風邪・発汗・利尿

エルダーフラワー
有効成分含有:基準以上認定

¥1,750¥3,000 税別

  • 50g
  • 100g
クリア

説明

エルダーフラワー

エルダーフラワー Sambucus nigra スイカズラ科 花
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: アルバニア
原材料: フランスメディカルハーブ研究所認定、WHO認定、欧州医薬品庁認定

エルダーに関するコラム

エルダーフラワーがメインのハーブティー

春らんまん

エルダーの癒しの力

この低木は栽培植物として長い歴史があり、一般的な信念に深く根ざしています。しかし、ニワトコは漢方薬で常に役割を果たしてきました。今日、ニワトコの花は風邪、発熱、悪寒に有益な効果があることがわかっています。汗をかき、免疫システムを強化し、不快な副作用がありません。

エルダーフラワーの調剤は薬局で利用できますが、糖衣錠、ドロップ、シロップなどの他のハーブ成分との組み合わせでのみ利用できます。また、乾燥した花を手に入れて、自宅でエルダーフラワーティーやエルダーベリージュースなどの家庭薬を作ることもできます。ここでニワトコの作用様式とレシピの詳細を見つけることができます。

エルダーついての興味深いお話

エルダーはヨーロッパ全土に原住民であり、それだけが北の方では繁栄していません。風格のある低木は、森林の端、生垣、小道の端に生えています。

あなたは今でも頻繁に彼を古い農家や畑の納屋で見ることができます。一般的に、農場だけでなく人間の居住地の近くで見当たらないことはありません。

古代の人々はエルダーを治療薬として使用していました。それから、今のように、彼らは風邪に対する花の汗誘発効果を利用しました。

エルダーフラワーの成分

ほとんどのハーブの有効成分と同様に、エルダーの花には効果に単独で関与する成分はありません。しかし、それらは一般に抗炎症作用を有する可能性のあるフラボノイド(特にルチン)の割合が高いだけでなく、ヒドロキシフェニルカルボン酸、エッセンシャルオイル、その他の興味深い成分も含んでいます。風邪に対する効果を引き起こすのは、おそらく花の中の物質の相互作用だけです。

さらに、エルダーの花の配糖体の効果が説明されています。汗の効果があると言われています。

風邪への影響

エルダーフラワーに発汗作用があり、したがって風邪、発熱 、悪寒に役立つことは論争の余地がありません。

エルダーフラワーに含まれるいくつかのグリコシドが汗をかいた効果を引き起こすと疑われています。

状況はエルダーフラワーの他の効果と似ています。たとえば、科学者たちはエルダーフラワーが気管支分泌物の産生を増加させ、抽出物が抗酸化効果を発揮できること、つまり、動物の病原体の成長を阻害することで細胞の損傷を防ぎ、免疫システムを強化できることを発見しました。

WHO・欧州薬局庁データ

主成分: フラボノイド花

薬理作用: 利尿作用、発汗作用、粘滑作用、血管緊張作用、抗リウマチ作用、および乳汁分泌作用

適応: 風邪の症状の治療のため。ハーブティーの発汗作用と利尿作用

使用方法: -注入:1カップあたり3-5 g、1日3回。(大人)

インフルエンザや風邪での従来の使用: ハーブティー:1カップあたり2〜10 g、1日に数回

 

有効成分含有:基準以上認定

WHOと欧州薬局庁が、各ハーブにつき、有効成分の含有量基準が決められていて、その数値以上である、と承認されたハーブ 認定とは: 欧州薬局庁は、30年以上科学的に証拠がある約300種のハーブを有用である、と認めています。 その作業は、竹内めありも所属しているEUの各学会や代表団体で行われています。 そのハーブデータには、厳しい条件があり、有効成分が一定以上あること、定められた日数以上、決められた摂取方法である場合にのみ、有効である、という内容です。 このデータを基に、WHOは承認しています。   単にあるハーブが有効である、ということではありません。 ハーブ原料としては、有効成分が一定以上あること、が第一条件です。 そして、そのハーブを決められた方法で摂取することで、人は治癒される、と確証されているのです。 この、認定を受けたハーブを当店では『有効成分含有:基準以上認定ハーブ』として扱っています。   最近、有効成分量が一定以上含まれている、と承認された有機栽培のハーブも取り扱うようになりました。
  • 植物の同定を可能にする有効成分またはマーカーの決定
  • 重金属の測定
  • 殺虫剤投与量の測定
  • カップリングテスト