脳の若返り

¥2,000 税別

  • 100g
クリア

  

脳の若返り ブレンド

脳のおボケ防止のための、毎日のお茶

記憶力をアップしたいときにも最適

このブレンドのために使用されている脳のための素晴らしいハーブをご紹介しましょう。

イチョウ葉

葉に含むエキスは、血流を改善する効果があり、脳や血管の症状に対する働きがあります。
動脈硬化や高血圧などの病気を予防する効果も。

ゴツコーラ

中枢神経を刺激して、脳を活性化する作用があります。
血行促進をし冷えや肩こりを改善したり、肝臓の機能を高める作用も。
そのため集中力や記憶力アップしたい場合に有効的。

パッションフラワー

リラックスに最適なハーブ。ストレスや緊張から解きほぐしてくれます。

杜仲茶

含有するイリドイドには、認知症防止、
ほかには、ゲニポシド酸には、コラーゲンの生成を活発にさせるため、老化防止にも最適。

ローズマリー

ローズマリーの葉に含まれるジテルペンは酸化物の生成や脂質過酸化も抑制する働きがあります。
また、カルノシン酸は酸化的ストレスから生物組織を保護するという働きがあり、体のサビつきや動脈硬化を予防する効果が。

ホーリーバジル

インド地方では、脳の活性化のためにホーリーバジルを毎日飲むお茶として人気です。

ブレンド原材料

イチョウ葉、ゴツコーラ、パッションフラワー、杜仲茶、ローズマリー、ホーリーバジル

・フランスメディカルハーブ研究所認定のハーブ素材(パションフラワー)
・国産(イチョウ葉、杜仲茶)
・EUオーガニック(ほか)

- 最近の人気ハーブ - 

 
オーガニックハーブ ハーブティーを蒸らす時間

ハーブティーは、農薬、人工肥料、または遺伝子工学を使用せずにのみ栽培できます。

具体的には、これは有機肥料または無機肥料のみが使用されることを意味します。さらに、遺伝子組み換え茶植物を使用したり、植物に放射線を照射したりすることはできません。

全体として、オーガニックハーブの栽培は人々、気候、環境に優しいものでなければならないため、栽培と収穫では持続可能性が最優先事項です。

あなたがお茶のために、ハーブをどのくらい蒸らさなければならないか、最適な時間を求めているとすれば、それは多くの異なる時間があります。

ハーブティーの注入時間についての質問に対する正確な答えはほとんど見つかりません。

最適な時間は常に個人の好みに依存します。お茶の鮮度も重要な役割を果たします。情熱的で経験豊富なこのおいしいお茶の愛好家でさえ、3〜10分程度のガイドラインを示すことができるだけです。

*メディカルハーブを除きます。

ハーブティーの準備 ハーブの保存

抽出:お茶の抽出時間が長くなり、茶葉の量が多いほど、お茶の味が強くなります。

お茶は硬水を好まない:硬度、つまり水道水の石灰含有量は、お茶の味に直接影響します。水が硬いほど、お茶の味は少なくなります。

収穫時期に依存:ハーブから新鮮に収穫されたお茶は、すでに古いお茶よりも味が良いです。したがって、購入する際は、「再入荷しました」のニュースを漏らさずに注意してください。

温度は違いを生みます:ハーブから作られたお茶は、沸騰したお湯で満たされるべきです。これは、香りがよく出るための最良の方法です。

ルーズハーブティーを購入し、天然の香りができるだけ長く保存されるように保存する場合は、正しく保存することが重要です。

ルーズハーブティーを購入すると、適切に保管しないと新鮮な葉の風味と香りがすぐに失われることがあります。

ハーブは、水分、光、異臭などの直接的な外部の影響にさらされるとすぐに品質が低下するためです。したがって、お気に入りのハーブティーを保管するには、気密性のある不透明な容器に入れることをお勧めします。

お茶の種類には常に同じ保管容器を使用してください。さもなければ、デリケートなハーブは、以前に瓶に保存されていた食べ物の香りをすぐに引き継いでしまいます。

 
メニューを閉じる
×

カート

パネルを閉じる