燃え尽き症候群

疲労 

過度の長期にわたるストレスによって引き起こされる感情的、肉体的、精神的倦怠感の状態

燃え尽き症候群

¥1,450¥4,350

★ 西洋アンジェリカとシベリア人参がベース。
★ 身体を弱める原因の脾臓を守る西洋アンジェリカ。
★ 滞った血流とエネルギーを循環させる。

過度の長期にわたるストレスに

ポジティブなストレスはあなたに刺激を与え、あなたが最高のパフォーマンスをするように励ますことができます。しかし、緊張の段階の後に永続的なリラックスがない場合、ストレスはあなたを病気にします。

過度の長期にわたるストレスによって引き起こされる感情的、肉体的、精神的倦怠感の状態

この長期にわたるストレスは、心臓、肝臓の障害、そして最終的には腎臓のエネルギーの枯渇から起こります。
もちろん、内蔵のエネルギーが少なくなったから疲労になるのではなく、精神的な面が弱くさせてしまうのです。

便秘、下痢、鼓腸、胃の痛み、心臓のやけどや吐き気などの胃腸の問題、息切れなどの呼吸困難、高血圧などの心血管系の問題、動悸や動悸、緊張、背中などの初期段階痛み、頭痛または片頭痛、睡眠または摂食障害、突然の聴力損失または動悸、めまい、赤目または乾燥目などの目の問題。これらはすべて、肝臓の機能の力が弱くなってきた問題です。

長いストレス状態が長く続くほど、腎臓のエネルギーにダメージを与えます。なぜなら、肝臓のパワーが弱くなってくると、腎臓からエネルギーをもらおうとするため、腎臓が弱くなってしまうのです。そして、内蔵が燃え尽き、つまり、空焚きの状態になっていることで、症状が出ます。

ブレンド原材料

原材料:西洋アンジェリカ、シベリアニンジン、マンダリン、スターアニス、タイム、ジンジャー、ナツメ
EU オーガニック(西洋アンジェリカ、シベリアニンジン、マンダリン、スターアニス、ナツメ)
バイオダイナミック有機(ジンジャー)
自然農法パーマカルチャー(タイム)

西洋アンジェリカ

エネルギーが枯渇している肺、脾臓、肝臓を強めます。また、消化器の衰弱に熱をもたらしますので、失った食欲を取り戻します。頭痛の熱も取り除き、血流が促進されるため、血液循環の低下をもたらす症状に合います。

シベリアニンジン

倦怠感、息切れ、脈拍が弱い、食欲不振、咳、不眠、不安、混乱などの症状から、脾臓と胃を強化するため、元気になり、食欲が戻り、血流が促進され心を強めて落ち着かせます。

余分な水分を取り除き利尿を促しますので、目や髪の乾燥を止めることができます。

マンダリン

脾臓のエネルギーを強めて動かすため、肥満、食欲不振、胸部圧迫などから開放されます。

スターアニス

腹の部位に熱をもたらすため、胃の痛み、鼓腸から開放されます。

タイム

消化器の衰弱を強めます。呼吸困難や息切れに対し、肺を強めるため、不安や悲しみや心配事が少なくなり、恐怖に打ち勝ちます。

ジンジャー

血液の流れを促進するため、血液循環がよくなり、気(やる気など)が強くなります。

ナツメ

心臓と肝臓の血に栄養を与え、心を落ち着かせます。そのため、睡眠障害、神経過敏、喉の乾き、動悸から開放されます。

燃え尽き症候群に関するコラム

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
? 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
? 明るい場所
? 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
? 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ