冬に人気★

チャイマサラ
バイオダイナミック有機
無農薬

¥950¥1,600 税別

  • 50g
  • 100g
クリア

説明

インドでよく飲む、チャイマサラ。 ホットミルクで飲みます。 現地ではたくさんのお砂糖を入れるので、とっても甘いのですが、 それはお好みで。   1:小鍋に約3-4gと紅茶の茶葉一杯分を入れ、牛乳100cc、水50ccを入れて火にかけます。 2:弱火で十分に煮出し、沸騰直前で火を止めます。 3:茶漉しで濾しながらカップに注ぎます。

アイスマサラチャイを作る

1:グラスの7分目まで氷を入れ、作っておいたチャイを注ぐ。 2:グラスに牛乳を注ぎ、軽くかき混ぜる。 3:お好みでシロップを入れる。 * 在庫がなくなりますと、次回再入荷未定。 アーユルヴェーダのレシピから作られたスパイスミックスのチャイ。 マサラは、身体と心を刺激します。 ミルク味でホットでもアイスでもおいしくいただけます。   原材料:シナモン、ジンジャー、ブラックペッパー、クローブ、カルダモン フランスバイオダイナミック有機農法ハーブ園 ダイナミック有機ハーブとは 土壌作りから種まき、栽培、収穫まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法

バイオダイナミック有機

ダイナミック有機ハーブ

ダイナミック有機ハーブとは 土壌作りから種まき、栽培、収穫まですべて手作業で行われた、EU有機+バイオダイナミック有機農法。

バイオダイナミック有機とは

大量生産ではない、人の手による完全無農薬のバイオダイナミック有機ハーブは、一般的な有機肥料の強い独特な香りとは全く違った風味があります。 ある仕事で知り合ったフランス人から勧められたこのバイオダイナミック有機ハーブは、ごく普通の有機では味わえない、自宅のハーブガーデンに似ています。

        • 天然の原料であること
        • 生産から使った後まで、人や環境に優しいものであること
        • オーガニック、無農薬、環境に配慮された野生のものをできる限り使うこと
        • 収穫は手摘みで行い、大量生産用収穫機を使わないこと
        • 乾燥温度は厳守であり、自然乾燥で、大量生産のようなこげたハーブの販売をしないこと
        • フェアトレードであること
        • 体に優しいものであること
        • パーマカルチャーであること。
        • 栽培地域の灌漑は雨水の貯留を介して行われ、肥料は環型思考の精神の中でハーブの廃棄物を使用。
        • 原材料は、微生物学的に、および認可された実験室で様々なスプレーについて分析。
        • 不純物チェック。
        • 高感度金属検出器と磁石を使用して既存の金属汚染物質を検出。
        • 汚染の有無を常時チェック。

 

厳しいチェックを合格した有機農法

世界で一番厳しいオーガニック認証です。 まず、ヨーロッパでオーガニック認証を受けていることが第一条件その上で、バイオダイナミック有機の審査に合格したものです。 この農法は、 世界で一番厳しい条件をクリアした有機栽培。 金属や機械をなるべく避けますので、大量生産のように乾燥機で焦がして 茶色になるようなこともありません。緑の葉がすべて茶色のときは、乾燥をどんどんと続けるため熱で焼けてしまったもの。あるいは既に酸化してしまったもの。有効成分はすでに破壊されています。

完全無農薬

哲学者ルドルフ・シュタイナーが提唱する農業で、農薬・化学肥料や殺虫剤を使用しない、天体のリズムに合わせてすべての農作業(種を撒く、収穫するなど)を行う農法です。 栽培では合成・化学肥料の不使用はもちろん、土壌や家畜が食べるものにも特別な規定があります。 また加工、包装や保存などを含め、厳しく管理・監督されています。

自然乾燥で完全手作業

この農法で栽培収穫される量は、ごくごくわずかです。 主に、フランス、オーストリア、スイス、ベルギーからの素材を扱っています。 私どもが取り扱うハーブは、色と香りを保ちながら有効成分を損なわないように、木でできている棚に入れ、低温(25〜27℃)の季節のときに24時間から36時間くらい、ゆっくりと穏やかに除湿されて乾燥させます。 決して温風や熱、つまり、大量生産の乾燥機で乾燥することはしません。 結果、活性成分の有効性が高まり、特に敏感な結晶化の方法によって証明されたハーブティーの強い活力が得られます。 袋詰めにも機械や金属を使いません。 ハーブは荒くゆすったり、乱暴に振ったりすると、それだけで有効成分がどんどんと消滅してしまいます。 手で入れる方法がこの農法です。自然のままのハーブティーをお楽しみいただくためにご用意しています。

私たちにとってのバイオダイナミック有機のハーブ

ハーブ利用は、体の健康のためだけではありません。 香りや色、そしてなにより、自然に触れることで、私たちは心を癒され、ハーブに元気づけられるのです。 この、ティータイムのひとときを大事にしましょう。 そんなときの、ハーブ。 収穫量わずかですから、在庫なくなりますと代用がききません。

- 最近の人気ハーブ - 

 
オーガニックハーブ ハーブティーを蒸らす時間

ハーブティーは、農薬、人工肥料、または遺伝子工学を使用せずにのみ栽培できます。

具体的には、これは有機肥料または無機肥料のみが使用されることを意味します。さらに、遺伝子組み換え茶植物を使用したり、植物に放射線を照射したりすることはできません。

全体として、オーガニックハーブの栽培は人々、気候、環境に優しいものでなければならないため、栽培と収穫では持続可能性が最優先事項です。

あなたがお茶のために、ハーブをどのくらい蒸らさなければならないか、最適な時間を求めているとすれば、それは多くの異なる時間があります。

ハーブティーの注入時間についての質問に対する正確な答えはほとんど見つかりません。

最適な時間は常に個人の好みに依存します。お茶の鮮度も重要な役割を果たします。情熱的で経験豊富なこのおいしいお茶の愛好家でさえ、3〜10分程度のガイドラインを示すことができるだけです。

*メディカルハーブを除きます。

ハーブティーの準備 ハーブの保存

抽出:お茶の抽出時間が長くなり、茶葉の量が多いほど、お茶の味が強くなります。

お茶は硬水を好まない:硬度、つまり水道水の石灰含有量は、お茶の味に直接影響します。水が硬いほど、お茶の味は少なくなります。

収穫時期に依存:ハーブから新鮮に収穫されたお茶は、すでに古いお茶よりも味が良いです。したがって、購入する際は、「再入荷しました」のニュースを漏らさずに注意してください。

温度は違いを生みます:ハーブから作られたお茶は、沸騰したお湯で満たされるべきです。これは、香りがよく出るための最良の方法です。

ルーズハーブティーを購入し、天然の香りができるだけ長く保存されるように保存する場合は、正しく保存することが重要です。

ルーズハーブティーを購入すると、適切に保管しないと新鮮な葉の風味と香りがすぐに失われることがあります。

ハーブは、水分、光、異臭などの直接的な外部の影響にさらされるとすぐに品質が低下するためです。したがって、お気に入りのハーブティーを保管するには、気密性のある不透明な容器に入れることをお勧めします。

お茶の種類には常に同じ保管容器を使用してください。さもなければ、デリケートなハーブは、以前に瓶に保存されていた食べ物の香りをすぐに引き継いでしまいます。

 
×

カート

パネルを閉じる