ホーソンフラワー * EUオーガニック

¥1,350¥2,400 税別

クリア

ホーソン

ホーソンフラワー Crataegus laevigata(oxyachantha) バラ科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: アルバニア
原材料: EUオーガニック、WHO認定、欧州医薬品庁認定

ホーソンの花に含まれるタンニンやフラボノイドの鎮静作用により、不眠症や動悸に対して優れた味方です。これらの化合物は中枢神経系に作用して睡眠の質を高め、緊張状態を緩和します。心身リラックスしたいときにオススメ。葉を含むタイプは、心臓強化になります。花とその周辺のTOP部位です。

ホーソンに関するコラム

ホーソンフラワーがメインのハーブティー

ノー・スモーキングハーブティー
リラックスハーブティー

ホーソンについての興味深いお話

ホーソンは常に侵入者、魔法、魔女、病気に対する保護を意味します。これは、ホーソンを取り巻く多くの神話、おとぎ話、伝説によって証明されています。これらの伝説の一つは、時間の終わりまでホーソンの茂みの下で夢のように休むことになっているケルトドルイドのマーリンについて語っています。そのような茂みの下で、美しい妖精ビビアンは彼から魔法の彼のすべての知識を引き出したと言われています。それから彼女はマーリン自身の呪文で彼を永遠に禁止した。

土地や動物を野生の餌から保護するために、人々はかつて彼らの畑にとげの茂みを植えました。また、放牧動物が逃げるのを防ぐのにも役立ちました。しかし、これらはホーソンの生け垣の枝に噛み付いたため、長年にわたってとげがより濃く豊かになり、最終的に侵入者と外れ値の自然な障壁を作り出しました。このため、ホーソンは何世紀にもわたって家、庭、動物の安全の縮図となっています。

数え切れないほどの神話や伝説が、後にこの非常に実用的な品質から発展しました。長い間、病気をもたらした悪魔、幽霊、悪魔でさえ、ホーソンのとがったとげに引っかかると信じられていました。このため、病気がなくなるとホーソンの茂みの下に横たわることが一般的な習慣でした。寄生虫や癬の場合は、ホーソンの枝で動物をこすり落としたため、病気は消えました。

ホーソーンは驚くべき植物です。オープンで風の強い場所が大好きで、見た目も美しく、500年まで生きることができます。低木または小さな木として発生し、ヨーロッパでは20から30の異なる種で広まっています。ただし、すべてのホーソン種が医療用途に適しているわけではなく、薬効を確保できる有効成分濃度を持つのはそのうちの5つだけです。

一般的な種のうち、ホーソン果実抽出物の生産に適しているのは、ホーソン(Crataegus monogyna)とダブルホーソン(Crataegus laevigata、Crataegus oxycanthoidesとも呼ばれる)の2つだけです。

これらのタイプは、ホーソンの葉とホーソンの花の抽出物の心臓の位置にも適しています。これらの活性物質は、他の3つのヨーロッパ種にも見られます。Azaroldorn(Crataegus azarolus)、黒いフルーティーホーソン(Crataegus nigra)、5ハンドルホーソン(Crataegus pentagyna)。

ホーソンの植物名「Crataegus」は、ドイツ語で「強さ」を意味するギリシャ語の「kratos」と、「まとめる」を意味するラテン語の「ago」に由来する複合語です。両方の用語は、ホーソンの非常に硬い木材を指します。これは、白い花ととげにドイツ名を負っています。

ホーソンの植物学

ホーソンはバラ科(バラ科)に属し、低木または1.5〜10メートルの高さで成長する木として発生します。その種の分化には、見かけの類似性のために、十分に根拠のある植物の専門知識が必要です。特に地元で薬用に使用される種は、その外観に多くの類似点があります。

植物は、ほとんど枯れた枝を持つ硬木で作られています。その葉は分割されていない、羽状または葉状です。葉の余白は、全体またはシングルからダブルソーンです。ホーソンの花は主に白い花弁を持ち、赤い花弁はあまりありません。それらは大量に発生し、ほとんどがブドウの中にあり、甘くてぬるぬるした味の小さな赤い石の果実に受精した後に熟します。球形から楕円形、黄色、赤、黒のいずれかです。

ホーソンは、ヨーロッパ、アジア、北アメリカの北部の温帯に自生しています。そこには、直立した、密生し、散在する大きな低木または短茎の小さな木があります。野生または栽培されたホーソンは、まばらな森林、森林、道路、畑の端、および庭で見つけることができます。それは主に、オープンで保護されておらず、日当たりが良く、部分的に日陰になっていますが、風の強い場所でも成長します。その成長特性により、低木は一般的なプライバシーと風から保護されました。

ホーソーンは非常に耐霜性があり、非常に要求の厳しい植物であり、刈り取りにも耐えられます。適度に乾燥し、湿気が多く、傾斜のない土壌で生育します。しかし、彼は非常に湿った場所(浸水)と酸性土壌が好きではありません。ホーソンは、弱酸性からアルカリ性の土壌(pH 6.5から7.5)で最もよく成長します。

木材として、または自由に成長する刈り取られた生け垣に適しているだけでなく、鳥、蝶、小哺乳類にとっても貴重な食用作物です。棘が太いため、ほとんど侵入で​​きないため、繁殖鳥を保護します。

ホーソンの葉とホーソンの花の成分

有効性を決定する成分には、フラボノイドとプロシアニジンが含まれます。フラボノイドのグループには、主に成分のハイパーロシド、ビテキシンラムノシド、ルチン、およびビテキシンが含まれます。プロシアニジンは高密度化(凝縮)されたフラボン-3-オールです。

一緒に、成分のこの混合物は、冠状動脈と心臓自体への血流の増加、心臓の強さと伝導の改善、および心臓細胞のより長い回復時間を引き起こします。

WHO・欧州薬局庁データ

こちらは、ホーソンの花とその周囲の部位のみ、で、葉は混じらないタイプです。葉がまじりますと、心臓の強化作用になります。

主成分:フラボノイドとプロアントシアニジン

薬理作用:鎮静効果、利尿作用。

適応:不安、眠りにつくのに役立ちます

使用方法:(大人と高齢者):
-パウダー:190-350 mg /用量(570-1750 mg /日)
-ハーブティー:250 mg /用量(250-1000 mg /日)

禁忌:知られていない。

副作用:知られていない。

注意事項:過剰摂取の影響
記載されていません。

特別な予防措置
治療の6週間後に症状が持続する場合、または陰茎浮腫が現れる場合、医師に相談する必要があります。腕、上腹部、または首に放射状に広がる前胸部に呼吸困難または痛みが現れた場合は、すぐに健康診断を行うと便利です。

妊娠中または授乳中の使用
データはありません。これらの状況での使用は、処方箋および医療監視下を除き、避けることをお勧めします。

運転車両および機械への影響:それらは説明されていません。

 

EU オーガニック

フランス政府が制定。オーガニック材料を95%以上含み、EU圏内で生産あるいは、加工されたものに限られています。
EU共通の基準を満たすオーガニック食品には、各国独自のロゴの替わりに共通のEUロゴが使われるようになりました。