ホーソンリーフフラワー バイオダイナミック有機 無農薬 Crataegus laevigata 葉花 カット スペイン産

動悸・精神的ストレス・睡眠導入

ホーソンリーフフラワー バイオダイナミック有機 無農薬 Crataegus laevigata 葉花 カット スペイン産

・ 血圧を調整する。
・ 喉を柔らかくし、気道の機能を改善。
・ ストレス緩和。

¥880

ホーソン

ホーソンリーフフラワー Crataegus laevigata バラ科 葉花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: スペイン
原材料: バイオダイナミック有機、WHO認定、欧州医薬品庁認定

ホーソンリーフフラワーの特性
ホーソンの特性は、血流、より多くの血液を鼓動して送り出す心臓の能力を高め、一般に、体内の全体的な血流がより良く機能するのを助けます。

また、血流を促進することにより、心臓発作の可能性を防ぐのに役立ちます。不整脈や頻脈に苦しむ人々に最適です。それは心臓のリズムを規則化するのに一緒に働くからです。軽度の心不全は、その強心性のおかげでこの植物を使用することによって軽減することができます。これの二次的な結果として、それは体液貯留などのこの不十分さに起因する病気を改善するのに一緒に働きます。

ホーソンには、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのさまざまなミネラルも含まれています。これらのミネラルは血圧に関連しているため、高血圧や低血圧の患者の血圧を調節するのに最適です。

また、ホーソンには、バレリアンのようなストレスや神経と戦うのに役立つ特性もあります。このようにして、私たちは体が落ち着きを失い、不眠症、不安神経症、歯ぎしりなどを引き起こすのを防ぎます。

ホーソンの花にはペクチンがあります。それらは気道を柔らかくする強力な皮膚軟化剤として機能します。喉を柔らかくし、気道の機能を改善します。樹皮には、発熱を防ぐ機能があります。

ホーソンの働き
ホーソンのハーブ有効成分は、血管拡張メッセンジャー物質の一酸化窒素(NO)の生成を刺激し、その分解を抑制します。これを通して

1.心臓の1回拍出量と1回拍出量が増加します
2.冠状動脈と心筋への血流が改善します

一酸化窒素は、弾性血管の内壁を覆う内皮として知られているもので生成されます。血管を拡張し、血液循環を促進します。加齢に伴い、血管壁が硬化し、内皮のパフォーマンスが低下し、一酸化窒素の生成が少なくなります。一酸化窒素の生成に対するホーソンの刺激効果により、血管が弛緩する可能性があります。

ホーソンリーフフラワーのWHOモノグラフ
薬用部位

Crataegus monogyna Jacqの花と周辺

主成分

フラボノイドとプロアントシアニジン

薬理作用

強心性、抗不整脈作用。
心筋虚血現象に対する心臓保護効果。

適応症/推奨事項

神経質な原因の心臓リズムの変化。心機能障害または循環機能障害の治療における補助剤。
-軽度の不安症状による一時的な心臓症状(例えば、鼓動、心拍の知覚)の緩和、他の病状。
-不安の症状と眠りにつくための援助として。

Don`t copy text!