ウコンチャイパウダー * バイオダイナミック有機 * 無農薬

チャイ 

免疫システムを全体的に強化・肩首の凝り、関節の痛み、毒素排泄

ウコンチャイパウダー * バイオダイナミック有機 * 無農薬

¥1,500¥2,000

ウコンチャイ * バイオダイナミック有機

体を温め、働きを促すことで、体全体が健康になるウコンチャイ。免疫力を強めるため、風邪やインフルエンザ予防にもおすすめしたいハーブです。

体内の水分が多いと病気になりやすいのですが、このチャイに含まれる、ウコン、ジンジャー、フェンネル、カルダモンが余分な水分を排泄し溜まりにくくします。

身体の痛みを軽減することで大病を患う方々が毎日飲むチャイです。

飲み方

ホットミルクやアーモンドミルクなどに小さじ1杯を入れてお飲みください。ホットでもアイスでもお飲みいただけます。

主な成分

  1. ポリフェノールファミリーの植物を着色するこの色素は、優れた抗酸化剤です。ウコンは最も多く含まれている植物の1つです。抗酸化物質は、フリーラジカル(体内で過剰になると細胞や膜に損傷を与える分子)を中和するのを助けることにより、炎症過程に関与しています。「酸化ストレス」と呼ばれるこの現象は、細胞の早期老化に関与しています。
  2. エッセンシャルオイル。ウコンの根には約5%のエッセンシャルオイルが含まれており、独特の芳香の香りがします。セスキテルペン、クルクメン、ジンギベレンが含まれており、肝臓に有益な作用を与えるだけでなく、鎮静作用と抗酸化作用をもたらします。

ウコンチャイのメリット

その抗酸化作用のおかげで、ターメリックルートはいくつかのレベルで体の一般的な状態を改善するのに役立ちます:

  1. 免疫システムの効率を強化することによって体の抵抗を促進します。
  2. 関節や骨の快適さと適切な機能を維持するのに役立ちます。
  3. 細胞を酸化ストレスから保護することにより、細胞の老化との戦いに貢献します。
  4. 肝臓を刺激し、胆汁の排泄を促進することにより、良好な消化を促進します。
  5. 体を温めるハーブの使用のため、冷え、排泄、痛みが緩和します。

 

当店のウコンチャイは、

1.抗酸化作用をパワフルに

ウコンだけでは、クルクミンの重要な成分が消化器系にほんの僅かしか吸収されません。

そのため、必須なルールとして、ウコンに、ペパーブラックとジンジャーの組み合わせることで、吸収を最適化し、特定の抗酸化作用を誇ります。

それは、ハーブティーを摂取することによって、私たちの体の健康にとってかけがえのない抗酸化剤は、細胞の老化や審美的な老化を抑えることに加えて、身体を浄化し、損傷した組織を修復し、特定の心臓病や2型糖尿病の発症の危険性を減らします。

2.腫れと痛みが軽減

このハーブティーは肝臓に作用するため、廃棄物や毒素排泄を促します

デトックス効果はウコンとジンジャーの両方が顕著な抗炎症作用を持っているのでさらに効果的になります。

毎日摂取すると、痛みを大幅に軽減し、腫れを和らげ、臓器や組織の炎症を治癒することができます。

ウコンには、痛みを軽減するのにジクロフェナクゲルと同じくらい効果的であることがわかっており、1か月間服用すると、痛みと硬さが大幅に改善され、2か月間服用すると、膝の痛みを軽減するのに役立ちます。

さらに、その治癒力のおかげで、組織再生を促進し細胞生産を刺激することができます。

 

ブレンド内容: ウコン、カルダモン、シナモン、ジンジャー、フェンネル、ペパーブラック、クローブ

 

---------------------


注目の人気ハーブ 8月末~


line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。
teatime

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。