エキゾチックフルーツティー バイオダイナミック有機 EUオーガニック

フルーツティー 

エキゾチックフルーツティー バイオダイナミック有機 EUオーガニック

¥1,150

バイオダイナミック有機農法  オーガニック

エキゾチックフルーツティー

エキゾチックでフルーティーな味わいのカラフルなカクテルフルーツティーです。

材料:りんご、パパイヤ、パイナップル、クランベリー、梨、バナナ、マンゴー、パッションフルーツ

バイオダイナミック有機 (りんご、クランベリー)
EUオーガニック (パパイヤ、パイナップル、梨、バナナ、マンゴー、パッションフルーツ)

各フルーツの健康上の利点

1.りんご

抗酸化分子などの栄養素が豊富で、グリセミック指数が低く、カロリーが低い(約52 Kcal/100g) ため、りんごの消費量は「1 日 1 個のりんごは医者を遠ざける」ということわざを裏付けています。

減量を促進
豊富な食物繊維と低カロリー摂取量のおかげで、りんごは体型を維持する理想的な味方であり、痩身ダイエットに示されている食品に十分に含まれています。

血糖値をコントロールし、糖尿病を予防
この並外れた特性の原因は、繊維だけでなく、糖の消化を遅くすることができると思われる抗酸化分子の作用でもあり、吸収が遅くなります。

コレステロールの減少と心臓病の予防
りんごを毎日食べると総コレステロール値が低下し、その結果、アテローム硬化性プラークの蓄積が減少することを示すいくつかの研究があります。この作用は特に、リンゴに豊富に含まれる水溶性繊維であるペクチンによって媒介されるようです。

プレバイオティクス作用
リンゴにはペクチンが含まれており、これは真のプレバイオティクスとして作用し、腸内に存在する陽性細菌に栄養を与えて成長を促進し、腸の規則性を維持し、便秘や赤痢などの腸の不規則な状態を改善します。

2.パパイヤ

抗酸化物質、ビタミン、ミネラルの存在により、多くの観点から健康をサポートするのに役立つパパイヤの特性が得られます。要するに、パパイヤは抗炎症作用、抗酸化作用があり、消化を助け、心臓の健康に役立つため、体に良いフルーツ。

アンチエイジング
特に完全に熟したパパイヤには、細胞の老化から体を保護する能力があることで知られる、抗酸化特性を持つ物質が大量に含まれています。抗酸化食品を定期的に摂取することは、細胞の老化、特に腫瘍や心血管障害が原因であるすべての病気から身を守るのに役立ちます。

心臓の健康
パパイヤは心臓の健康の有効な味方です。パパイヤに含まれる抗酸化物質は、コレステロールの酸化を防ぎます。コレステロールが酸化するにつれて、それは厚くなり、しばしば心臓発作や脳卒中の原因となるアテローム硬化性プラークを形成する可能性があります。さらに、パパイヤは繊維の優れた供給源です。高繊維食は、血中の LDL (「悪玉」) コレステロール値を下げるのに役立つことが示されています。心を守る食生活に欠かすことのできない果実です。

3.パイナップル

多く含む成分、特にブロメラインは、パイナップルに多くの治療特性を与えます。

免疫システムをサポート
ブロメラインに存在するプロテアーゼは、さまざまな方法で免疫系を調節することができ、この能力により、さまざまな臨床研究で評価されているように、ブロメラインは抗炎症効果も誘発することができます。

セルライトと水分保持
パイナップルはセルライトと水分保持の場合に利点を提供します。セルライトの場合には、消化と液体の排出の両方を促進するのに役立ちます。

4.クランベリー

ルテインとゼアキサンチンを含むことから、目の健康を改善するために推奨されています。

膀胱炎

特に閉経期の女性の間で非常に一般的な膀胱炎の管理のためのクランベリー製剤の使用は、長年の実践と、尿路の壁への病原菌の付着を阻害できるプロアントシアニジンの果実の存在によって正当化されます。特に閉経期に典型的なエストロゲンの欠乏は、この種の感染症に対する感受性を高めます。クランベリージュースの消費は、予防目的で女性と子供に推奨される可能性があります。

抗酸化特性

多くのアントシアニン、ケルシチン、ビタミンC、カロテノイドが存在するおかげで、クランベリーは抗酸化力の高い果物です。これらの果物は、他のベリーと同様に、自然界に存在する抗酸化作用を持つ化合物が最も豊富な食品の 1 つです。

心血管保護

クランベリーの抗酸化力は心血管の健康にも影響します。実際、いくつかの研究では、クランベリーを使用すると血液中に存在する抗酸化分子の含有量が増加し、動脈硬化性プラークの発生に関与するLDL(低密度リポタンパク質)およびVLDL(超低密度リポタンパク質)の酸化が減少することが示されています。

5.洋ナシ

洋ナシは美味しい果物で、誰にでも愛され、非常に健康的です。なぜなら、含まれる多量栄養素と微量栄養素の組み合わせのおかげで、心血管系、骨、胃腸系、免疫系、さらには皮膚にも良くハリと弾力を与えます。

腸の味方

ナシに含まれる多数の繊維は、皮と果肉の両方に含まれており、便秘と戦い、腸の機能を正常化し、水溶性繊維のおかげで、すべての正しい吸収にも貢献します。食物とともに導入される栄養素。

抗酸化物質が豊富

ナシには抗酸化化合物、特にポリフェノールとフラボノイドが豊富に含まれており、細胞の老化を遅らせ、炎症による損傷から細胞を保護することで細胞を健康に保つのに役立ちます。

糖尿病

ナシには十分な糖分が含まれていますが、グリセミック指数が低いため、糖尿病に苦しむ人々も摂取することができ、繊維が血中の糖度を調節するのに役立ちます。ただし、この場合、自然に糖分が少ない熟していないナシを消費することをお勧めします。

高血圧

カリウムは、ナシに含まれる抗酸化化合物と繊維とともに、心臓血管系の一般的な健康状態に寄与し、特に正常な血圧値を維持するのに役立つため、高血圧に対抗します。

利尿を促進

ナシは、鉄、ナトリウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルが特に豊富で、この果物に豊富に含まれる水と一緒になって、体の塩水バランスを維持し、老廃物の除去を促進します。梨以外にも、水をはじく力のある食べ物や植物はたくさんあります。

免疫システムのサポート

ナシにはビタミン C が豊富に含まれています。ビタミン Cは、免疫システムの適切な機能に寄与し、フリーラジカルの形成を妨げることでよく知られている抗酸化特性を持つビタミンです。さらに、フラボノイド、アントシアニン、カテキンが非常に豊富で、果実に優れた抗炎症作用をもたらします。

満腹効果

洋ナシを食事以外のおやつに食べると、甘味だけでなく、果物に含まれる繊維と水分による満腹感が得られ、甘い欲求を満たしてくれます。この効果は、ナシを問題なく含めることができる痩身ダイエットのコンテキストでも役立ちます。

肌にやさしい

ナシ抽出物は伝統的に皮膚の美容製品として使用されており、エマルゲルの形で、トーンと弾力性を回復することができます。

6.バナナ

バナナは心臓に良く、カリウムの豊富な供給源であり、(適切な量で消費された場合)減量に役立ち、消化器系に利益をもたらします。

減量
バナナに多量のレジスタントスターチが存在するため、グリセミック指数の低下につながる特徴があり、それらの消費はグリセミックレベルへの影響を改善し、満腹感を刺激し、より低いカロリー摂取を支持します.その日、したがって減量を助けます。

血糖コントロール
バナナに含まれるペクチンと難消化性デンプンは、食後の血糖値を調節し、胃の排出を遅らせることで食欲を低下させます。平均的なグリセミック指数を持つため、健康な人がこれらの果物を摂取しても、血糖値が大幅に上昇することはありません。

腹部の腫れの軽減
水分補給と体の電解質のレベルを調節することによって作用する大量のカリウムの存在のおかげで、バナナの消費は体内の液体の蓄積を減らし、腹部の腫れを減らします。

消化を改善
バナナにはかなりの量の難消化性デンプンとペクチンが含まれています。この2種類の食物繊維は、プレバイオティクスとして作用し、有益な腸内細菌の増殖をサポートし、腸の健康を促進する短鎖脂肪酸である酪酸を生成します。

胃炎に効く
バナナは鎮静効果があり、酸度が低いため、胃炎の場合にも役立ちます。したがって、この意味では、柑橘系の果物やキウイなどのより酸性の果物よりも好ましい。

記憶保持と気分の改善
バナナの特性の中には、記憶と気分に有益な効果があることもわかっています。特に、これらの果物には、記憶を維持し、気分を高める役割を果たすアミノ酸であるトリプトファンが含まれています。

7.マンゴー

マンゴーは、抗酸化作用を持つさまざまな分子を持っています。

減量効果
肥満を防ぐマンゴー抽出物の能力をテストするために、動物モデルとヒトの両方でいくつかの研究が行われました. したがって、マンギフェリンは、砂糖や脂肪の多い食事にもかかわらず、マウスの体重増加を防ぐことができることが実証されています。人間では、この抽出物は、望ましくない影響を与えることなく、体重を減らすのに役立つことがわかっています。

神経因性疼痛
マンゴー抽出物の使用は、マンギフェリンの作用のおかげで、抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用も有することが強調されています。マンギフェリンは、 TNFalphaなどの炎症誘発性サイトカインの産生を阻害することができます。このため、マンゴー抽出物は、神経因性疼痛の治療と予防に役立つと考えられています。

高コレステロール
マンゴー抽出物の使用は、脂質プロファイルの改善にも役立ち、特に総コレステロールとトリグリセリドの値、およびLDLとHDLコレステロールのバランスに対する効果が実証されました。さらに、マンゴー抽出物の使用により、心血管リスク指標が改善されました。

8.パッションフルーツ

豊富でゼラチン状で非常に香りのよいパッション フルーツの果肉は主に水分で構成されており、ベータカロテンと食物繊維の優れた供給源です。また、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛、セレン、ビタミン C、オメガ 6など、他の栄養素もかなりの量含まれています。

老化防止のパッションフルーツ

パッションフルーツは、抗酸化物質の豊富な供給源であり、体が細胞の老化から身を守るのを助ける物質があります。したがって、健康的でバランスの取れた食事から抗酸化食品を欠くことはできません。特に、ベータカロテンが豊富なパッションフルーツは、大気中の物質や老化から肌を保護するのに役立ちます。

胃腸の健康

パッションフルーツは特に消化に優れています。また、リンゴやナシにも多く含まれる可溶性食物繊維であるペクチンが非常に豊富で、腸の規則性を促進します。したがって、便秘と闘い、結腸を維持するのに役立ちます。その特性のおかげで、大腸炎の予防に役立ちます。また、胃炎に苦しんでいる人にもメリットがあります。

臓と血管の健康

パッションフルーツに含まれるペクチンは、胃の中でゼラチンのような物質を形成し、炭水化物の吸収を満足させ、遅らせます。また、脂肪の代謝とコレステロールの蓄積にも有益な効果があります。

Nutrition Journalが 2012 年に発表した研究によると、黄色い肉のパッションフルーツは2 型糖尿病患者にも有益な効果があるとされています。実際、この研究の結果によると、パッションフルーツはインスリン抵抗性を低下させることができます。糖尿病患者は通常、インスリンの作用に対する抵抗性を持っているため、血糖値をコントロールするためにインスリン投与が必要になります。したがって、インスリン抵抗性を低下させることができる物質は、糖尿病患者の血糖をコントロールするのに役立ちます。57歳から73歳までの43人の患者に対して実施された前述の研究の結果は、決定的なものとは言えませんが、2型糖尿病の予防と治療におけるパッションフルーツのプラスの効果を示唆しています。

免疫システムをサポート

パッション フルーツはビタミン Cが豊富な食品で、抗酸化作用と抗炎症作用があることが知られています。パッションフルーツに免疫システムをサポートする有用な特性を与えるのは、まさにこのビタミンの存在です。さらに、ビタミンCは、野菜に含まれる鉄分の吸収を助けます。

 

フルーツに関するコラム

---------------------

注目の人気ハーブ