オドリコソウ
(フランスラボ認定)

オドリコソウ
生理でトラブルを抱えている女性の味方
Lamium album シソ科 花
用途:食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: EU
フランスハーブ研究所の同定認定、パリのファーマシーから。
ヨーロッパはもちろんのこと、日本政府でも効果のあるハーブリストにあげています。
現時点では、薬剤原料認定はされていませんので、一般販売ができます。

・ コラムオドリコソウは女性の味方
・ コラム欧州でのオドリコソウの使い方
・ コラムオドリコソウでヘアケア
当店扱いのフランスメディカルハーブ研究所のハーブとは...

 

¥500¥1,600 税別

解除

伝統的に、 オドリコソウ はヨーロッパで長い間使われてきました。

古代中国の文化では、よく知られており、特に女性に適しているので、”笑顔の母のハーブ”と呼ばれています。

医療用途に加えて、それらは多様な食品としても使用することができます。

ヨーロッパ以外で、今日どれほど有用かを知っている人はごくわずかです。
雑草と思う人が多いのですが、ヨーロッパでは、オドリコソウは、日本ではペパーミントやネトルくらい人気なハーブです。
若葉のころから、ネトルのギザギザの葉の形とかなり似ています。
しかし、もっとよく見れば、ハート型の穏やかな外観をしていることがわかります。

. . . . . . . . . . 関連記事

オドリコソウでヘアケア

オドリコソウは女性の味方

欧州でのオドリコソウの使い方

 

ハーブティーの淹れ方

*ご案内は標準的な淹れ方ですので、美味しいと思われる量や蒸らし時間でお楽しみくださいませ。
*嗜好品のお茶としてのご購入量の目安:カップ一杯分の茶葉は約4g。1日1回、お食事後に。

※一杯分の目安

  • 湯: 200cc
  • ハーブ: 4g 実や根を多く含むハーブは6gほど。 ブレンドはスプーン2杯分

※飲むタイミング(し好品として)

  • お食事後。
  • 就寝前。

※淹れ方

  1. 予め温めたポットか茶漉し付きカップに、一杯分のハーブを入れ、熱湯を注いでください。
  2. ほどよい香りが出るまで、5~15分ほどお待ちください。
    (根や実の場合は長め)

 

ハーブティーの淹れ方

フランスハーブラボ認定

有効成分含有が一定以上のハーブには、オーガニックが存在しない理由:

可能であれば、私たちはすべての薬草を薬局の品質、すなわち主に人間のための医薬品に使用されるハーブの最高品質(そして最も高価なもの)のレベルでのみ取扱をします。このために、ハーブは、ヨーロッパの薬局方の要件に従って、栽培、収穫およびチェックされているものです。これにより、特定の有効成分の最低限の含有量が保証され、それがなければハーブが無用になる可能性があります。

薬局方の品質に焦点を当てることで、オーガニックハーブの取扱は不可能になります。なぜなら、両方の質を持つハーブは存在しえないからです。オーガニックハーブは食品品質ですが、薬局方品質ではありません。つまり、オーガニックハーブは、その有効成分含量の点で栽培、収穫および管理されていません。つまり、薬局方品質はない=効果のある成分がどのくらい含まれているのかまったく不明、効果がない成分が多い、あるいはまったくないハーブということになります。

ハーブの鮮度を常に保つために、年以上の販売量を決して仕入れません。ですから私たちは常に新鮮なハーブを手に入れるため、長持ちすることを避けます。さらに、私たちはハーブを特別に空調された部屋に保管しています。これは最低限の水分、紫外線、最高温度16度を保証します。したがって、活性成分は長い間、大量に含有されています。