このWebサイトの全ての機能を利用するためには、ご使用のブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。表示されていない箇所があり、レイアウトが崩れ、いくつかのサービスがご覧いただけません。あなたのWebブラウザーでJavaScriptを有効にしてください。 モウズイカ * EU オーガニック – めありさんのハーブ

咳、喉の炎症、気管支炎、気管炎

モウズイカ * EU オーガニック

¥1,000¥1,600 税込

クリア

モウズイカ

モウズイカ Verbascum thapsus ゴマノハグサ科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: ブルガリア、フランス
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

モウズイカは、ヨーロッパではよく使われている、喉がヒリヒリしているときや、咳におススメのハーブ。葉の部類はアメリカでよく見かけますが、WHOと欧州薬局方などヨーロッパで承認している薬用がある部位は「花」。

 

ポイントモウズイカは、咳の治療だけでなく、喉の炎症(気管支炎や気管炎)を和らげるために使用されます:

-モウズイカの花には、粘液、サポニン、イリドイド(オーキュボシド)が大量に含まれています。
-軟化作用のある粘液は、気管炎などの喉の炎症を和らげるのに役立ちます。
-サポノシドは去痰作用があり、気管支粘液の除去も促進します。
-イリドイデスは、その一部として、気道感染症で使用される抗菌特性を持っています。

 

モウズイカの花の抽出物またはその成分を用いたinvitro実験は、抗ウイルス、抗菌、抗酸化、ラジカル捕捉、細胞毒性および抗炎症活性を示しています。動物におけるモウズイカの花抽出物を用いたインビボ実験は、抗炎症性、鎮痛性および抗侵害受容性の特性を示している。

モウズイカとは

モウズイカは古くから使用されており、その使用と人気は時が経つにつれて増加しているようです。植物の葉、花、根は、さまざまな炎症性疾患、下痢、喘息、咳、その他の肺関連の病気の治療に使用されており、治癒に最適なハーブの1つとなっています。

モウズイカは、北温帯地域、特に東ユーラシアに自生する大きな二年生または多年生のハーブである、Verbascum属の300を超える種のいずれかの名前です。一般的なモウズイカ(Verbascum thapsus)は、高さ7フィートまで成長し、大きくて太くてビロードのような葉と淡黄色のわずかに不規則な花を持つ単一の茎を持っています。これは、店舗で最も一般的に見られるタイプです。背が高く、黄色い花が咲くため、アロンの杖と呼ばれることもあります。

モウズイカの健康上のメリット

穏やかな滑液包炎

滑液包炎は、関節の近くの骨、腱、筋肉を保護する、液体で満たされた小さな嚢(滑液包と呼ばれる)に影響を与える痛みを伴う状態です。滑液包炎は、滑液包が炎症を起こしたときに発生し、研究によると、モウズイカには抗炎症作用があることが示されています。

滑液包炎の最も一般的な場所は、肩、肘、股関節です。助け当然滑液包炎、あなたは、単にいくつかのモウズイカ茶を用意し、温かいお茶で清潔な布を浸すことができます。

その後、布を患部に定期的に塗布することができます。これは、炎症を軽減し、骨や関節の痛みの自然な治療法として役立つはずです。癒しの湿布を作ることもできます。

呼吸器疾患を和らげる

モウズイカティーは、気管支炎、乾いた咳、喉の痛み、一般的な嗄声、扁桃炎など、さまざまな上気道の問題を自然に改善するのに役立ちます。

強力な抗酸化作用と抗炎症作用のある抽出物が含まれており、体の粘液を取り除き、喉などの炎症を起こした生の神経を落ち着かせます。喘息治療薬としてのモウズイカは、細気管支への影響を和らげるために効果的かもしれません。

バクテリアキラー

クレムソン大学の研究者は、モウズイカの抗菌特性を確認しました。2002年に、これらの研究者は、植物の抽出物が、 クレブシエラニューモニアエ、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、およびより一般的には大腸菌として知られる大腸菌を含む、いくつかの種の病原菌に対して有効であると報告しました。

強力な消毒剤

モウズイカ油は、内部感染と外部感染の両方を治療できる強力な消毒剤です。Medicinal Chemistryに 発表された最近の研究によると、この植物は抗菌性があり、感染症の治療に使用できることが示されています。

内部的には、耳、結腸、尿路(膣酵母感染症を含む)および腎臓の感染症を治療することが知られています。外用すると、皮膚の感染症と戦うのに役立ちます。

WHO・欧州薬局庁データ

薬用部位
Verbascum thapsusの花

主成分
多糖の混合物からなる粘質物

薬理作用
鎮咳薬および抗炎症薬。喘息やけいれん性の咳、炎症性疾患、下痢、片麻痺などの肺の問題、鎮痙薬、駆虫薬(膣トリコモナス)。インフルエンザAおよびBウイルス、および単純ヘルペスウイルス1型に対して抗ウイルス活性を持っています。

適応症/推奨事項
咳や風邪の刺激に関連する喉の痛みを和らげるための伝統的な使用法を承認しています。

投与量/使用方法
(成人):注入(1〜1.5 g /カップ)、1〜3回。

注意事項
妊娠中、授乳中、または12歳未満の子供での使用の安全性は確立されていません。

入荷待ちリストに登録 商品入荷時にお知らせします。 メールアドレスをご登録ください。
You need to Login for joining waitlist.