで20-35杯は飲めます。

 


私どもが取り扱うバイオダイナミック有機農法ハーブ

バイオダイナミック有機農法のハーブは、
当店代表 竹内めありの友好関係のある、
フランス人ハーバリスト、ルイスとメーカーの協力により、
セレクトされています。

農家は、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、ベルギー。

農家により、若干出来具合が異なりますので、
現在の販売の在庫がなくなりますと、
次回再入荷は未定。

少し違う色合いや形状が入りますと、
また、別の商品として公開いたします。

バイオダイナミック有機農法は、
90%以上が手作業。
それ以上を彼ら彼女らは目指しています。
ですから、量産できません。

ぜひ、この、すべてが自然のハーブをお楽しみください。


バイオダイナミック有機農法ハーブで得られること

ハーブ利用は、体の健康のためだけではありません。

香りや色、そしてなにより、
自然に触れることで、

私たちは心を癒され、
ハーブに元気づけられるのです。

そんなティータイムのひとときを
大事にしましょう。

そんなときの、ハーブ。
収穫量わずかですから、在庫なくなりますと代用がききません。