セントジョーンズワート 
Hypericum perforatum 
バイオダイナミック有機

Hypericum perforatum オトギリソウ科 地上部
用途:食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: コソボ

WHO認定、欧州医薬品庁認定
バイオダイナミック有機認定
ダイナミック有機ハーブとは
土壌作りから種まき、栽培、収穫まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法

¥1,000 税別

解除

セントジョーンズワート ハーブティー

セントジョーンズワート は、ヨーロッパ、アジア、米国を含む世界の多くの地域で発見されており、黄色、5枚の花びらと小さな楕円形の黄緑色の葉に特徴的な多年生植物です。

セントジョンズは森林、牧草地、道路脇、牧草地で見られます。

十字軍の戦場で傷のためのハーブとして使用したエルサレムの聖ヨハネの騎士からその名前を取ったと信じている人もいれば、聖ヨハネの日に伝統的に6月に採集された24日とも言われています。

セントジョンズは、2000年以上にわたって神経障害を治療するために使用されてきました。
古代ギリシャやローマでは、傷や傷跡、熱傷、挫傷、神経痛などの治癒療法として人気がありました。