胃腸の消化に

消化器の健康 

消化・膨満感・ガス・腸壁を修復

胃腸の消化に

¥1,500¥4,800

  • 消化器系の不快感を和らげます。
  • 食後の胃酸過多を防ぎます。
  • 胃から腸への流れを促進します。

あなたが胃の不調に対処しているなら、ハーブのこの効果的な組み合わせは、ガス、けいれん、および膨満感を和らげるのに役立ちます。消化液を流すための苦い性質があります。厳選されたハーブは腸の炎症を和らげ、損傷した腸壁の修復を早めるのに役立ちます。

胃腸の消化に

消化・膨満感・ガス・腸壁を修復

あなたが胃の不調に対処しているなら、ハーブのこの効果的な組み合わせは、ガス、けいれん、および膨満感を和らげるのに役立ちます。消化液を流すための苦い性質があります。厳選されたハーブは腸の炎症を和らげ、損傷した腸壁の修復を早めるのに役立ちます。

  • 消化器系の不快感を和らげます。
  • 食後の胃酸過多を防ぎます。
  • 胃から腸への流れを促進します。
  • 腸の炎症を修復します。

 

ブレンド原材料

原材料:ペパーミント、レモンバーム、フェンネル、アニス、カモミール、ビターオレンジ、カレンデュラ

・バイオダイナミック有機(ペパーミント、レモンバーム)
・有効成分含有一定(カモミール)
・EU オーガニック(フェンネル、アニス、ビターオレンジ、カレンデュラ)

ペパーミント

ペパーミントのさわやかな味と消化の質は、おなかのトラブルに関しては常にお伴のハーブ。ペパーミントは鎮痙薬であるため、腹痛、疝痛、消化不良、便秘、過敏性腸症候群の痛みやけいれんを和らげるのに役立ちます。それはガス性と膨満感を和らげます。食欲と消化を促進することも知られています。腸の健康に関しては、ペパーミントは腸の内壁を保護するのに役立つタンニンを含んでいるので素晴らしいです。これは、クローン病や潰瘍性大腸炎との闘いに役立ちます。

レモンバーム

レモンバームの成分は、胃腸管を動かすことになると特に効果的です。それらは消化器官の筋肉に活性化効果があるので、摂取した食物をより速く輸送することができます。さらに、有効成分は消化液の生成と排泄も刺激します。その結果、食品は個々の部分にすばやく分解されて血流に吸収され、難消化性の食品成分が排泄されます。

レモンバームの効果は鼓腸にさらに効果的です。鼓腸は、一方では消化管の動きが鈍いこと、つまり消化管の筋肉の動きが遅いこと、またはこの領域での強いガスの形成によって発症し、消化管全体にけいれんや痛みを引き起こす可能性があります。有効成分は、消化器官の動きを促進する効果によってタイトな風を溶かし、同時に筋肉にリラックス効果があることが証明されています。

フェンネル

おなかの痛みを和らげることで最も一般的に知られていますが、それ以上のことは確かです。フェンネルには、食欲、消化、吸収を高めることでエネルギーを与える能力があります。それは人体が分解し、脂肪分の多い食品を消化するのにも役立ちます。それだけでなく、血糖値を安定させ、砂糖への渇望を減らす力があります。私の意見では、フェンネルは間違いなくおなかを落ち着かせることができるので、疝痛と膨満感を和らげることができます。フェンネルは胸焼け、消化不良、吐き気、胃のむかつき、下痢を和らげるため、確かはハーブです。

アニス

アニスは、消化器系の問題に関連して使用されるヨーロッパで最も古い漢方薬の1つです。それらの消化およびガス誘発効果のために、それらはしたがって胃腸の愁訴に理想的です。

カモミール

神経を落ち着かせ、リラックスするのに役立つハーブ。だからこそ、ストレスに関連する消化器系のトラブルを和らげるのに最適です。また、消化不良を助け、胸焼けや酸性度を減らし、胃腸炎などの感染症を解決することでも知られています。カモミールは、潰瘍の治癒過程をスピードアップするのに役立ちます。カモミールは苦味も豊富で、消化液の流れを良くします。

ビターオレンジ

ビターオレンジは伝統的に消化補助剤として使用されてきました。唾液の産生を増加させ、胃酸と消化酵素の両方の産生を促進することにより、消化機能を刺激すると考えられています。その結果、胃酸が少ないが胸焼けではない場合に特に使用されます。

カレンデュラ

カレンデュラは、消化と吸収を改善し、腸壁の炎症を軽減し、病原体から体を無害化し、アメーバ感染症やワームとの戦いを助け、骨盤や腸の感染症を癒すのに役立ちます。それは非常に多様で、穏やかで、腸をきれいにし、損傷した腸壁を癒すのを助けるのに効果的です。

コラム

 

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
✗ 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
✗ 明るい場所
✗ 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
✗ 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ